笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 「イマダニ」(1) | トップページ | 頑張れ仏教! »

2011年3月 9日 (水)

PFIとプロ経営者

 2月23日のプログ「21世紀人材(14)公民連携」で、これからはPPP(パブリック/プライベート・パートナーシップ)の専門人材が必要になると紹介しました。合わせて政府がPFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)の改革も進めているとしましたが、本日の日本経済新聞朝刊一面(3月9日)で、その最終案の骨格が報道されていました。

 分からない人には何のこっちゃというテーマですけど、要するに社会資本の整備に民間資金とノウハウを活用していくということです。これまでは公務員や学校関係のハコモノがほとんどだったのですが、これを一気に拡大して、上下水道や医療・福祉施設、港湾の建設・運営などにも民間が進出できるようになるということです。

 すでに羽田空港の新国際線ターミナルもPFIで運営されており、大阪国際空港と関空との経営統合にもコンセッションと呼ばれる新方式のPFIが適用されるようです。ボクも勉強不足なので申し訳ないのですけど、このコンセッションとは国や自治体は公共施設の所有権を維持しながら、開発・運営などの事業運営権を民間に譲渡するという、もう一歩踏み込んだカタチと考えられます(同日・日本経済新聞「きょうのことば」)。

 いずれにしても、水道などの公共事業をほとんど民間経営できるため、資金調達なども幅広くできるようになり、一方で自治体は事業運営権の譲渡によって財政赤字の解消や、コスト削減を進められるというわけですね。

 何で今までやらなかったんだろうと思うくらいの合理的な話ですけど、その背景にはおそらくインフラの輸出も想定していると思います。

 お役人任せでは輸出の営業やネゴなんて無理ですから、簡単にいえば公共事業から「所有と経営」を分離することで、効率化と輸出拡大を狙っているのだろうと推察できます。

 前のブログでは、このPFIも含めたPPPは「将来的には10兆円規模の市場に成長する可能性も」と書きましたけど、いよいよ現実化しそうな動きになってきたわけです。

 しかしながら、こうした公民の連携には難しい側面が少なくありません。特に公共事業ですから、一方的な効率重視だけの経営や運営ではダメなわけです。かといって、民間ですから利益を上げられなければ持続は不可能。公共の利益と事業としての利益を両立できる経営や運営が求められることになりますが、ここを甘くすると、ヘタすれば第三セクターと同じ結果になりかねないわけですね。

 だからこそ、PPPの専門人材は21世紀人材であり、大学院も設置されていますよと紹介しました。

 まあ民主党政権ですからね、この最終案がどこまで実現されるか分かりません。けれども、国も自治体も膨大な財政赤字を抱えており、PPPを導入しない限り、国民に対する各種サービスはジリ貧になっていかざるを得ません。その意味では必然的な進化といえるのではないでしょうか。

 そして、法律が施行されても、事業を動かしていくのは人材です。きちんとソロバンがはじけて、かつ国民や社会全体の利便性や幸福を追求できる人材。要するに、プロの経営者や事業運営の専門家が求められているわけです。

 こんなことは民間企業でも、観光を積極化している自治体も同様でしょう。極論するなら、日本にはプロフェッショナルな経営者があまりにも足りないのです。PPPに限らず、MBAなどの大学院で、今のうちに経営を本格的に勉強することをオススメします。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

« 「イマダニ」(1) | トップページ | 頑張れ仏教! »

学問・資格」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

教育・学校」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事