笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

2017年6月23日 (金)

2度と乗りたくない航空会社

 

お客様各位

 

この度は、エールフランス航空をご利用いただき誠にありがとうございました。

また、ご利用便において多大なご迷惑をおかけいたしましたことを深くお詫び申し上げます。

弊社発行のクーポン(引換券)の換金方法について、ご案内いたします。

 

 この文章は「BON D’INDEMINISATION(補償金引換券EMDBI)についてのご案内(成田空港、関西空港にて補償金引換券を受けられたお客様)、とタイトルされております。

 

 なななな何が起きたのかと思うでしょ。しかも成田だけでなく関空でも事件があったらしい。

 

 また話を引っ張るクセがでそうなので、簡単に言えば、一時期テレビで大きな話題になったユナイテッド航空のオーバーブッキングと同じです。あの時は拒否する搭乗客を無理矢理引きずり降ろした映像があったので大問題になりましたが、コトの背景に違いはまったくありません。

 

 成田空港のチェックインカウンターで、いきなり「別の航空会社に乗り換えてほしい」と言われたのです。しかも、今回ボクが搭乗したのはエコノミーではなく、クライアント様のご好意でほぼ定価に近いビジネスクラス。まだ早起きでボーッとした感覚のボクに、有無を言わさず「あちらで待っていてください」とかなり強引に誘導されたのです。

 

 その前から「混雑しているらしい」とは聞いていたので、念のために搭乗30時間前にインターネットでチェックインを完了。さらに、いつものように出発時刻の3時間前に成田空港に到着しました。旅行保険や両替などの手続きもあるほか、海外旅行では予想もつかない事態が起きるのが珍しくないので、航空会社の指定より1時間前に到着するようにしています。これは海外でも同様で、朝の9時発なら6時過ぎには空港にいるのが普通です。

 

 たまに早すぎて待たされることもあるのですが、その日はすでにビジネスクラスのチェックインカウンターがオープンしていました。準備万端ということでスーツケースを預けようしたら、いきなり「搭乗便を他社にかえてくださいついてはマイレージの追加がいいですか補償金を選びますかその場合はユーロ建ての日本円で銀行振り込みになって………」と機関銃のようにしゃべった後に、前述した「補償金引換券」という紙っぺらを渡されて、「あそこでお待ちください」とベンチを指さすではありませんか。

 

 彼女が説明した乗り換え便は日本航空のヘルシンキ行き。このフランスの航空会社に以前から悪印象を持っていた理由は後述しますが、日本の航空会社で到着が1時間ほど早くなること自体は確かにメリットではあります。

 ただし、ボクは膝に故障があり、いつも杖をついております。つまり、窓際に座らされたら、隣の人を跨いでトイレに行くことはできません。だからシートも常に通路側を指定。それに空きがなければ航空会社そのものを変更してきました。

 

 そのあたりを確認してOKであるなら変更も考えますと言うと、「はい」と返事だけはいいのに、それきり放ったらかし。さすがに温厚で篤実なボクも15分くらいで切れて、大きな声を出したら別の係員がすっ飛んできました。出発直前でこちらも焦っている状態でしたから、これはマナーや礼儀を欠いたことではないと信じます。

 

 感情的な問題は抜きで、ボクが問題にしたのは以下のポイントです。

 

1) 格安の団体旅行も少なくないエコノミーならともかく、ビジネスクラスでオーバーブッキングとはどういうことなのか。

2) しかもボクは遅れて予約した関係で定価に近い金額を支払っている。

3) さらに前夜にインターネット・チェックインも完了している。

4) それらに加えて、出発3時間前にチェックインカウンターで手続きをしようとした。

 

 これらは客観的な事情ですが、それだけでなく、この航空会社はボク個人にとって非常に辛いことを課したのです。というのもエールフランスは第1ターミナルですが、乗り換えを指定された日本航空は第2ターミナル。ボクのような杖をついた人間が、ですよ、大きなスーツケースとノートパソコン入りの手荷物を持って再びターミナルを移動することがどれだけ大変なことか分かりますか。

 

 だからこそ早めに来たにもかかわらず、ボクが杖を持った人間であることは一目で分かるにもかかわらず、出発当日のチェックインカウンターで別のターミナルからの別便に乗り換えろというのです。これではわざわざ1時間も早く来たことが仇=災いになったことになります。ギリギリならこんな変更は無理でしょうからね。

 

 どうですか、この素敵なホスピタリティ精神。「弱者虐待」と表現しても決して過言ではなく、実際にボクはスーツケースを引きずりながら、自分の不幸に泣きそうになりました。

 

 ただし、そんな過酷な航空会社でも、地上職員の中にはまともな女性もいて、第2ターミナル行きのバスに乗るまで付き添ってくれたのが唯一の救いといえば救いでした。何度も何度も「本当にすいません」と頭を下げてくれましたが、もちろん彼女の判断ミスや責任であるはずがない。ボクたちの前に顔を出すことなく陰に隠れている経営幹部の仕業であり、安売りかどうかは知りませんが、客を取り過ぎたことに問題があると誰だって指摘するはずです。

 

 そこで「ボクの経験したことは事実ですから、何も隠さず自分のブログに書いてもいいですよね」と彼女に話して許可を得たので、ここに実名で紹介することにしたのです。

 

 その補償金として冒頭で紹介した紙っぺらに所定の事項を記入してFAXすると、150ユーロ、当日のレートでは1万8500円ほどを振り込んでくれるそうです。はっはっはっ、ボクをからかっているのかな。ちなみにビジネスクラスの定価を調べてみてください。そんなもん、まさに「雀の涙」じゃないですか。すいません、ここまで我慢してきましたが、ちょっとだけ涙とともにブチ切れさせていただきます。

 

 日本人をなめんじゃねー、コノヤロー!!!!!!!

 

 この航空会社は15年ほど前にも客室乗務員の勝手な指示に抵抗して機内で口喧嘩をしたことがあります。さらにロストバゲージが頻出した時期もあったことから、「2度と乗らない航空会社」に決めていました。しかしながら、昨年にたまたまやむなく利用したら何とかなっていたので安心していたところに、またしてもこれですよ。

 

 というわけで、ボクが生きている限りは、絶対に、何がどうあっても、2度とエールフランス航空には乗らないことをここに誓います。溜まったマイレッジがもったいないけど、不愉快になるよりマシってものです。

 

 帰国便は予定通りで、無神経にもそれに関するサービスのアンケート調査がメールされてきましたが、それ以前にドタキャンというか今回のドタチェンジについての感想を訊ねるのがスジってものではないかな。

 

 いったいどういう神経なのか、ボクには想像もつきません。心躍るはずの往路便、しかもビジネスクラスなのに、怒り満載で不愉快極まりないものになりました。それに対して誠心誠意お詫びする気持ちがまったく感じられないような航空会社に、わざわざカネを払って乗りたいですか?


追伸:補償金なんて欲しくないのですが、お詫びのカケラとして請求しようと所定の事項を記入し、その紙っぺらに記載されていた「エールフランス航空リファンドデスク」の番号にFAXしました。すると「この番号は現在使われておりません」だってよ。どこまでなめとんのかねぇ。問い合わせしたら混み合っているので待てという自動応答。利用客にとことん無駄な負担をかける会社だと呆れ果てました。FAX番号くらい修正しとけよ!!!!

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

 

2017年6月16日 (金)

『サン・ジャンの私の恋人』

 

 誰が歌ったとしても、それを聴くたびに胸がキュンと締まって、ひどく切ない思いに襲われるシャンソンがあります。

 

 『サン・ジャンの私の恋人』。哀愁たっぷりのイントロダクションだけで身体が反応するのですが、以下のフレーズ(訳詞:山本雅臣、以下同)で、ボクの過去のもろもろがですね、条件反射のようにぶわっと噴出。走馬燈のように影絵と化した思い出がくるくると回り出すのです。

 

甘い囁きなら、信じてしまうもの

あの腕に抱かれれば、誰だってそれっきりよ

 

 若かったけど貧乏で焦りや怒りばかりを感じていた頃に、ある女性と一緒に暮らしていました。将来に対する漠然たる不安もあって口喧嘩ばっかり。自分の自信のなさの裏返しということはイヤというほど分かっていても、カネもなければ知識も才能もコネもなければ、それを再び裏返すなんて容易なことではありません。結局は1年足らずで別れることになりました。

 

 さらにもうひとつ。吉祥寺にはかつて「ベル・エポック」というシャンソンのライブハウスがありました。なけなしのカネでたまに彼女と一緒に行ったこともあってね。そんな数少ない幸せな時に聴いて、強く印象に残った歌が『サン・ジャンの私の恋人』なのであります。

 

 1942年にリュシエンヌ・ドリールがレコーディングしたのがオリジナルで、フランソワ・トリュフォー監督も好きだったらしく、映画『終電車』(1980年公開)のオープニングで使っています。サン・ジャンとは聖ヨハネのフランス語読みで、彼を記念して6月の夏至の日には火祭りが行われるそうです。そんな特別な日の舞踏会に行った女性がたちまち恋に落ちるという内容です。

 

アコルデオンの流れに さそわれいつの間にか

サン・ジャンの人波に 私は抱かれていた

 

 これが始まりの歌詞。アコーディオンでなくて「アコルデオン」と読むあたりにフランスのシャンソンらしさが強調されていますが、華やかに装った人たちが集まる祭りの中で、若い娘が次第にその雰囲気に酔っていく様子が想像できます。そんな非日常な場でイケメンに甘い言葉で囁かれたら、たいていはコロリとやられてしまうわけですな。

 

あの腕に抱かれれば 誰だってそれっきりよ

あの眼差しに 見つめられた時から

もう私は あの人のものよ

 

 ボクは、そんな羨ましい「あの人」であったことは人生で一度たりともないので、やりきれない嫉妬を覚えますが、これはもう仕方がないんですよね。美しい女性はたいていイケメンの餌食になっちゃうんだよな。

 

何も考えずに みんなあげてしまった

たとえだまされても 愛してしまった私

甘い囁きなら 信じてしまうもの

あの腕に抱かれれば 誰だってそれっきりよ

 

 そんな恋を得た高揚感を経て、「アコルデオンの調べも みんな誘いの罠だった」と失意に至り、「みんな終わって過ぎた夢なのよ」というのがエンディングとなります。年を取ってみれば恋の始まりと終わりなんて、どれも似たようなものであることが分かるようになりますが、この歌に関する思い出を前述のようにダブルで抱えていると、やっぱり切なくなるんですよね。

 

 そうした切なさの本質が、パトリック・ブリュエルのカヴァーを聴いてやっと分かりました。彼は1959年にアルジェリアで生まれた男優&歌手で、オリジナルの歌詞を「私」から「彼女」に変えています。つまり、好きな女性がほかの誰かに惚れていく様子を、心ならずも見守る男の側から歌っているのです。YouTubeにPVがアップされていますが、これがレトロな映像で実に素晴らしく、彼の歌声も渋めのハリがあってなかなかいいんだよなぁ。そのせいか今の時点で約543万ビューが記録されています。

 

 ちょっと屈折していますが、男も女も一度くらいはそんなじれったいというかやるせない思いをしたことがあるはずですよね。ボクも、この歌にかつての彼女をしっかりと投影していたのです。その当時の気持ちを思い出すからこそ、余計に切なくなるわけですね。けれども、今となってみれば酸っぱくて苦いだけでは決してなく、やはり甘さもちゃんとありました。そんな思い出が、まるでないよりはあって良かったのかなぁなんてね、ちょっとだけ顧みたりするわけです。

 

 なお、来週からスイスに短期出張することになり、木曜日に帰国する予定です。よってブログはお休みさせていただき、23日の金曜日から更新いたします。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

2017年6月15日 (木)

悲観と楽観

 

 基本的にはどちらも結果は似たようなことになりますが、悲観と楽観が錯綜しているのが普通の人のアタマの中ではないでしょうか。

 

 若い頃は経験や知識が足りないので、率直にいえば悲観する材料に乏しく、必然的に楽観のほうが大きいはずです。それが年齢を経て、イヤな経験や失敗や期待外れ、失望や絶望なんかを経験すると、悲観論がどんどん幅を効かしていくようになります。ボクなんか今は悲観が9で楽観1くらいの割合だもんなぁ。ごく簡単にいえば、悪い方に悪い方に物事を考えていくってことです。

 

 だったら、そうならないように事前に手を打てるじゃんかと思いますよね。ところが、思考の隙間や落とし穴というのが必ずありまして、そこまで念入りにフォローしようとすると神経が疲れ果ててしまう。よって冒頭で指摘したように、悲観も楽観も、結果的には大した違いがないってことになるわけです。

 

 「だったらさぁ楽観で行こうよ」と、もう1人のボクがいつも語りかけるのですが、「おいおい、それじゃあ何かあったらどうすんのさ」などと悲観論者のボクが答えたりして、「ええい、うるせぇてめーら」と切れそうになることもしばしばなんだよな。精神に甚大な問題を抱えているわけではないので、くれぐれも誤解しないでくださいね。

 

 さて、この問題をアランの有名な著書『幸福論』(1925年)では、以下のように書いているそうです。

 

 悲観主義は気分、楽観主義は意思によるものである。およそなりゆきにまかせる人間は気分が滅入りがちになるものだ。

 

 言ってくれたじゃねーの、という刺激的な意見です。ちなみに、この人の本名はエミール=オーギュスト・シャルティエ。フランス中世の詩人・作家のアラン・シャルティエからペンネームを取ったそうです。ウィキペディアってすごいな。

 

 まるでボクに喧嘩に売るかのような意見ですが、これをひっくり返しても大した違いはありません。「およそなりゆきにまかせる人間は気分が楽観的になりがちだ」としても、違和感なんか全然ないでしょ。さもなきゃ「ケ・セラセラ」という「なるようになるさ」なんて歌はあり得ません。けっ、ザマミロ、アランさんよぉ。

 

 何かね、フーテンの寅さんのような気分になってきましたが、人間は先のことなんて分からないというのが事態の本質ですから、ま、どうだって言えるわけですね。してみると、この人が考える幸福ってのは何なんでしょうか。『幸福論』なんて書名しか知らないし、読む気もないけどね。

 

 そんなわけで、本日も悲観と楽観の狭間で漂う私なのであります。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

2017年6月14日 (水)

ショッピングモールの衰退

 

 予想通りと言うべきか、アメリカでは小売店舗が建ち並んだショッピングモールが危機的状況のようです。詳しくは本日の日本経済新聞を読んでいただきたいのですが、クレディ・スイスでは「アメリカでは今後5年で最大4分の1のモールが消える」と予測しているほどです。記者が現地取材したのはアメリカ・ニュージャージー州のモールで、かつて100あった店舗で現在も営業しているのは約1割。ほとんどシャッター商店街ではありませんか。

 

 この原因は明らかで、誰が考えてもネット通販となるでしょう。もともと国土の広いアメリカでは日本よりも通信販売が発達していたので、インターネットでモノを購入することにも抵抗はないはずです。ボクなんかは実物を確認しないで買えるモノなんてお茶とか水とか冷凍食品くらいですけど、今では服だって着てみて合わなければ平気で返品する消費者も育っているので、遅かれ早かれ日本のモールも同じ運命を辿ることになるんじゃないかな。

 

 ちょっと歴史を振り返ってみると、まずは家庭用ビデオの普及によって映画館に足を運ぶ人が激減しました。次にインターネット。音楽配信&ダウンロード購入のおかげで、CDの売れ行きは大幅に減少。それと同時並行で書店もどんどん消滅しています。さらにショッピングモールも集客不振というのですから、これは近い将来に物品の種類を問わず「小売り店」という業態そのものがなくなることを意味しているのかもしれません。

 

 実際に、わざわざ外に買い物に行かなきゃいけないものなんて、あまり考えられないですよね。ボクは生協の宅配も利用しているので、好き嫌いさえ言わなければ、1週間ずっと家の中としても不便はまるでないわけです。

 

 では、そんな生活が楽しいかといえば、どんな豪邸に住んでいても退屈するに決まっています。だから、ネット通販の普及は「外出」の意味を変えていくことになるんじゃないかな。外で買い物はかつて「日常」でしたが、それが必要なくなれば、外出は「非日常」ということになります。

 ボクは常々、日本はあまりにもパーティが少なく、着飾る機会に乏しいと指摘してきましたが、そうした「非日常」を仕掛けることで、家にこもった人たちを引っ張り出すのが新しいビジネスになっていくように思います。

 

 まだ考え始めたばかりでまとまりはありませんが、斜陽と言われる映画館だって、つきあい始めた男女のデートの場という機能まで失ってはいないはずです。お互いをよく知らないのに、いきなり自宅でビデオ鑑賞なんて女性には危険極まりないじゃないですか。ただ、それを意識した環境づくりをしている映画館が少ないから行かないというだけのことです。

 

 ショッピングモールにしても、ただの商業集積だから疲れてしまうんですよね。ディズニーランドは広くて疲れるから行きたくないなんて誰も言わないように(お年寄りは別です)、そうした魅力をショッピングモールに持たせれば、みんなが寄り集まってくるはずです。

 

 要するに、ボクたちの持っているフレームワークやテンプレートがインターネット時代に合わなくなってきただけのことであり、逆にいえばそれに依存し過ぎていたような気もします。ということは、教育もまた旧来のフレームワークやテンプレートを取り替えなきゃいけないってことですけど、それに気づいている人がどれだけいるかなぁ。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

2017年6月13日 (火)

カリスマ

 

 あまりチェックしたことがないのでよく分かりませんが、食べログの「カリスマレビュアー」なる人が、飲食店から接待を受けた見返りにベタ褒めの評価を行っていたことが問題になっているようです。

 

 天下の「文春砲」にしては射程距離があまりにも短くて、それよりも政権のゴリ押しを追求して欲しいというのがボクの率直な意見ですが、かのレビュアー氏は、この報道を受けて、それまでの評価をすべて削除してしまったようです。まぁね、皆さんが絶大な信頼を寄せるカリスマですから、接待という裏取引で意見や評価を底上げしていたというのは、確かに問題ではあります。

 けれども、コトは食い物ですからねぇ。

 

 たとえば新聞記者が官邸から日常的に接待を受けており、そのかわりに政権に刃向かう官僚に関する私的な裏情報をリークされて、デカデカと書き散らすなんてことがあったら、こりゃいけません。ましてや報道対象がとっくに退職して公人から一般人に戻っていたなら、そんなもん明らかな情報操作で人権無視の大問題じゃないか、って、最近似たようなことがあったような気がするなぁ。

 

 それに比べてグルメ系は、早い話が自分で食べてみれば、巷間言われている評価が的外れか過剰なのか、なんてことは簡単に確認できますよね。接待があろうがなかろうが、「これがそんなに旨いか!」とか、逆に「こんなに旨いものをどうして不味いって言うのかな?」という感想は案外あるんじゃないかな。食べた本人の好き嫌いだってあるし、その時の体調や店の混み具合なんかも影響するでしょう。かのミシュランだっておかしな品評もありますからね。

 

 ボクは昔からオリコンだのベストテンというものを信頼したことがありません。むしろ眉に唾していたくらいです。ライターという仕事柄でもちろん参考にはしますが、アテにはしないってことです。

 ここで、こうしたランキングの問題点をはっきりさせておきましょう。ある映画や音楽がベストワンになったとします。だからといって、あなたが感動したり好きになる映画や音楽とは限らないということです。特に映画なんかボクは失望ばっかりでしたぜ。

 食べログにしても、誰かが「うまい!」とした料理が、あなたにとっても美味に感じる保証なんかどこにもないのです。もしも仮に、必ずそのように感じるとすれば、ある種の錯覚またはブレインウォッシュということになりませんか。せめて食い物くらいは自分の舌で味わいましょうよ。

 

 だから例のレビュアー氏を免罪しないまでも、そんな人間をカリスマに祭り上げてしまった構造のほうに強い違和感を覚えるのです。似たようなことは世の中にいろいろとあるんですどね。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

2017年6月12日 (月)

愚行権(続)

 

 この言葉を初めて知ったのは、元外交官の佐藤優氏のエッセイでした。簡単に言えば、人間はバカなことをやる権利があるということです。しかしながら、仮にも「権」と付いている以上は法律の概念なので、まさかそんなことが規定されているのだろうかと心の隅で疑問に感じてきました。

 

 そんなところに、30歳過ぎのイケメン俳優の淫行事件です。事情はよく分かりませんが、世間に知られた有名人に地雷や時限爆弾が仕掛けられるのはままあることで、今回も金銭的な要求があったみたいですね。「ファンなんですよ」とか何とか言いながら、若くて可愛い娘が膝を重ねるようにすり寄ってきたら、アホバカなこととは心の奥で分かりながらも、ついつい淫らな「愚行」に走るというのは誰も完全には否定できないじゃないですか。だからといって、未成年淫行は違法であることに変わりはないんですけどね。

 

 となると「愚行」は、法律的な「権利」というより、むしろ文学的な「性(サガ)」と呼んだ方が適切だと思うのですが、ウィキペディアにちゃんと紹介されておりました。

 それによれば、ジョン・スチュアート・ミルが1859年に著した『自由論』の中で提示された概念としています。たとえ他人からアホバカな行為だと批判されることでも、個人の領域に関する限りは誰にも邪魔されることのない「自由権」として規定されているようです。

 

 当然のことですが、「個人の領域に関すること」は他者に危害や迷惑が及ばないことが基本的な条件となっており、かつ「愚行権」の行使によって発生した結果のすべては本人の自己責任となります。

 では、個人の「自由権」が最大に発動できるはずの居室内で、マリファナや覚醒剤を使ったらどうなるか。こちらも逮捕された芸能人は枚挙にいとまがありませんけど、要するに見つかったらアウトなんですよね。けれども、合法の酒を飲んで酔って騒いだとしても、逮捕・拘留されることは滅多にありません。

 

 ボクは個人が管理する車内や部屋の中まで公権力は介入すべきでないと思うので、シートベルトすら義務化には反対でしたが、前述した「他者に危害や迷惑が及ばない」というあたりの判断がね、実に曖昧なのです。

 たとえば薬物の所持・使用は、どんな場所であれ、おそらく必然的に「流通」を伴うことから社会に被害を与えると判断されているんじゃないかな。シートベルトにしても、人間がフロントガラスを突き破って飛び出すことで、「もらい事故」を誘発する可能性は否定できないとなっているのでしょう。

 

 でもさ、そんなことを言ったら、「自由権」であるはずの「愚行権」は恣意的に制限されることになっちゃいませんかね。そもそも愚行をする前に、「これは女房にも地域社会にも迷惑や被害を与えない自由権の一種の発動だよな」と考えるような奴がアホバカなことをするはずがない。

 

 えーと、だんだん面倒くさい方向に話が進んでしまいましたが、要は個人と社会=共同体との関係が、近代の法律では消化しきれていないというなんでしょうね。そんなところに「共謀罪」ですよ。総理から「またしてもレッテル貼り!」と非難されないように、正式名称を出しておきますね。「組織的犯罪処罰法改正案」、略称が「テロ等準備罪」となっております。

 

 この法律の問題点は、「実行」ではなく「準備」の段階で法律が適用され、警察などの公権力を発動できるということです。対象を「組織的犯罪集団」に絞っているとはいっても、そんなラベルを頭にくっつけて歩いている人はいません。だから誰だって「準備」とみなされて逮捕される可能性が出てくる。こんなのは戦前の治安維持法と同じではないか、というのが野党などの反対理由ですよね。

 

 かといって個人の権利を最大限に優先すれば、「組織的犯罪集団」が暗躍することを許してしまう。東京オリンピックがえらいことになってしまうぞ、と。

 前述したように、個人と共同体の権利が衝突することなんて封建時代ではあり得ませんから、その軋轢は近代になって発生したものです。歴史的な根拠が乏しいだけに、いつも論議がぐちゃぐちゃになり、結局は国家=政権や行政に都合のいい法律が施行されてきました。21世紀になってしばらく過ぎた今こそ、誰でも納得できる、筋の通った、例外が希少な、しっかりした論拠に基づく規定を作るべきだと思うんだけどなぁ。憲法9条論議もそうだけど、いつまでたっても解釈や分析ばっかりだもんね。これでは前に進めないだろうとボクは思うわけです、はい。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

2017年6月 9日 (金)

エイジング

 

 若い頃から、自分の若さ、正確にはバカさなのですが、それにほとほと呆れ果てておりまして、早く年を取る方法はないものかと考えてきました。3日3晩寝続けたら40歳になっていた、とかね。浦島太郎の玉手箱は行きすぎてしまうのでNGです。

 

 高貴な一族や大金持ちの子孫ならいざ知らず、20代あたりまでの男というのは、特別なイケメン以外は何の取り柄もないのが普通です。どこで何をしようが新参者のビギナーであり、経験や実績はもちろんなく、ついでに知識もカネもコネもない。ないない尽くしの未熟者が唯一持っているのが若さという時間ですが、それに大いに起因するバカや無鉄砲や無茶を回避するのも困難。こんなのはもういやだぁぁぁぁぁと早く逃げ出したかったわけです。

 

 ただし、女性は違うんだよなぁ。若ければ若いほど価値があるとされているようです。昔のテレビでは女子大生がもてはやされましたが、今ではJK=女子高校生、ヘタすりゃ中学女子を狙う奴もいるというのですから変態っす。

 大変に失礼ながら、女性は太古の昔から商品化されていたので、クルマと同じように新品の価値が最も高く、次第に減損していくのは否定できないですよね。さらに旬やら賞味期限みたいなものが設定されるのも資本主義では避けられません。その意味では若い女子の団体が乱立して学芸会をやり、選挙と呼称される人気投票にわぁっと男が群がるのも不思議ではないということになります。

 

 けれども、相手はモノでなく、あくまでも人間ですから。ちなみにですけど、欧米と比べれば、日本の年齢重視、すなわち若さの珍重は異常といっても過言ではないと思います。だってね、テレビ界では「女子アナ30 歳定年説」というのがあったくらいですぜ。ボクの知人もそれを意識してか、該当年齢直前にとっとと結婚退職してしまいました。これからようやくアナウンス技術が円熟するという矢先に、お肌の曲がり角を過ぎたのか知りませんが、とにかく年齢でもってお引き取り願うというのは、まるで金利が付く直前に定期預金を解約するようなものではありませんか。って、ちょっと違うかな。

 

 とにかく、もっと大人の国にしようというのがボクの主張であります。そのためには「エイジング」の価値を理解しなきゃいけません。この言葉はヘタすりゃ「老化」「加齢」などと訳されますが、本来的には「円熟」または「味が出る」ってことを意味しています。腕時計でも、ステンレススチールでなくブロンズをケースやベゼルにして、その経年変化を個性として楽しむモデルがあることをご存じでしょうか。

 

 いずれにしても、ボクのようなオッサンにとって、若い女子団体のユニゾンはとてもじゃないけど聴いていられません。そんな彼女たちによって、どんどん場所を奪われているのが、中高年女性の演歌歌手ではないでしょうか。昔ながらのスローな演歌はどうかと思いますが、彼女たちの歌唱力や表現力はずば抜けており、それを巷に埋もれさせておくのは財産の放棄に等しい。若い娘が人生を嘆いてもちゃんちゃらおかしいけど、過去を悔いる中高年女性は迫力が違いますぜ。

 

 そういうバルバラや金子由香利みたいな歌をね、ボクは聞きたいんだけど、マーケット側の意向として、やはり若い女性がチヤホヤされるわけです。新人の育成はどんな業界も必要なので、それがいけないというわけではありません。ただ、もうちょっとエイジングを楽しむことを覚えて欲しいなぁと、オッサンは愚痴りたくなるのであります。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

2017年6月 8日 (木)

たまにはね

 

 最近は「たまにはね」ということが続いています。中でもパーティなんかがあると、飲み過ぎてしまうんだよなぁ。それじゃ「たまにはね」ではないじゃないかと思われるでしょうが、ええ、その通りではあります。

 

 とはいっても、昔のように「浴びる」ほど飲むわけではなく、シャンバンを2~3杯、加えてワインも2~3杯程度ですけど、それがね、翌朝まで後をひいたりするんですよね。肝臓の解毒作用が低下しているか、そもそも酒に弱い体質だったのかは知りませんが、身体全体が熱っぽくなり、深く物事が考えられなくなってしまう。でもまぁ、そういうこともあっていい、「たまにはね」と自己肯定しなきゃ仕方ないではありませんか。

 

 何でまた人間は酒なんぞを発明したのかなと思っていたら、本日の日本経済新聞によれば、人類が発生したのは30万年ほど前のアフリカらしいですよね。恐竜が絶滅したのは6600万年ほど前と言われているので、つい最近のことではありませんか。

 

 ボクの自虐的歴史観を紹介すれば、それからバクテリアが急速に広がるように地球を覆っていったことになります。「生きていて良かった」とか「生きていることは素晴らしい」という人間賛歌的な表現もありますが、どうにもね、人間でない側にとっては、実にまったく迷惑千万な生き物という気がするんだよな。だから、視点をずらして考えるってことも「たまにはね」必要なことなのです。

 

 こんなしょうもないテーマでしょうもない論理展開に呻吟しているのも、実はしなきゃいけないことが立て込んでおり、ブログを書く余裕なんてないのです。それでも、これだけは「たまにはね」と逃げたくない。もしも事前の予告なしですっぽかしてしまったら、おそらく死ぬまで後悔を引きずることになるでしょう。

 

 そんなふうに律儀に自分を決めつけず、ダラダラ、グズグズと生きていきたいなぁ。時間を秒単位、分単位で認識しないで、太陽の位置だけで判断するという生活もいいですよね。そうしたら見える世界も少しは変わってくるような気もします。すいません、まともな結論がないときも「たまにはね」あるということで。。。。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

2017年6月 7日 (水)

「人にやさしい会社」が生き残る

 

 本日の日本経済新聞朝刊に、興味深い記事が掲載されておりました。「後追いアップル、看板頼み」「秘密主義、技術に遅れ」というタイトルだけで、分かる人にはすべてが分かるでしょう。

 

 記事を要約すれば、人工知能で音声に反応するスピーカー端末でアマゾンやグーグルに遅れを取っていたアップルが新機種を発売したが、かなりの高額なので、果たしてそれで巻き返せるかということです。

 

 問題はそのバックボーンとなる音声認識ですが、ある調査によれば、廉価なアマゾンと比べてもアップルの精度はかなり低いとされています。それだけなら技術革新を急ぐべきとなりますが、このように後塵を拝した理由は、「アップルの秘密主義」にあるというのがキモなんですよね。

 

 アップルでは開発者の論文発表やイベントなどへの参加を原則として認めていなかったようです。そうなると学会などの研究共同体から隔離されることになり、最先端の情報も入手しにくくなります。ところが、グーグルなどは外部を巻き込む戦略で技術を磨いてきたようです。

 

 これはおそらくスティーブ・ジョブズの性格に起因すると思われるアップルの負の遺産ではないでしょうか。つまり、技術と研究者を「囲い込む」ことで最先端の製品開発を進めてきたのですが、そうした環境を窮屈だとか、限界を感じる人もいるわけです。誰もがジョブズのように並外れた識見や才能を持っているわけではなく、むしろ現代の技術はあまりにも高度化しており、1人だけで完結できるものではなくなっています。であるなら、外部と積極的に交流したほうがブレークスルーのきっかけにもなりますよね。

 

 かつてイギリスの時計産業は一子相伝で高度な技術を秘匿しようとしました。逆にスイスでは早期から特許制度を整備。独自の技術を権利として一定期間保護することを条件に、広く情報開示してきました。どちらが正しい、というより、どちらが勝者となったかは明らかですよね。いくら優秀で独自性の高い技術でも、一子相伝では適切な継承者がいなければ簡単に途絶えてしまう。ところがスイスでは「産業」として継承・発展を続けることができたのです。

 

 というわけで「囲い込み」には限度があります。けれども、それでは技術や研究者の流出を招くと危惧する経営者もいるでしょう。まったくその通りです。だったら、優秀な研究者や技術者が別の会社に転職したくなくなるような会社にすればいい。

 

 技術や発明、発見はどうしたって人間と一体のものですから、その人間が好きになる会社、いつまでもやめたくない会社にすればいいだけのことではありませんか。ボクはこれを「人にやさしい会社」と表現しますが、そんな会社にこそ優秀な人材があつまり、外部と活発に交流しても逃げられることはないと思うのです。

 

 誰でもすぐに分かる、まったく簡単な理屈ですが、これを実現する方法は給与や福利厚生以外に多種多様です。いずれにしても、そうした「居心地の良い」社内風土や環境づくりこそが経営者の本来的な仕事なのに、気づいている人は案外少なくないんですよね。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

2017年6月 6日 (火)

国が壊れる時

 

 先週もロシア人の女性歌手、エカテリーナさんのライブに行ってきました。残念ながら、ボクの大好きな『モスクワ郊外の夕べ』は聴けなかったのですが、これはまぁある意味で仕方ないんですよね。

 

 というのも、彼女が言うには、ソ連の頃は毎朝6時くらいからこの歌が流れており、早起きが苦手な彼女は大嫌いだったそうです。だから歌うことがあっても、スローな民謡風でなく、アップテンポのジャズにアレンジしていました。日本なら朝っぱらから「夕焼け小焼けで日が暮れて」を流すのと同じではないですか。『モスクワ郊外の夕べ』は1957年の世界青年学生祭典のコンクールで第1位となったので、その内容はともかく、当時のソ連は官僚国家だったので、皆さんが上層部の意向を「忖度」して朝からせっせと聴くことを強制したのかもしれません。とすれば、今の日本と大して違っていないじゃないですか。

 

 それはともかく、ステージの合間にかわした短い会話で、日本に来た大きな理由が分かったのです。

 

 199112 25日午後7時に行われた記者会見で、ミハイル・ゴルバチョフはソ連邦大統領の辞任を表明。翌26日にはソ連最高会議・共和国会議でソ連の消滅が公式に確認されました。ここから先がボクたち日本人にはとても想像できないところでありまして、国は大混乱に陥るとともに、原始社会のような弱肉強食状態に突入したんじゃないかな。確かに当時はロシアンマフィアの暗躍が噂されましたよね。宝飾の世界でも彼らを意識した超高額品が盛んに作られたことがあります。

 

 そんな状態を彼女は日本語で「すごく怖かった」と表現しました。このためアメリカに逃げた友人や知人もいるらしい。あまり根掘り葉掘り訊ねるのも失礼なので途中でやめましたが、「ああそうか、あの国は壊れたんだよな」と再認識できたのです。

 

 壊れたというより崩れたというほうが近いかもしれませんが、実は似たようなことが1917年に起きています。ロシア革命が勃発すると、貴族や要職に就いていた軍人たちはこぞって各国に亡命。かの横綱・大鵬の父も、樺太に亡命したウクライナ人のコサック騎兵隊将校でした。

 

 歴史は繰り返すというか、因果はめぐるというべきか、およそ70年を経過して同じような社会の激変が起きたわけですね。日本も2度にわたって原爆を落とされ、太平洋戦争に敗北しましたが、少なくとも本土にいる限りは国を捨てなきゃいけない状況にはなかったと思います。

 

 どちらにしても遠い昔に遠い国のことですから、ボクが勝手に想像しているだけのことですが、こういう話を身近で聞けるのは刺激になりますよね。

 

 でもさぁ、そういうことをボクなんかより現実的に考えるのが政治家の役割じゃないですか。そのために外遊するというならどんどん行くのを許しますが、東京にいても聞く気さえあればこれくらいの話は聞けるんだけどなぁ。

 とにかく国を壊してはいかんのですよ、絶対に。そのしわ寄せは必ず弱い者から及んでいくことになるからです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

«先生の都合

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ