笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« だから何なんだ! | トップページ | 「学校歴」の呪縛 »

2011年6月17日 (金)

試練と災難

 ボクは、人間がなぜ生きているのか、この世界がなぜ存在するのか、ということ以外はすべて、必ず理由があると考えています。

 何かの物事がまったく偶然に、奇跡のように起きることはないはずです。それが「風が吹けば桶屋が儲かる」くらいの遠い連鎖にしても、複数の要因が重なったにしても、原因を辿っていくことは可能であると信じています。

 さもなきゃ、誰も勉強なんてするはずがないでしょう。

 学習の本質というのは、そうした「因果関係」の考え方と合理的な追究の方法を教えることで、科学は特にそうですけど、文科系も例外ではないと思ってきました。たとえば実験で、まったく偶然に何かが起きても、その理由が解明されなければ発見だとは認められません。さらに、同じ条件で、他の研究者が同じことをやって同じ現象が起きた時に初めて、その発見が世界的に保証されます。

 だから、何かアクシデントが起きた時には、必ずそれに至る原因や理由があります。そう考えて分析して対処していかないと、必ずといっていいほど同じ悲劇が繰り返されるのです。

 そう考えると、今度の原発事故でさんざん言われた、国会でも東電社長は発言しましたが、「想定外」という言葉の無責任さが分かるでしょう。因果関係を追究する気がないから「想定外」なんて無責任な言葉がポロリと出るわけです。

 もう一つ、「神は乗り越えられない試練を与えない」という言葉があります。美しいセリフではありませんか。勇気が出ますよね。

 でも、本当にそうなのでしょうか。私たちに与えられた「試練」はすべて乗り越えられるかというと、現実的にはそんなことはないでしょう。原発事故では、すでに自殺者が出ているではありませんか。

 実は、この言葉にはトリックが隠されているのです。

 ポイントは、災害や事故などではなく「試練」という言葉を使ったことにあります。災害や事故は客観的な表現ですが、「試練」は個人が主体的に感じる印象を言います。つまり、自分が「試練」と感じなければ、「試練」にはならないのです。

 だから、より正確に言い直せば、次のようになります。

「人が試練だと感じる出来事なら、人はそれを乗り越えられないはずがない」

 試練という言葉の裏には、そもそも問題解決しようという意思が含まれているからです。

 たとえば、恐竜が短期間で滅亡したような大隕石の衝突だとか、地球が真っ二つになるような事態は、普通の個人にとっては試練と感じられる範疇を超えています。早い話が災難で、こんなもの試練って言えるんかいという出来事ですよね。地球物理学や生物学の研究者とか、宗教家は別ですけど。

 ただ、客観的には些細なアクシデントでも、人は時に試練のレベルを超えたような大きなショックを感じることもあります。それに、ほとんどの困難を解決していくのは人間の「意思」「意欲」にほかなりません。諦めたら、それで終わりになってしまう。

 そういう意味では、トリックを内包した言葉のほうが、人間心理に与える効果は高いのです。

 ボクがベストセラーを出せないのは、こういう考え方に原因があるような気がしますけどね。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« だから何なんだ! | トップページ | 「学校歴」の呪縛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

哲学」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ