笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 21世紀人材(9)リスクマネジメント(2) | トップページ | 国際倫理憲章 »

2010年11月10日 (水)

「自分訓」を作ろう!

 今回は、今はなき別のサイトに掲載したものを再掲します。ちょっと長いですけど、若い人には参考になるかもしれません。

 会社には社是や「社訓」というものがあります。

 社員から見れば、およそタテマエばっかしのシロモノも少なくなく、中には外注して作ったものもあるそうで、なんのこっちゃですよね。

 にもかかわらず朝礼で斉唱させられたりするので、ある種の困りものといってもいいでしょう。有名な電通「鬼の十訓」など、中には参考にできるものもないわけではありませんが、経営者や経営幹部の行動を見ると、その社訓など信じていないのではないかということがしばしばあります。

 それでも昔はタテマエを奉じる傾向があったのですが、現代は圧倒的にホンネ優先となり、社訓のようなタテマエをアタマから馬鹿にする人が増加しているようです。でも、タテマエとは理想の一種であり、いくら現実と違うとはいっても、理想を持たないで生きていくというのは、何とも虚しいではありませんか。

 そこで今回は、「社訓」ではなく、自分のために「自分訓」を作ってみようという提案です。本当は「個訓」あるいは「私訓」もしくは「モットー」というべきかもしれませんが、会社と自分という視点に立って「自分訓」と呼んでみました。

 この自分訓づくりは、別に難しいことではなく、自分がこうありたい、あるいはこうしてはならないといった規範を考え、それをコピーとして言葉にするのです。経験の乏しい若い人は、理想といってもなかなか思いつかないはずなので、「こうはありたくない」「あんなことはしたくない」という逆方面から攻めていくのも効果的です。

 たとえば、「卑怯なことはしたくない」であれば、これを引っくり返して「常に真ん中を歩け」などとなるわけですね。他人に負けたくないのであれば、「怯むな、誰よりも前へ」などとカッコをつけたコピーにすればいいのです。

 人間というのは、基本的に怠惰であり、いつも手を抜こう、楽をしようと考える生き物です。だからこそ便利な道具を発明し、進歩してきたのですが、その一方で「まあいいや」にもなりがちです。そうなると、自分が進歩しないという以前に、仕事も人生も楽しくなくなります。いつも頑張っていては疲れてしまうし、長続きはしませんが、「ここぞ」という時には気張らないとカッコよくないではありませんか。カジュアルは楽でいいのですが、自分を律して高めていくのも、スーツやタキシードを着た時のように気持ちいいものです。そのための行動指針として「自分訓」を作り、どこかに貼っておくことをオススメするわけです。

 最初は3つばかり作っておき、気が向いたら別の言葉に変更したり、追加すればいい。自分の日頃の行動や仕事に対する考え方を再確認するという効用もあるはずです。

 抽象的な話を続けるのも分かりにくいので、恥ずかしながら参考として、ボクの会社の社訓を紹介します。会社組織が心底イヤになって独立したという経緯があるので、ご立派な理想は掲げていません。だから、むしろ「自分訓」に近いものだと思います。

 では、順番に。

●感情的でなく、感動的に仕事をしよう。

 これは自分自身への反省からきています。ボクはどうも理性より感情のほうに流れやすくて、不快感をすぐ顔や態度に出してしまいます。みんなの気分を害することになるため、これは良くない。だから「感情的になるな」とすべきですが、それだけでは面白くないし、自分に対する効き目もありません。そこで、どうせ感がつくのであれば「感動的に仕事をしよう」と前向きのモットーを付け加えたわけです。

●ムッときたら、5つ数える。

 これは先の「感情的……」の続きで、ボクたちのような受注産業の場合は理不尽な目にあうこともあります。仕事で人間同士の関係があれば、ムカッとすることもあります。それでケンカしていては、とても社会人とはいえない。しかしながら、理不尽に無抵抗というのも情けないですよね。

 そこで、ムカッときたら、心の中で「5つ数える」。5秒とはいかないまでも、ちょい抑えることで少しは冷静になることができ、論理的に考えられるようになります。そうした状態での会話は、相手にも不快感を与えません。この「ムカッときたら、5つ数える」は、自分ながら良くできていると思います。それがいつもできないから困るのですけどね。

●どんなバカでも正しいことを言うことがある。

 人前で自分を卑下している人でも、心の中では常に自分を正当化しているものです。そして、他人のランク付けやラベル貼りを行っています。「あいつはオレよりバカ」とか「あいつは仕事はできるが人間性は最低」などという判断をしているはずです。これは群れを作る動物なら避けられない発想であり、場や空気を読むといった社会性にも関係してくるので、必ずしも悪いこととは思えません。問題は、自分より格下だと思った相手の意見はまるで聞かないという状態になることです。

 これは若い人というより、仕事ができる上司に目立つ現象で、人の話をまるで聞かない唯我独尊という人も少なくないようです。そうならないようにという、戒めの言葉です。

●どんな賢い人でもミスをする。

 これは、「どんなバカでも……」の逆です。どんな人間でも機械ではありませんから、ミスをする時があります。そして、自分自身も。自分を本気で賢いと公言する人なんていないはずですが、心の中では絶対にバカではないと信じているはず。「そんなあなたもミスすることはあるはず」、と自分に問いかけるモットーです。

●うまくいったら報告不要、問題だけを連絡せよ。

 手柄話は吹聴したくなるのが人情であり、それを褒めることで人間は成長します。犬の躾も褒めることが基本となっており、人間も大した違いはありません。ただし、それが常態化してくると、「いい話」しか報告しないで、ミスや問題は隠すということも発生するようになります。「◎◎君、今週の売上目標達成おめでとう!」と、みんなの前で鼓舞することで成長してきた会社もあるようですが、その背後で、実は大きな問題やクレームなどが握りつぶされている可能性だってあるわけです。これは会社にとって、とても恐ろしいことです。

 小さな組織の場合は、うまくいった仕事はすぐにわかるものです。というより、仕事はうまくいって当然なのです。でなければ被害や損害が発生することになります。そんなわけで、仕事がうまくいったら報告不要。問題やミスやクレームといった悪いことは必ず報告せよということです。ちょっとネガティブな発想かもしれませんが、会社で責任を持つ立場になると、心から理解できるようになると思います。

●正義を貫くため、常に謙虚であれ。

 正義とは何かは別にして、正義を背景にすると人間は傲慢になります。悪と認められた人間を容赦なく、徹底的に叩くという群衆心理ほど怖いものはありません。しかし、だからといって不公正を見逃したり、特権を認めるということではなく、やはり社会正義は貫いていきたい。

 そのためにも、「自分はどうなんだ」と、いつも問い返す謙虚さを持っていたいわけです。人間は善だけでなく、時には平気で悪になります。その2つが裏表ではなく、モザイクのように入り組んでいるのが実態ではないでしょうか。そう考えれば、誰に対しても謙虚であることが正義の礎になるのではないかと考えました。

 正義なんて関係ないと思う人には意味のない言葉ですが、ボクのような理想主義者くずれには、この「自分訓」がどうしても必要だったのです。

 ここまでの社訓を見ると、理想論的なものは最後の1つくらいで、ほかのものは個人的なことばかりです。社訓ともいえないかもしれません。そこで、次は他人に関係した社会性の高いものにしよう、ということがボク自身の課題になってくるわけです。

 最後にもう一つ、当社の社是を紹介します。

●正しく、楽しく、カネ儲け。

 カネ儲けというのは抵抗あるかもしれませんから、「正しく、楽しく、仕事する」のほうが適切という意見もあるでしょう。でも、仕事の成果は、資本主義においては売上と利益という形で評価されます。途方もない莫大な利益は別ですが、仕事ができる人が低収入というのはおかしい。売上や利益は、社会との価値のやりとりから発生するので、ぶっちゃけて言えば、すべての仕事はカネ儲けにつながります。ボランティアの場合は、おカネのかわりに使命感、あるいは他の人に喜びや満足を提供して、自らの喜びと交換するという、いささか高度なやりとりが行われていると考えることができます。

 いずれにしても、都会で仕事をする限りは、カネ儲けという側面を否定することができません。清貧も悪くはないけど、ある程度のおカネはやはり必要じゃないですか。しかし、そのカネ儲けで大切なことまで失いたくない。

 だから、正しく、楽しく。仕事する目的がカネ儲けだけというなら、これほどつまらないことはありませんからね。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

« 21世紀人材(9)リスクマネジメント(2) | トップページ | 国際倫理憲章 »

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 21世紀人材(9)リスクマネジメント(2) | トップページ | 国際倫理憲章 »