笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« バーゼルワールド2011雑感(2) | トップページ | バーゼルワールド2011雑感(4) »

2011年4月 1日 (金)

バーゼルワールド2011雑感(3)

 バーゼルワールドは、時計宝飾における「世界最大規模」の見本市といわれています。何しろ総展示面積が東京ドーム3・4個分。全部で2000社近くが出展しており、それが6つのホールとテントの「パレス」に分かれているので、すべてを見るのは現実的に不可能といっていいでしょう。

 時計に限れば最も大きなホール1(写真)の1階と2階が中心になりますが、ホール4や5にもユニークなブランドがあるほか、ブルガリは地階に特別な専用スペースがあります。さらに、今年はライン川に停泊させたボートをルイ・ヴィトンが特設展示会場にするなど、移動するのもなかなか大変なのです。

1

 1月末に開催されたジュネーブサロンでは「水平移動」がほとんどに対して、バーゼルワールドでは「垂直移動」となるのも特徴です。というのも、ブースの1階は商品展示と受付、それに待合所となるので、個室での対応は2階となるのが普通だからです。

 ここで幕張などの見本市を思い浮かべていた人は「エッ」と驚くはずです。展示ブースは隣と板で仕切ったようなものではなく、本格的な建築物になっており、簡単にいえば家が建っているのと同じと考えても間違いではありません。

 ブライトリングのように4層構造のブースもあるので、その最上階ともなれば、ボクのようなオッサンには健康に大変いい運動になります。

 もっとも、取材対応してくれるプレスの方も昇り降りの毎日になるので、お互い様ということですよね。

 世界最大規模だけに、会期中は約10万人の来場者があるので、昼食時も大変です。もたもたしているうちに、あっという間に昼食難民になってしまいます。で、実際には昼に何を食べているかというと、難民化した時は会場外にある屋台のフランクフルトソーセージとパンを食べるのが普通です。なかなか美味なので、1回ならば「これもいいよね」となりますが、2日続けて食べた時にはさすがに飽きました。

 ホール1横の道路に面した向かいには小さなレストランがズラリとあって、テラスもしつらえられていますが、ここで昼食は注意が必要です。というのも、何かにつけて遅いのです。注文するまでに時間がかかり、食事が出てくるまでにも時間がかかり、精算もレジでガシャーンじゃないので、これも時間がかかります。今回なんかはウェイトレス(といってもオバサンですけど)が計算ができなくて、ボクたちのグループの仲間が電卓を叩いたくらいです。

 次のアポに遅刻してしまうので、心中穏やかではなくなりました。

 ホール1の奥、1階と2階の間のスペースには昔のデパートの大食堂みたいなレストランもあって、さすがにこちらはテキパキしています。スイスの春の名物はアスパラガスなので、これが人気メニューとなっています。

 例年は空き時間を見計らって中華料理の「香港」に行くのが普通というか楽しみになっており、ワンタンスープとチャーハンに全員が思いをはせていたのですが、今年は、な何と閉店じゃないですか。いや、がっかりしました。

「雑感」も何も、単なる食い物レポートかよ、と叱られそうなのでもうやめますけど、スイス出張とはいっても実はこの程度。毎日ドイツのホテルからメッセに通勤して、新作のプレゼンテーションを何度も聞いて、夕方には電車でホテルに戻るという繰り返しに過ぎないわけです。

 せっかくの海外なんだから1日くらいは余裕を、とは思うものの、現下の経済情勢では無理でしょう。どちらかというと、昔のほうがゆったり取材していた気がします。

 というわけで、時計の話はまた次回から続けることにします。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« バーゼルワールド2011雑感(2) | トップページ | バーゼルワールド2011雑感(4) »

時計」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ