笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« バーゼルワールド2011雑感(1) | トップページ | バーゼルワールド2011雑感(3) »

2011年3月31日 (木)

バーゼルワールド2011雑感(2)

 募金やボランティアによる支援活動は必要なことですけど、こんな時こそ普通の人はいつもの経済活動に励むことが大切だとボクは考えています。でなければ、被災地を救援するための資金(税金も含めて)も得られないからです。

 ある時期までは自粛も必要でしょうが、被災を免れた地域の経済活動が元気を取り戻さなければ、津波にさらわれた町や村の復興もいよいよ遠くなると思うのですが、いかがでしょうか。

 さて、バーゼルワールド2011の話題に戻ります。

 機械式時計といえば高級ブランドばかりを取材しているように思われがちですけど、必ずしもそうではありません。特に日本の景気はまだ立ち直っていないばかりか、今回の巨大地震と原発ですからね。ボク自身もカネに余裕があるほうではないので、10万円~20万円台の時計も意識して取材してきました。

 実際に、スイスからの時計輸入の統計を見てみると、リーマンショック後の2009年はさすがに金額的にガクンと減少しており、2010年も横這いでした。ところが数量ベースで見ると、2005年から減少を続けています。つまり、それまでは高価な時計の輸入が多かったわけです。そして本数的には2010年は逆に2009年を上回っているので、つまるところ輸入される時計の平均単価は下がったものの、本数は上昇したことになるわけです。

 こうした市場では、やはり価格コンシャスにならざるを得ません。ブランド側もそれを熟知しており、10万円~20万円台の時計で魅力的なコレクションが増えてきました。

 その中で、ボクが個人的に注目したのがハミルトンです。

Hamilton_jm_6

 もともとはアメリカのブランドで、ヨーロッパよりやや遅れて流行したアメリカン・アール・デコ・スタイルの時計に代表的なモデルがあります。スイスに拠点を移してからも、その復刻版を発売しており、ボクのような中高年には「ああ、あれか」という馴染みの時計があるブランドです。

 それはさておき、今年のハミルトンは来年に創業120周年を迎えることから、ETAとの共同で新しいクロノグラフ・ムーブメントを開発しました。精度や安定性を向上させたのはもちろん、パワーリザーブが60時間に延びています。金曜日に寝る前に時計を外して放っておいても、月曜日朝までちゃんと動いており、出がけに慌てて巻いたりする必要がないわけです。

 この新ムーブメントを搭載した新作がいくつか登場しましたが、1940年代に製作された伝説のマリンクロノメーターをモチーフとしたドレスウォッチ「ジャズマスター・スピリット・オブ・リバティ」で、価格は税込み予価で15万9600円(写真)。

 ハリソン・フォードのコラボモデル「カーキ」シリーズでも同じく16万8000円。若い人でもちょっと頑張れば手の届く価格といえるでしょう。

 ETAといえば、汎用ムーブメントとして評価しない時計マニアもいるようですが、長く数多く作られたものほど安定性や精度が高まるというのが工業生産の常識です。当たり外れがないと言い換えることもできます。

 加えて、共同開発のオリジナル・ムーブメントで、くどいようですが60時間パワーリザーブですから、この価格帯としては大変にお買い得ではないでしょうか。カジュアルからスーツにも良く似合う、使い勝手のいい時計だと思います。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« バーゼルワールド2011雑感(1) | トップページ | バーゼルワールド2011雑感(3) »

時計」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ