笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

2019年5月21日 (火)

道路の拡幅

 

 ボクの事務所があるマンション前の道路が、片側一車線から二車線となり、合計で四車線に拡幅されると知ったのは20年ほど前になるでしょうか。その頃すでに、点線で予定地域を記した鉄製の看板が道路脇に設置されていたので、計画自体はもっと以前からあったようです。

 石原慎太郎が都知事だった頃にようやく本格的な買収が始まり、契約が締結した場所から整地されていったのですが、今でも道路側に出っ張った格好になってしまった建物がチラホラとあります。個人の権利やエゴと直接に向き合わなきゃいけない道路拡幅の難しさを感じさせますが、おかげで舗道が広がっただけで、クルマが走る道路は何も変わっていません。そうなるとですね、この少子化・人口減の時代に、わざわざ巨額の税金を投資して道路を広くする意味があるのか、となってくるわけです。

 ボクは事務所の窓から前面の道路を20年近く眺めてきましたが、渋滞なんか見たことがありません。近所の五叉路ではさすがにクルマが並んで列をつくりますが、夕方の混雑時でも、信号が1回変わるだけで解消される程度。おかげさまで、信号のあるところまで行かなくても、ちょっと左右を確認するだけで悠々と横断できるくらいです。もちろん危険なのでボクはしていませんが(ウソつけ!)、向こう側からこちら側、こちら側から向こう側にそそくさと歩いていく人は珍しくありません。

 来年は東京オリンピックがあるといっても、一時期だけのイベントですよね。移民を本格的に受け入れない限りは、首都といえども人口減少は続きます。それでも道路を拡張する積極的な理由があるというなら、納税を欠かしたことのない都民に教えて貰えないかなぁ。

 役人はワケの分からない屁理屈をこねるに決まっていますが、要するに議会を通過した計画は絶対に後戻りしないってことでしょう。役所の組織構造は、一度決めたことを推進するだけで、ブレーキが付いていないのです。議会がアクセルとブレーキの役割を果たしているといっても、道路のように長期にわたる計画の当事者はもはや残っていないはずです。役所にしても定期異動があるため、事情が分かる人がいない。かくて計画の中止や撤回が議会に諮られることもなく、まるで巨大な機械のように自動的に、ということは無責任に無目的に進められていく。けれども、そこで使われるカネの一部はまさしくボクの税金なんですけど。

 こんなアホらしいことはもうやめませんか。少子化・人口減少によって、大昔に立案された計画の多くが時代遅れになっていることは間違いありません。そろそろ行政のあり方を根本から変えていかないと、道路などの大規模インフラはボクたちを置き去りにした金食い虫と化していくんじゃないかな。

 かといって、1人の都民としていったい何ができるんだよと、窓外を見ながら溜息をつくばかりであります。みんなをまとめて運動にしていくヒマも体力も精神力もありません。そもそも人づきあいが苦手なので、政治なんか冗談じゃねぇと感じるボクにとって唯一の期待はSNSなんだけど、若い人は目先のことしか気にしないもんなぁ。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

2019年5月20日 (月)

『銀座ブルース』

 

 やっぱりいいなぁ、西田佐知子。以前にもさんざん書いたように、艶っぽい鼻声がとても魅力的な歌手ですが、『銀座ブルース』を聴いて、改めて惚れ直しました。

たそがれゆく銀座 いとしい街よ
恋の灯つく銀座 夢買う街よ

 スローなピアノで始まり、それを追いかけるテナーサックスが夜更けの銀座に漂う妖しさを予感させますが、こんな始まりの歌を「ブルース」と呼んでいいのかなぁ。昔の歌謡曲は「ブルース」をぶら下げたタイトルがやたらに多いので、当時は流行だったんでしょうね。
 オリジナルは、和田弘とマヒナスターズに松尾和子が参加してレコーディングした1966年のシングル盤のようです。「ムード歌謡」として多くの歌手がカバーしており、何と石原裕次郎も歌っていますが、その由来はウィキペディアもフォローしていないので、確かなことは分かりません。ボクは1969年発表のアルバム『西田佐知子 恋を歌う』の収録曲を愛聴しています。

 昔の歌は言葉使いが実に達者でありまして、「恋の灯つく銀座 夢買う街よ」という的確このうえないフレーズで瞬時に分かるように、銀座のホステスクラブまたはバーを舞台にしています。ただし、構成が普通とはちょっと違うんだよな。

あの娘の笑顔が 可愛い
ちょっと 飲んでいこうかな

 それだけなら、店の扉をいざ開けようとするお客目線の歌かと思いますが、

ほんとにあなたっていい方ね
でもただそれだけね

 と、主体は接客側に移ります。つまり、客とホステスとの心理的な掛け合いが歌の骨格をなしているのです。それにしても「いい人というだけ」なんて、ボクのように遠慮がちで控え目なマジメ人間にはグサリと刺さるセリフです。かといって突き放すわけでもないので、だったら別の側面も見せてやろうじゃないかと。そんな挑戦的な気分を刺激することで常連にしてしまう手練手管ですから、皆さん、くれぐれもご注意ください。

 こうした掛け合いで代表的なのは、松本隆が作詞して太田裕美が歌った『木綿のハンカチーフ』ですが、発表は1975年。それよりも9年ほど先行しています。松本隆はこの歌を参考にしたのでしょうか。翌1976年にちあきなおみが歌った『矢切の渡し』も同じパターンです。ちなみに『銀座ブルース』の作詞作曲は鈴木道明。ラジオやテレビの音楽番組の制作に携わる一方で、数々のヒット曲を送り出した才人です。

ネオン花咲く銀座 夢売る街よ
こころはずむ銀座 夢買う街よ

 まぁね、先立つモノ=おカネさえ潤沢であれば、確かに銀座は楽しい、というより愉しい街ではあります。

気のない素振りが 憎い
ちょっと酔ってやろうかな

耳打ち話が気になるわ
あなた意地悪ね

 ほらね、今度は下手に出て弱みを見せしたりして誘うんですな。このあたりの男女のやりとりがね、西田佐知子の独特の声質と相まって絶妙なのでありますよ。耳のそばでふわりと囁かれるような色気が、胸の動悸を早めたりします。かといって、決して官能的な妖艶さには至らない。このギリギリの寸止め感が西田佐知子らしさであり、貞淑で清楚な雰囲気も残しています。だぁからね、歌が好きというレベルを超えて、本人に惚れてしまうのであります。

あの娘の気持ちはどうだろう
ちょっと聞いてみようかな

目と目で交わしたお話が
ピンと来るのよ

 いろいろ含みを感じさせる歌詞だなぁ。「目と目で交わしたお話」って、相当な常連にならないと、そんな高等な交流は無理ですよね。

今宵ふけゆく銀座 たのしい街よ
ふたり消えゆく銀座 夜霧の街よ

 うーん、消えゆく2人は本気なのか、それともアフターでしょうか。寅さんじゃないけど「それを言っちゃおしまいよ」という複雑で微妙な曖昧さが、夜の淑女とのつきあい方ってものなんですよね。経験ないけど。。。。。

 こんなシャレの効いた、コミカルともいえる歌を、西田佐知子は実にみごとに、おそらく本人も楽しんで歌っているんじゃないかな。歌はメロディやリズムに忠実ならいいってもんじゃないですよね。表情が歌の中に見えてこなきゃいけない。そのためには、足し算ではなく、ボクの持論である「引き算」が余韻となって、聴き手の想像力を刺激するのであります。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

2019年5月17日 (金)

憧憬

 

 ライター稼業は好きで選んだ仕事ですが、モノづくりや建築の現場を見ると、どうしても引け目を感じてしまいます。中でも建設系は「地図に載る仕事」なんていうフレーズのテレビCMがありましたが、高層ビルや大規模な再開発は、まさにピラミッドのように地表のカタチを変えるじゃないですか。それに比べて、メディアの論説なんて空虚もいいところですよね。

 高邁な理屈や壮大な形容詞の伽藍を組み立てたとしても、そんなものは形而上の世界であって、足場を組んで鉄骨などの建築材料を組み上げていく形而下の現場に勝てるはずがない。曖昧で空疎な内容でも、それなりに見せてしまう言葉の手練手管なんて、こうした現場仕事では「なんじゃそりゃ」と大爆笑されるだけです。ビルの骨組みを律するのは、数学と物理学と化学だけであって、さもなきゃ倒壊は免れません。

 現場仕事に人間が携わっていれば、心理学などの人文系も必要になってくるでしょうが、それでも奇妙な屁理屈や尊大な自意識をこねていれば、落下などの事故につながります。そんな厳しい緊張感を、エアコンの効いたオフィスワークで得られますかねぇ。プロジェクターやホワイトボードの前で、蟹が吐き出す泡のように、何がなんだかよく分からないカタカナを大量に振りまくだけに思えることがあるのです。

 それに比べて、汗を流しながら工程をひとつずつ進めていき、その日のノルマをようやくクリアした後に飲むビールは、問答無用の旨さと爽快感があるんじゃないかな。ああ羨ましい。

 だったら転職すればいいじゃんかと思いますよね、でもね、時はすでに遅く、ボクの身体は事務系に完全適応しているので、ガテン系に今さら転職するのは無理なのです。仮に仕事を変えられたとしても、非力で小さな手ではスパナもまともに振り回すことはできず、心臓もすぐにバクバクだろうなぁ。みんなに追いつけないだけならまだしも、足を引っ張れば危険な事態を招きかねません。

 そんなわけで(最近はこのフレーズ多いな)、あちこちに建築現場がある渋谷の駅に行くと、我が身の不甲斐なさに気づいて慨嘆したくなるのであります。そりゃね、ボクの業務にもそれなりの社会性はあると思いますよ。でなけりゃ食えるはずがない。けれどもネットの発達で、普通の人が匿名で意見を表明できるようになったのは結構ですが、にわか評論家が大量発生するようになると、身を引きたくなるんだよな。賛成と反対、肯定と否定という分かりやすい二項対立だけでは創造的な結論に至るはずがない。けれども、井戸端会議はそれに終始しないと賑やかに盛り上がらないわけです。SNSの運営会社はPVが稼げるとほくそ笑んでいると思うんですけどね。

 どんな激しい論争でも結論に至ることは決してなく、「いろいろな意見がある」というのが円満な着地点ですよね。そんなことを堂々めぐりで繰り返す2次元世界に本格的に疲れてきたので、またプラモデルでもこしらえようかなぁ。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

2019年5月16日 (木)

自己評価

 

 ボクが行きつけにしている歯科医院の上階に、美容整形のクリニックがあります。そのビルにエレベータは1つしかないのでよく分かるのですが、歯科医院なんかよりはるかに繁盛しています。時間にもよりますが、1階で列ができるほど若い女性たちが並んでいたのに、歯医者の階で降りたのはボク1人だけ。皆さん、上階の美容整形に向かったのです。

 オフィスビルのエレベータホールに女性が集まっていたら、必ず楽しげなオシャベリや上司の噂話を耳にしますが、それがまったくないことから、互いに面識のない美容整形のお客さん、じゃなかった患者さんとしか考えられないじゃないですか。もはや美容整形に負い目を感じる時代ではないとはいっても、日本の女性らしい慎みがまだ生き残っていることにボクは感心しましたけどね。

 えーと、そんなことは本題ではなく、そうした患者さんたちは決してブサイクではなく、むしろ平均より美形の女性が少なくないということなのです。美容整形は容貌に問題があるからやるのだと思い込んでいたボクには衝撃的な発見でありまして、実際はまるで逆なんですよね。普通よりも綺麗な女性が、より綺麗になるために修正・補正を各所に施す。ボクが見る限りでは、そのままでも十分に整った顔立ちなのに、彼女たちは決して満足することなく、より上を目指すのです。学業でも仕事でも、そうした努力がいけないはずがない。だったら、美容整形外科は優秀な学習塾あるいは英語や資格のスクールみたいなものじゃないですか。

 この比喩にいささかの無理があるとしても、自己評価の高い人ほど、より自分を高めようと頑張るのは事実ですよね。逆に自己評価が低い人は、努力しても無駄だと諦めてしまい、より自分を貶めてしまう。

 ボク自身を振り返っても、中学の時に重量挙げで遊んだせいでヒザの軟骨を飛び出させてしまい、ロートレックのように足が短くなったと思い込んできました。しかも実の父親から「お前は豚目だ」と冷酷に宣告されたので、自分のスタイル並びに容貌に自信を持ったことがありません。そうなると美容・エステ及びファッション関係は「どうだっていいや」と投げやりになりますよね。これでワタクシ、軽く30年以上は損したんじゃないかと、今になって深く後悔しているのであります。

 何しろ美容はもとより、健康関連で努力したことなんて一切なかったのです。かくて飲み食いは好き勝手のやりたい放題。やがて腹はぷっくりと膨らみ、口の中は虫歯だらけ。薄毛にも白髪にもならなかったのは幸いですが、ダイエットなんて笑止千万という態度を貫いてきました。床屋にしても、髪が非常識なほど伸びたら仕方なく行くところだったのです。

 そのかわりに、モノカキの仕事は思い切り刻苦精励してきたつまりです。このブログで何度も書いたように、小学校の時に作文が校内放送で読まれ、新聞にも掲載されたことがあるからです。より上手に書くために、本もかなり読んできたと自負しております。

 ということは、不良少年・少女、そして売春やクスリなどの犯罪に手を染める人たちの多くは、自己評価が低く、自分に見切りをつけたことが転落の理由なのではないでしょうか。とりわけ子供の頃から問題児扱いされたら、頑張って勉強する気が失せるのは当然です。イジメもそうですが、自分なんかどうなってもいいやとなりますよね。

 だからといって、ボクは近頃の「褒めて育てる」には賛同しません。大人になったら甘えるのはもうやめようよ。けれども、子供は別でありまして、何でもいいから自信を持たなきゃいけない。それが自己評価の向上につながります。

 にもかかわらず、自己評価の低い親は、自分と同じ意識を子供に植え付けてしまうのです。子供が自分から離れていくのを怖れるからですが、その結果として貧困が連鎖するのではないでしょうか。金銭が根本的な理由でも、それだけが問題ではないように思います。

 ちなみに、ボク自身はあることがきっかけで、突き出た腹をダイエットで抑え込み、歯医者に3年も通って虫歯と歯周病を完治。床屋も1か月に1回が習慣となり、ファッションもそれなりに意識するようになったので、ボクのような業種では珍しいはずですが、クロゼットにスーツが何着もぶら下がっています。

 父親のように「オレは目千両と言われたぞ」と子供に恥ずかしげもなく自画自賛するイケメンに改造したわけでも、突然に足が長くなったわけでもありません。その本質的な実態はまるきり変わらないまでも、体形や容貌に関する自己評価があまりにも低すぎたことに気づいたのです。そのきっかけは、ある人からたまたま貰った1枚の大きなスタンドミラー=姿見です。それまで鏡なんかロクに見なかったボクは、ようやく思い込みという呪縛から解放されたのです。

 もしも自分に自信が持てず、死にたいほど自分がイヤなら、敢えて“姿見”で客観的に自分を見直したほうがいい。頭の中だけで増幅を繰り返してきた醜い自分像は、必ずしも現実ではないことが分かるはずです。人間の想像力は、良いほうだけでなく、悪いほうにも等しく働くんですよね。

 それに気づいたことで何が始まるかは保証の限りではありませんが、劣等感が少しは解消され、自分を放棄する気持がなくなれば、その分だけ人生が楽しくなるんじゃないかな。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

2019年5月15日 (水)

トレンドという共同幻想

 

 仕事柄でトレンドや流行に敏感なつもりですが、それを追いかけることに疲労を感じるようになったのはいつ頃からかなぁ。若い頃は誰よりも素早くトレンドの萌芽を見つけることに喜びを感じたのですが、ある時期から虚しいとすら形容できる消耗感を覚えるようになったのです。

 年齢的な衰えもあるでしょうが、デジタルメディアとITの急速な発達でそんな感覚が促進されたのだと思います。紙に情報を印刷するほかなかった時代に比べたら、流行などの伝播力は自転車とジェット機くらい違うといっても過言ではありません。かつては新聞と雑誌を丹念にチェックしていれば十分だったのに、今では毎日のようにネットに目を通さなきゃいけない。YouTubeは言うまでもなく、インスタグラムやツイッターなどのSNSも見逃せません。そんなことをしていたら、たちまち1日が過ぎていくんじゃないかな。

 情報流通が高速化すれば、当然のことながらトレンドの寿命も短くなり、あっという間に生まれては消えていくことになります。気がついたら終わっていたなんていう流行だって珍しくなく、そんなアブクのようなものを追いかけるには若さ=精神的体力が欠かせないので、オッサンには年齢がハンディキャップになってきます。同時代を生きる感覚が次第にズレていくことも否定できません。かといって無理矢理に若ぶるのもイタいじゃないですか。

 そんなことを感じ始めてしばらく後で分かったのは、トレンドや流行を「追いかける」から追いつかない時もあるということです。だったら逆に「待ち受ける」ようにすればいいじゃないですか。幸いに、人間の生理的な機能はここ数万年にわたって極端に変化していません。せいぜい体毛が薄くなったくらいでしょう。ということは脳がもたらす精神性も基本的に変わっていないということになります。若い人たちは自分たちの居場所を特権化するために、旧世代を敵視して差違を言い募りますが、こんなことはボクも含めて大昔から繰り返してきた排他性であり、テクノロジーの発達がそれを過度に後押ししているだけなんだってば。ファクスを使えない上司が陰で笑われたのと同じように、ITリテラシーに無知な旧世代を仲間うちでバカにするわけですな。

 たとえばEメールやラインの普及で、電話は他人の時間を勝手に奪う機械と見なされるようになりました。けれども、他人に何かをお願いする時には、テキストでなく肉声で伝達するのが人間としての礼儀じゃないかと考える人もいます。ボクの若い頃なんて、初めての原稿依頼は先方宅に出向いて対面することが常識でした。それ以前は手書きの封書から始まったんですぜ。

 こんな例を挙げたらキリがないので結論を先回りすれば、人間は便利と安楽が大好きな動物なのです。だからこそテクノロジーが進歩したわけでね。それに伴って礼儀やマナーやプロトコルもどんどん変わりつつありますが、これはあくまでもリテラシーであって、トレンドや流行とは別ものですよね。このように人間の基本的な生理にもとづいて解釈すれば、そんなに驚愕するような事態は発生していません。ということは、先回りして「待ち受ける」ことも可能という理屈になります。

 そりゃね、細かな違いを探し出せばいろいろとありますよ。想像を絶することもないわけではありません。それでも、似たような事件や事例を過去から発掘するのは決して不可能ではないと思います。

 長くなったので「というわけで」と、まとめれば、トレンドや流行の本質をつきつめれば、そうした精神性が生み出した「共同幻想」ということに尽きるのではないでしょうか。その主体は機械でなくてあくまでも人間ですから、今日になって突然に新しい流行が勃発するわけではありません。その根っ子や理由は、昨日という過去に基づいているはずです。そして世代や同時代性もカギになってきます。流行が騒がれるようになったら、とっくに終わりなんてことも昔から言われていましたよね。

 つまり、それなりの弁証法的な「歴史観」さえ持てば、予測も不可能ではないだろうと信じております。にもかかわらず外してばかりいるのは、ボクの浅学非才に過ぎないと思うんですけどね。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

2019年5月14日 (火)

卵を1つのカゴに盛るな・続

  昨日の論旨とは逆になるかもしれませんが、ボク自身はクレジットカードとSuicaを頻繁に使っています。その主たる理由は、キャッシュレスという以前に、財布を持つ習慣がないからです。寅さんじゃあるまいし、大きな財布を取り出して指をなめながら札を引き抜くのは、ボクの美学に思いきり反するんですよね。そもそも論として、細身のスーツに大きな財布を入れたら、その位置が分かるほど目立つので、エレガントとはいえないじゃないですか。尻のポケットにスマホを突っ込んで気にしないという人もいますが、ボクはいやだなぁ。

 ましてや小銭なんてもってのほかでありまして、この2つを駆逐するのが、ボクの長きにわたる悲願でもあったのです。大きな支払いはクレジットカードに任せればいいのですが、1000円以下となると、さすがに抵抗があります。乗り継ぎした海外の空港で同地の現金がなく、やむなくミネラルウォーターをクレジットカードで支払ったことがありますが、国内ではちょっとね。

 そうした少額決済にSuicaは最高に便利なのです。近頃はタクシーでも支払いが可能になりました。このSuicaの何が便利かというと、一切の手数料が不要ということと、駅やコンビニで簡単にチャージできるということです。つまり、その都度、必要な額だけを補充しておけばいい。それよりも使い込んでしまう危険もありません。ちなみに、ボクは3000円以上にしたことがありません。もし紛失したらもったいないですからね。足りなくなればチャージするだけでなので、万円単位でキープしておく必要はないと思います。

 そんなわけで、スーツやジャケットを着用して外出する時は、名刺入れにSuicaと銀行カードが1枚、それにクレジットカードを1枚だけ入れています。スマホは机の中に入れて、それに連動した超軽量薄型の携帯電話(50グラム程度)だけを持参します。いざという時のために、現金も3〜4000円程度。この程度ならどこにでも入ります。そのほかにはハンカチが2枚だけ。1枚は柄物で、1枚は純白。後者は女性が涙を拭う時に手渡すためですが、残念ながら一度も使ったことはありません。

 話がものすごく長くなりましたが、というわけで(どんなわけだよ)、スマホに各種の支払い機能を載せるのは賛成できかねるのです。そもそもボクは正装時の外出にスマホを持ち歩かないのですが、ごく単純に言えば、落としたり紛失すれば、それだけ被害が大きくなるということなのです。パスワードなんて、悪党が本気になれば簡単に見破られると考えたほうがいい。にもかかわらず、様々な決裁をスマホにまとめておいたら、銀行口座にもアクセスされて、全財産を抜かれることもあり得るじゃないですか。

 株屋さんの世界には「卵を1つのカゴに盛るな」という諺があります。そのカゴを落としたら全部割れてパァになってしまうことから、投資は集中せずに分散しなさいと戒めているのです。スマホに何もかもまとめてしまうのは、この1つのカゴと同じで、便利な反面でリスクも大きくなります。その意味でも、支払いの総額をいつでも管理できるSuicaは実に便利というほかありません。通信機能によって全員でワリカンにできるシステムなんて、ボクには危険極まりなく思えるのですが、これって旧世代のオッサンだけの感想なのかなぁ。ちなみに、このタイトルは2011年8月のブログでも使用しいるので、「続」としました。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

2019年5月13日 (月)

キャッシュレスがそんなにいいの?

 

 どんな思惑があるのか知りませんが、キャッシュレス決済への誘導がやたらに活発化してきました。

 こんな時のやり口は、面白いことに大昔からまるきり変わっていないんですよね。いわく「海外ではキャッシュレスが普及しているのに、日本では今も現金決済が主流」。文明開化の明治じゃあるまいし、何でもかんでも海外の真似すりゃいいってものではないでしょう。だったら元号はどうすんだよ。日本だけの呼び方なんだから、それも廃止して「海外のように」西暦で完全統一しなきゃおかしいという理屈になるではありませんか。

 仮に現金決済がガラパゴス並みの少数派としても、それがどうして遅れているということになるんですかね。ビットコインなどのハッカー被害を考えれば、むしろ現金のほうがよほど安全ではありませんか。強盗などの怖れがあるにしても、自宅に大枚の現金を置いておくほうが変人であり、脱税の疑いも濃厚ですよね。銀行閉店後に現金がまとまる飲食店などのために夜間金庫も普及しており、コンビニでも預けることが可能になっています。

 ボクの行きつけのヤキトリ屋にしても、以前はアメックスが使えたのに、手数料が高いせいで現金払いに逆戻り。年齢がバレそうだけど「いつもニコニコ現金払い」という居酒屋はまだまだ少なくないと思います。そもそも利益の乏しい庶民的な店がカード手数料を嫌うのは当然ですから、そこにキャッシュレス決済を強要、じゃなかった導入しろと催促するのは、弱い者いじめに近いんじゃないかな。

 この「弱い者いじめ」という言葉ではからずも気づいたのですが、例によって安倍さんの政策が背後にあるんですよね。消費税増税による景気悪化を軟着陸させるために、支払い分の5%を還元すると発表していますが、現金で戻すのでなく、ポイントですもんね。現金の引き算で問題があるとはボクには思えませんが、伸び盛りのIT産業に恩を売って支持を取りつけておく意味でも、現金よりポイントのほうが政権にはおトク感が高い。だからバイバイでなくてポイポイだかペイペイだか何だか知りませんが、スマホなどを活用しましょうってことじゃないかな。

 じゃそうすっか、という人たちがどんどん増えれば、前述した庶民的な飲み屋もキャッシュレス決裁を導入せざるを得なくなります。テレビCMのように、ヘリコプターから「では別の店に行きまーす」なんて言う人が多くなったら閉店ですもんね。その結果として、ボクたちが支払った代金の一部は、お店をスルリと通り抜けて、手数料としてカード会社やSNSの運営企業などに入金。これで『がっちりマンデー!!』てなことになるわけですが、果たしてそれでいいのでしょうか。飲食店のメニューに手数料が上乗せされることも十分に考えられますからね。値上げの口実にもなりかねません。

 そうはいっても、コンビニやスーパーのレジでモタモタと現金払いする人にイライラさせられることはあります。しかしながら、いちいち財布を覗いて必要なカネを取り出す習慣というか態度は、数字のやりとりだけのキャッシュレスよりはるかに健全ではないでしょうか。ヘタすりゃ自己破産の急増をもたらすキャッシュレスの隠された陥穽と、現金勘定の長所や欠点などを、日本社会の特性と対比させてきちんと論じるのが本筋であるはずなのに、いきなり「海外では……」なんて拙速もいいところです。特殊詐欺はどっちだよと、悪党たちが陰で嘯いているかもしれませんぜ。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキング

 

 

 

2019年5月10日 (金)

やっぱiPadだな

 

 ボクが愛用してきたMacBook Airは2012年製なので、かれこれ6~7年にわたって使い倒してきたことになります。日々の原稿やブログはもちろん、スイスの時計取材にも必ず携行。毎晩のように写真の整理からレポートも作成し、日本にメールしていたこともあります。機械に指示されるままにアップデートを繰り返してきたので、ソフトウェアはそれなりに最新だと思うのですが、さすがにハードはくたびれてきたらしい。特にデリートキーの接触が悪くなり、何回も叩かなきゃいけないので、ストレスを感じるようになってきました。

 それで昨日、ヨドバシカメラで最新モデルを視察したのですが、やっぱりこういう機械は何といっても新しいほうが魅力的です。ただし、値段がね。以前よりも小さく軽くなり、画面も高精細になった分だけ高価で、購入に踏み切れません。しかしながら、新品を見てしまうと心が惹かれます。そこで冷静になって検討してみると、最新版のメリットはライターのボクにとってそれほどでもなかったので、ほとんど衝動買い的に既存モデルの2017年製を購入しました。それはそれでCPUなども進化しているはずですから、合理的で納得できる選択だと思うのですが、何しろ見た目が2012年製とまったく同じ。新品を入手したという感動がまったくないんですよね。キータッチは確かに軽快になりましたが、要するにリプレースしたというだけ。何だかなぁ。

 でね、ついでに、というのも何ですが、近年は遠方取材が増えてきたスタッフのために、iPadも買っちゃったのであります。MacBook Airを最新版から既存モデルに変更した差額分が、「どうせなら」と購買意欲を後押ししたわけです。結局はかなりの金額を使ったので、今になって心が痛いですけどね。

 事務所に戻って、さっそくiPadを使ってみると、今さらながらで恐縮ですが、これは凄いなぁと感心せざるを得ません。要するに早い話が、画面を巨大化したスマホですけど、その分だけ使い勝手が実に良いのです。ボクのような老眼でも眼鏡を外す必要がなく、タッチ画面で感覚的に操作できます。別売りのキーボードや入力ペンを活用すれば、ノートパソコンは決定的に不要になるといっても過言でありません。ああ、ボクもこっちにすりゃ良かったと深く後悔したくらいです。

 電話もできれば完璧といっていいのですが、あんな大きなモノを耳にあてて会話するのもナニですから、ボクの持論である超小型携帯電話をセットにすべきでしょうね。そうすれば、まさに鬼に金棒。この組み合わせが、これからのトレンドになるんじゃないかな。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキング

 

 

2019年5月 9日 (木)

なんてったってアイドル?

 

 CS放送のコマーシャルの間に、チャンネルを地上波に変えることがあります。アメリカのテレビドラマはどれも面白いのですが、その間にさしはさまれるCMがね、押しつけがましくて喧しいのです。中でも素人さんによる使用の感想があまりにも大げさで、いたたまれなくなります。中高年のオバサンから「そりゃもうスルーっとね、スルーっと出るんですよ」と嬉しそうに便秘薬の話をされても、その光景を思わず想像してしまって、気分が悪くなるんですよね。会社からいくら貰ったか知りませんが、そこまで褒めるようなスグレモノならクチコミだけで十分。わざわざ広告する必要なんてないじゃないですか。

 そんなわけで、たまたま夜中に夢うつつで地上波を視聴していたら、「私、ハモれないんですよぉ。だからハモれる人は尊敬しちゃいます」と話す若い女性の元気な声が聞こえてきました。ハモる、とはハーモニーのことで、要するに和音での合唱ができないということです。主旋律を歌っているつもりで副旋律に引っ張られたりするので、カラオケでも苦手という人は少なくないでしょうね。
 
しかしながら、「春のうらーらーの、すーみーだーがわ」でお馴染みの滝廉太郎『花』なんて合唱曲の大傑作であり、和音が正しく決まれば、鼓膜を通して大脳皮質に浸みわたっていくような、何とも形容しがたい快感を感じます。

 ボクも合唱は得意とはいえないので、共感混じりに、そんなことを言ったのは誰だよとテレビを見直すと、アルファベット3文字と数字を組み合わせた名称を持つ若い女子の団体様の1人ではありませんか。CDを何万枚も出しているので、歌でメシを食っているプロといっても過言ではないはずです。にもかかわらず、ハーモニーができないと恥ずかしげもなく公言する。そんなのありかよ。

 だぁから彼女たちの歌は、どれもユニゾンだったんですよね。似たようなメイクで同じドレスを着た女子が何人も何人も出てきて、主旋律だけで和音がまったくない楽曲をダンスしながらみんなで歌う。申し訳ないけど、そんな勢揃いの歌声を耳に入れるだけで生理的に気分が悪くなるので(大げさではなくホントのことです)、瞬時にチャンネルを替えることにしています。

 それにしても、プロの歌手がハモれないと大っぴらに発言していいのかなぁ。リズムや音階を無視することで、逆に説得力と深い感動を伝えてくれる歌手がいないわけではありませんが、彼女たちの年齢でそんなテクニックや表現力は無理というものです。それとも歌はあくまで余技ってことなのかな。だとしたら彼女たちは、いったい何者なのでしょうか。

 はい、その通りです。アイドル、なんですよね。取り柄、じゃなくて才能がある人は英語まんまのタレントと呼ばれるので、小泉今日子の若い頃のヒット曲とは違う意味で、なんてったってアイドルと呼ぶほかありません。なんちゃってアイドルも最近は増加しているようですけど。このアイドルを敢えて定義するなら、必ずしも綺麗で可愛くなくたって、とにかく人気がある女子ってことです。となれば、ファンの共感や支持を集めて維持することが最重要な生存戦略になってきます。

 だからこそ、総選挙と称する人気投票や、握手会などのイベントを頻繁に開催して「手の届きそうな身近な芸能人」を演出しなければならない。何のことはない、馬の鼻面にぶら下げたニンジンといえば言い過ぎですけど、キャバクラ嬢やホストとどこが違うのでしょうか。熱狂的なファンが過度な身近感を抱けば、偏執的な怪しい行動に及ぶことなんて十分に予想できます。その結果としてNGTの事件が起きたのですから、総合プロデューサーの責任は重いんじゃないかな。

 色気づいた男の子が、同じメイクと似たような髪型といはいえ、普通よりちょっと可愛い娘が匂うほど近くにいたら、のぼせ上がるに決まっています。キャバクラ嬢のように注意深く距離を取れるなら別ですが、ウブな若い娘に男ダマシの手練手管を求めるのは筋違いってものです。

 というわけで、そうした商売でカネを儲けようとするなら、大人がきちんとアイドルを管理して守ってやるしかないじゃないですか。それができなかったからこそ、あんな事件が起きたということなります。

 ちょっと可愛いだけの娘を集めて学芸会まがいのビジネスにするのは、もうやめたほうがいいとボクは心底から思うんですけどね。さもなければ美しいハーモニーを聞かせてくれよ。そしたらボクも必ずファンになりますから。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

2019年5月 8日 (水)

横並びと多様性


 過ぎた話題で申し訳ありませんが、改元直後の5月1日、地上波のテレビ全局がこぞって令和バンザイの特番一色となりました。かつて昭和天皇が崩御された
時も、NHK教育テレビを除いた全局が朝から晩まで追悼番組を流していたので、近所のCDレンタル店が大盛況だった記憶があります。

 亡くなった人の追悼や改元への賛辞を反対しているわけではありません。ハロウィンや年越しと同じように、渋谷のスクランブル交差点に若者が雲霞のごとく集まるのも勝手だと思います。
 ただ、生物多様性やLGBTが尊重される時代にもかかわらず、この臆面のない横並びぶりはいったい何だろうな、と。女性の権利も含めて、マイノリティでも生きやすい社会にしようというのが近年の「ダイバーシティ」の基本思想ではありませんか。であるなら少数意見として、天皇制に関する論議が少しくらいあってもおかしくないのに、『朝ナマ』ですらスルリと避けて通ったみたいです。全部見ていないので分かりませんが、あの傲岸不遜な司会者が仕切る番組ですから、おそらく時代の大きな変化をテレビ的に読み取った結果じゃないかな

 念のために表明しておきますが、ボク自身は天皇制に反対する者ではありません。皇族を遠い親戚のように感じている国民も多いはずであり、日本特有の伝統や制度を敢えて壊さなきゃいけない積極的な理由はもはや見当たらないでしょう。その反面で、国民がどれほど努力しようが頑張ろうが、特定の血統でない限りは絶対になれない身分というのが、公平平等を旨とする民主主義社会に存在するという認識を忘れたこともありません。株式会社でも事実上の世襲はあり得ますが、役員会の同意とか、株や資産の継承が背景になっており、血族以外の人間は社長や会長に絶対になれないと法的に取り決めた会社はないはずです。もしあったら、憲法14条に違反していることになります。

 某大学教授はそうした天皇制に関する意見を新聞に寄稿したようですが、9条を中心とする護憲姿勢も含めて、そんな人たちを「ガラパゴス左翼」と呼ぶらしい。共産主義の国はもはや希有なので、いま時の左翼を日本固有のガラパゴスと呼ぶのは分からなくもないのですが、弱い者イジメのように思えて次第に悲しい気分になってきました。

 恐縮ながら、敬しつつも敢えて挑発させてもらいますが、あれだけ学生運動で騒いだはずの団塊世代の皆さんは、どうして沈黙しているのでしょうか。「蛍火はいつまでも消えない」なんていう言葉も聞いたことがあるんですけどねぇ。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

«『シカゴ・ファイア』

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ