笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« バーゼルワールド2012雑感(終) | トップページ | スキャナ買いました »

2012年3月30日 (金)

身分給と職能給

 巨額の年金資金が、AIJとかいう投資顧問会社のおかげで「溶けて」しまいました。詐欺の疑いがあるとはいうものの、年金基金の運用責任者はそれを見抜けなかったのかと疑問に感じていたら、3月29日付けの日本経済新聞の報道で背景がよく分かりました。

 厚生労働省の発表によると、まず全体の3分の2にあたる366の厚生年金基金に旧社会保険庁などの国家公務員OBが天下りしており、役員任期が切れたら「公募」にしなさいと要請されていたにもかかわらず、公募を実施したのは37基金だけだったそうです。

 次に、運用の担当職員で証券アナリストやFPなどの資格を持つ人は僅か2%で、その9割は資産運用業務の経験がなかったと報告されています。これは国家公務員OBだって同じでしょう。

 つまり、ごく大雑把に言ってしまえば、老後の大切な資金にもかかわらず、責任者である役員も運用担当者もまっさらの素人だったわけです。これでは簡単にダマされるのも無理はありません。だから監視体制を強化しろ、という意見もありますが、そうなれば警察官をどんどん増やすようなものですから、行政経費も大きくなります。かくて大きな政府になれば、ますます財政負担が増大することになるではありませんか。

 早い話が、損失を絶対に出してはいけない巨額の資金運用なのですから、なんでプロフェッショナルに任せないのでしょうか。

 このあたりに、ボクは日本の組織のイビツさを感じてしまうのです。つまりですね、彼らは身分給をもらっているわけで、決してその職能を評価されて天下りや資金運用担当者になったのではないということです。天下りの場合は古巣の役所に顔が効くということもあるでしょうけど、それは資産運用に関する職能ではありませんよね。にもかかわらず、役員だか責任者になって高額な給与をいただくということは、明らかに職能給でなく身分給ではありませんか。

 似たような事例はほかにも一杯あります。特に管理職の場合は、それを身分だと勘違いしている人もいるはずです。マネジメントという職能を発揮すべき業務なのに、立場の論理を押し通したり、不勉強で人材をうまく使いこなせないわけですね。

 以前にも書きましたが、現場の社員と管理職は職能が異なります。現場にしても職能は必要ですけど、要するに野球でいえばピッチャーやバッターなどの選手と、監督の仕事が同じであるはずがない。なのに、いい成績を残したという理由だけで選手引退後に監督にするから、「名選手必ずしも名監督にあらず」ということになるのです。

 どうも日本の組織は、この職能意識に欠けているのではないかと思わざるを得ません。身分給にこだわるから年功序列が今も続いており、人材の流動性にも乏しい。それどころか、伸びようとする人の足を引っ張るような側面だってあるじゃないですか。

 今のような経済情勢でそんなことをいつまでも続けられるはずはありませんが、客観的で適正な職能評価に基づく人材配置や昇進や給与体系にしておかないと、日本の将来は相当にヤバいのではないかと、今度の事件でつくづく感じたのです。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

« バーゼルワールド2012雑感(終) | トップページ | スキャナ買いました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事