笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 貧すれば鈍す? | トップページ | 公認会計士の試験制度改革 »

2010年7月30日 (金)

MBAと大学院

 世の中には「学歴ロンダリング」なる言葉もあるように、ブランド大学信仰も不滅であり、東京大学がダメなら東京大学大学院で最終学歴を塗り替えるなんて、大変に時間も手間もかかるチャレンジをしている人もいるようです。

 目的が何であれ、努力することは大切なんですけど、仮に東京大学卒になったとして、世界ではどれほど評価されるのかなあ。研究者になって、地方の私大などに教員として行くつもりなら別ですけどね。

 国際競争が激化している今では「学歴がナンボのもんじゃい」という人のほうが、ボクとしては評価したいと思うのです。だって、たとえば今が日本の大変革期の幕末だと考えてみましょう。浦賀沖には米国艦隊が2回目の来日を行い、開国を求めてきたとします。

 それで慌てて明治維新を迎えようとする時、かつての優秀な藩校を出たとか、剣術の免許皆伝だとか、幕府の要職についていたなんてことがいったい何の役に立ったでしょうか。坂本龍馬なんて下級武士の脱藩者であり、早い話が風来坊だったじゃないですか。

 そりゃ今の段階で大企業に就職する時には、東京大学のネームバリューは通用するでしょうが、その大企業自身が次世代の国際戦略を描けないで苦労しています。

 もしかしたら、これは既存の教育体系が時代と合わなくなってきたのではないか。このような疑問を持つのが普通だと思うのですけど。

 MBAも同じで、学位にあまりに期待し過ぎです。特に日本では、MBAを取ったからといって給料が直ちに上がるわけではありません。教育内容にしても、ソフトスキルはアメリカに比べてやや弱い面があると思います。

 もしそうであるなら、自分で勉強すればいいだけのことです。でも、このように弱点を理解したり、ビジネスの何をどう勉強すべきかはMBAの入口に立っているだけでは分かりません。やはり大きな体系から理解していくことは大切であり、かつ近道であり、これはどの大学院のMBAも共通していると思います。

 さらに、大学院で「教えてもらう」という姿勢は基本的におかしい。以前は大学もそうでしたが、自ら学び・研究するところではありませんか。

 その応用だって自己責任です。学位は免許のような国家資格ではありませんからね。

 マーケットというのは、東大卒のラーメン店なら繁盛して、無名私大出の経営するラーメン店は閑古鳥ということにはならないのです。就職率もそうですけど、ボクたちはあまりに学校やら証書に期待し過ぎではないでしょうか。資格も同じで、弁護士なら誰でも高給取りという状況のほうが実はヘンなのです。

 なるべく優秀な教員や学生の揃っているMBAに行くに越したことはありませんが、だからといって、たとえばハーバードに入学できないからMBAには行かないというのは明らかにおかしいわけです。

 モノカキふぜいのくせに大層なことを言えば、授業内容などに不満があるなら、自分でオリジナルな研究や理論を作るなりして教員たちをびっくりさせて修了すればいいのです。ドラッカーやポーターに論争を挑む覚悟で取り組む。それが転職時にも貴重なお土産になるはずです。

 そもそも大学院というのは、そうした研究をするところではありませんか。

 ボクたちは「教えられる」ことに慣れ過ぎて、「自ら学ぶ」ことを忘れてしまったように思えてなりません。たとえば経営者が「先生、私は会社をどう経営したらいいでしょうか」とコンサルタントに聞くようでは、その会社の破綻は近いですよね。

 自分は自分自身の経営者なのですから、方針や理念は自前で作るべきです。それを実務の中で具体化していく手法を自ら研究するところが大学院だろうと思うのです。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« 貧すれば鈍す? | トップページ | 公認会計士の試験制度改革 »

教育・学校」カテゴリの記事