笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 「5時に夢中!」 | トップページ | 信じる者は救われる? »

2010年9月 9日 (木)

サンデル教授に聞きたいこと

 つい武田信玄の「ワシが死んだら3年間隠し通せ」なんて遺言を思い出しましたが、親の死を長く隠していたお婆さんがちょっと前に話題になりました。

 それで年金を詐取したら確かに法律違反ですけど、では、その年金がなかったら、このお婆さんは果たしてどうなっていたでしょうか。

 もし収入や自分の年金がなければ、生活保護などを求めるか、餓死するしかないじゃないですか。あるいは、今なら熱中症です。実際に、エアコンがあるのに、料金未払いで電気を止められていたおかげで、亡くなった老夫婦が報道されました。電力会社が殺したとは言いませんけど、こんなことがあっていいのでしょうか。

 まだ今のところは日本の年間GDPは世界第2位です。どこかの国で自然災害などがあれば緊急支援金や自衛隊を出す国です。ODAだってまだやっているでしょう。にもかかわらず、行方不明の長寿者が沢山いて、貧困を理由に亡くなる人たちがいます。「罪なき者のみ石を打て」とキリストは言ったそうですけど、ボクは法律と行政と経済がお年寄りを死に追いやっていると考えてしまいます。

 ある著名な知識人2人の対談をまとめたことがありますが、その場でも似たようなことが話題になりました。「オニギリを腹一杯食いたかった」と書き残して餓死した人がいたからです。

 もし政府が、65歳以上で無年金の人に、おカネのかわりに即効致死の毒薬を配ったら、それを飲んでしまう人は結構多いのではないでしょうか。しかも、家族や子供たちに負担をかけたくないという利他的な理由で。だから生活保護だって気が進まないという人がいるわけです。

 探せばいろいろな援助はあるはずですけど、自己責任を重んじる人や高潔な人ほど毒薬に走るに違いないと思います。だって、日本という国はずっとそんな教育をしてきませんでしたか?

 そんな、死にたいけど死ねないという人を増やすのが医療だとしたら、何と悲しい仕事でしょうか。そして、介護問題も含めて、こんな大きな課題を個人レベルで解決することなんてできません。防衛と同じく、円高対策もそうでしょうが、国家や行政がやるべき義務なのではありませんか。憲法第25条にもちゃんとそう書いてあります。

 けれども政治評論家の皆さんは口を開けば「経済対策も大切だが、この国のあり方を示せ」なんてしたり顔です。この国の理想なんてことより、「最小不幸社会」を目指すなら、まずは貧困や老人介護をどうするかのほうが急務ではないでしょうか。

 さて、前述の対談では、非常に微妙かつ有効で具体的な意見が聞けました。いわく「遵守するべきことの優先順位を変えればいいのではないか」です。間違って理解されると大変なことになるので、詳しくは解説しません。

 この日本が都会や街だと思っていたら、実は野生のジャングルだった。ジャングルには街とは異なるジャングルの掟があるじゃないか、と。

 ハーバード大学「白熱教室」のマイケル・サンデル教授に、こういう時の「正義」っていったい何だと訊ねたくて仕方ありません。皆さんは、どう考えますか?

 そして、こういう問題こそ大学の教室で討論して、メディアなどに発表するべきではないでしょうか。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« 「5時に夢中!」 | トップページ | 信じる者は救われる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「5時に夢中!」 | トップページ | 信じる者は救われる? »