笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« SIHH2012雑感(2) | トップページ | SIHH2012雑感(4) »

2012年1月30日 (月)

SIHH2012雑感(3)

 先週に続いて、もう少しだけハイエンドな新作を続けます。あまりにも高額なので、自分には関係ないやと感じる人もいるでしょうが、マーケティングの理論に従って価格ベースでプロダクトを考えるのではなく、できることの限界に挑戦したモノづくりもあっていいと考えるからです。となれば、売値が最初にありきではなく、最終的な価格は昔のような積上げ型になります。これだけの能力や先端技術や材料、そして労力を使い、それにふさわしい希少価値があるのだから、結果的に超高額になりましたという、現代の経営学ではおよそ否定されそうなモノづくりです。

 けれども、数は極端に少ないものの、そうした究極を求めており、かつ購入できる人は、資本主義である限り世界に必ずいるわけです。どうも日本というのは、こうしたモノづくりを避ける傾向があり、それはそれで一つの見識ではあると思いますが、それだけではつまらないじゃないですか。

 前置きがつい長くなりましたが、今年のSIHHをボクが取材した限りで最高価格の時計はリシャール・ミルの「RM056」でした。ケースはサファイアクリスタルのブロックからの切り出しであり、このケースの製作だけで約1000時間を費やしたそうです。トゥールビヨンのクロノグラフというだけで凄いのですが、新開発のスプリットセコンド機構を備えているほか、高速回転バレルなど、いつもながらの最先端技術が導入されています。

 昨年も説明したように、機械式時計は機械工学の分野であり、クォーツはそこから派生してきた電子工学といっていいと思います。リシャール・ミルは、この機械工学による時計づくリに現代の先端材料を使い、様々なハイテクノロジーを開発してきました。このことから「時計界のF1」とも呼ばれています。設立も2001年ですから、まさに21世紀にふさわしい機械式でスーパーハイエンドを志向してきたのです。その一つの究極が、この「RM056」なのでしょう。

 ちなみに、ということで価格を紹介すると、税込みの予定価格で1億4700万円(5本限定)。この価格をどう判断するかは人それぞれですけど、すでに引き合いがあるそうです。

Rm056_front_2

 ボクが個人的に興味を惹かれたのは、トゥールビヨンのムーブメントを30度傾斜させて搭載した「RM053」かな。まだきちんと調べていないので、詳細な説明は省略しますが、「ダイヤモンドと同等の硬度のチタンカーバイド」を採用しており、時計のスタイルとしても極めて斬新です。                  

 こちらの価格は5187万円(税込み予価)で限定15本。

 時計に限らず、こういうチャレンジングなプロダクトがなぜ日本では生まれてこないのかと常々ボクは不満に思ってきたので、敢えてご紹介することにしました。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« SIHH2012雑感(2) | トップページ | SIHH2012雑感(4) »

時計」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ