笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 頑張れ仏教! | トップページ | 3・11巨大地震 »

2011年3月11日 (金)

ブルガリとLVMH

 高級ブランドでは世界最大のグループであるLVMHが、ブルガリを買収したと発表されました。51%の株式を取得したそうですから、ブルガリの経営権はLVMHに移行することになるわけです。

 ファンやユーザーにはあまり関係のない話ですけど、ボク自身はちょっと感慨深いものがあります。というのも、時計業界では2000年頃に大きな地殻変動があり、ブランドの買収が活発に行われたからです。

 カルティエ率いるヴァンドーム・グループがリシュモンに完全統合されたのは1999年。2000年からウァンドームという名称もなくなりました。加えてリシュモンはこの年にジャガー・ルクルト、IWCなども傘下にしています。

 詳しいことはいずれ有料記事で書くことになるでしょうが、この頃にブルガリはダニエル・ロートとジェラルド・ジェンタという時計ブランドを買収しています。当時、ボクはそれに関してCEOにインタビューしており、それから約10年。こうした経緯から「感慨深い」と表現したわけですね。

 取材してみないと何とも言えないのですが、世界的にはあらゆる産業でM&A(企業の買収・合併)が活発に進行しています。日本企業の場合は、世界の市場に出ていく拠点づくりの意味が強いようですが、いずれにしても、M&Aによって資本力や商品力、シェア拡大といったパワーの増強が期待できるわけですね。

 高級ブランドでは、そのほかにも大きな資本グループがあり、要するに世界のラグジュアリー・マーケットをガチンコで取り合ってきたと表現できます。こうなると、人気の高いブランドをグループに引き入れるのは当然のことであり、不人気で改善が見込めないブランドは売却されることになります。一方で、そうしたブランドを買収して建て直そうとするグループもあり得るわけです。

 もちろん、あくまでもブランドの独自性を維持するために、いかなるグループの傘下にも入らないインディペンデントにこだわる会社もあります。

 いずれにしても、大資本による熾烈な戦いの一端が、今回の買収からかいま見えてくるわけですね。

 もっとも、老舗の高級時計に関しては、創業家が経営を続けてきたブランドのほうが少なく、一度は消滅したブランドが復活することも珍しくありません。ブランパンなどはその典型でしょう。つまり、M&Aによって数多くのブランドが生き延びてきたといっていいのです。

 それに比べて、日本では同族支配が長く続いてきたせいか、世界市場を目的にしたM&Aは始まったばかりといえるかもしれません。

 こうしたパワーゲームでは明らかにビジネスはアグレッシブな「肉食系」となります。消費者である限りはまったく関係のない話でも、その中に飛び込むのであれば、のんびりした「草食系」ではいられません。経済学はもちろん、財務会計や金融・投資などの知識も不可欠になってきます。

 そうした勉強を学生時代に、あるいは社会人になってからでもやっておかないと、すぐに「間に合わない」人材になりかねません。

 だからこそ、ボクは経営系大学院=ビジネススクールで学ぶことをオススメしてきたわけです。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

« 頑張れ仏教! | トップページ | 3・11巨大地震 »

教育・学校」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事