笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« アスレチック・ジム | トップページ | 『なぜか笑介』 »

2012年2月23日 (木)

義務教育での留年

 何でもかんでも、新しい提案にはとにかく脊髄反射的に反対する人がいるんですね。橋下大阪市長が「義務教育でも留年させたら」と言うと、教育長(だったと思います)が即座に反論していました。あくまでテレビの報道で見た限りですが、その反論の根拠はやっぱり海外の事例で、留年させると子供たちの意欲を殺ぐ結果になるというのです。

 そこで橋下市長が「だったら、できない教科だけ留年させればいいじゃないですか」と答えたのですが、これはむしろ教育長が逆提案すべき内容でしょう。あくまで雰囲気からの判断で恐縮ですが、これでは橋下市長に対抗できるはずがない。「変えろ」という指示に対して、何の提案もしないで、ただ「イヤです」と言っているだけですからね。子供のケンカと違うのは、海外の事例を挙げたことくらいです。

 この「海外の事例」というのも「やっぱり」と付け加えたように、大いにクセ者で、自分に都合のいい事例しか持ってこないわけです。このブログでもさんざん指摘しましたが、イギリスでは消費税を食品などに課税しないなんていう都合の悪い事例は無視され続けてきました。それで、ただ税率だけを海外と比較して、日本は低いと言われてきたのです。

 海外に事例があろうがなかろうが、必要なことはやるべきだし、良いと判断できることなら事例がなくてもチャレンジしてみるべきでしょう。

 何よりも、義務教育でも留年させるとなると、最も困るのは子供ではなく、先生を始めとする教育公務員ではないでしょうか。「A先生のクラスは今年は1名だったけど、キミのところは5名。ちょっと多いなあ。指導はどうなのよ」なんてことになるからです。もちろん素晴らしい教員も少なくないので、むしろ留年させたほうが指導の優劣が明確になると思うんですけどね。誰も表立って言いませんが、それが気にいらないとしか思えないのです。

 政治や行政による教育への直接介入は、確かに危険であり、混乱を招きやすいので、ボクも反対です。けれども、これまでと同じでいいとも思いません。つまり、教育する側が自主的に率先して改善や改革をしない限りは、いわゆる「外野」からいろいろと言われるに決まっているじゃないですか。そのたびに「とにかく反対」では、いよいよお話にならないということです。

 こういう構図が面談のちょっとした会話で透けて見えるから、テレビは怖いんですね。橋下支持派が多いのも納得せざるをえません。 

 ボク自身は留年に単純に賛成というわけではありませんが、子供の将来を考えれば、たとえば分数の掛け算ができない子供を、留年させられないからといって高校に送り出していいのでしょうか。

 高校進学率は98.2%(平成23年度学校基本調査)で、ほぼ全入です。大学だって進学率は今や50%以上で、新入生の学力不足が指摘されたのも最近のことではないのです。

 犯人探しは本意ではありませんが、基礎教育の重要性は誰だって理解できるはずです。「留年」という提案は過激に見えますが、要するに教育の根っこの部分の見直しだろうとボクは感じます。だったら、むやみに反対するという態度はやはりおかしい。

 義務教育はいったい何を目的にしているのか、その達成度の判定をどのようにしているのか、そして、それに達していない子供たちへの教育手法は十分なのかと見直さない限りは、「留年」派のほうが優勢になっていくのではないでしょうか。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« アスレチック・ジム | トップページ | 『なぜか笑介』 »

教育・学校」カテゴリの記事