笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 偽善でも善は善 | トップページ | 珍味屋 »

2010年9月 3日 (金)

反抗期

 あくまでも仮説で、何の検証もない意見ですけど、今の若い人たちは反抗期を経験しているのかなあ。

 ボクが中学2~3年の頃は、とにかく親がウザくて、ほとんど逆らってばかりで、会話まで避けるようになりました。それどころか、たった1回ですけど、母親にイスを投げたことさえあります。もちろん当たらないように、別の方向にね。

 何であんなに親が気にいらなかったのかよく分かりませんが、とにかく指示されるのがイヤでした。こういう心理は学者の先生にお任せしますけど、ほとんどの人が、大なり小なり、そうした反抗期を経験して大人になったと思います。だって「反抗期」という言葉がちゃんとあるくらいですからね。

 親も、子供が言うことを聞かなくなり、やたらに逆らったり、メシを食ったらすぐに自分の部屋に行くようになると、「ああ、そういう時期がオレにもあったよな」と理解するようになります。でも、だからといって夜遊びなんかを許すわけにはいかない。「今日は友達の家で泊まるから」なんてことを「ハイハイ」と聞くわけにはいきません。

 精神は子供から大人に成長しようとしていても、それに必要な常識やら善悪の概念は間に合っていないので、子供のことを考える親ほど衝突を繰り返すことになるわけです。それによって子供も、やっていいことやいけないことを肌で感じていくことになります。

 親にとってはまったく面倒極まりない時期であり、もっと素直に成長できないのかと思うでしょうけど、自我と常識と倫理観などが一斉に同じ速度で成長するわけではありません。そして常識も倫理も道徳も、教科書の中には実は書いてないことばかりです。

 だから、反抗期は子供の成長には不可欠な時期なのだろうと思います。ドメスティック・バイオレンスまでに発展するのは別問題ですけど。

 しかし、この反抗期を避けるのは親にとってそれほど難しいことではありません。何でも子供の言うことを聞いてあげればいいわけです。「今日は友達のところで泊まる」「はいはい。じゃ、携帯で連絡だけはしてね」という感じですかね。

 子供にとって普通は親の反対を予想していますから、「いいよ」ではカックンとなります。このカックンばかりで、親と本当のケンカができないと、自我が一方的に肥大化していくのは当然だろうと思うのです。

 その反抗の相手は母親ではなく、やはり父親でしょう。ところが、今の父親は肉体・精神ともに疲れきっており、子供と闘う気力や体力に乏しかったりします。

 だから母性のほうが相対的に強くなり、対立ではなく、理解・許容・協力のほうに振れやすくなります。そうすると、子供の自我はどんどん肥大して王様のようになりますが、それは家の中だけの話で、外に出ればそのようには扱ってくれません。

 だから「引きこもる」のではないでしょうか。もちろん学校での「いじめ」など様々な要素があるので、それが原因だと言えるはずがないのですけどね。

 あくまでも素人の根拠なき妄言ですが、いろいろな社会問題の背後にそんなことがあるような気がするのです。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

« 偽善でも善は善 | トップページ | 珍味屋 »

教育・子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽善でも善は善 | トップページ | 珍味屋 »

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ