笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« エージェント | トップページ | ジェスチャー入力 »

2012年5月14日 (月)

カニバケツ

 「ドジョウ豆腐」は紹介したことがありますが、「カニバケツ」というのは知りませんでした。

 読む本がなくなって、書店でひょいと手にしたのが町山智浩氏の「USAカニバケツ」(筑摩書房)でした。彼は「未公開映画」を紹介するテレビ番組のキャスターをしていた関係で以前から注目していたコラムニストですけど、アメリカ在住だけあって、サブカルやポップな話題に実に詳しいんですね。

 ボクたちが知っているアメリカは新聞でいえば政治面や経済面ですが、この本が対象とするのは社会面というか、三面記事=タブロイド紙であり、それだけに面白くて一気に読んでしまいました。

 カニバケツというのは、「たくさんのカニをバケツに入れておくと、フタをしなくても逃げないという。一匹がバケツから出ようとすると他のカニに引きずり下ろされるからだ」そうです。いかにも日本的な感じですけど、どうやらアメリカも例外ではなく、格差社会がもたらす滑稽にも見える悲喜こもごも(?)が紹介されていました。

 1999年から2004年までに発表された記事をまとめたものなので、話題によっては古く感じるものはありますが、高校生による銃乱射事件などの背景が何となくにせよ、見えてきたような気がします。

 特に白人の貧困層による底辺の広がりは深刻で、そこから這い上がることが絶望的に困難であることから、学校ではハードなイジメがあり、社会でも様々な犯罪が生み出されてきたようです。アメリカの私立大学は日本なんかメじゃないほど学費が高いので、貧困の連鎖は最近の話題なんかではないわけですね。

 日本はまだまだ「それに比べれば」と表現できますが、それでも格差社会の入口には確実に足を踏み入れています。中でも大学新卒の就職難がそれに拍車をかけていくことになるでしょう。

 日本はアメリカを10年遅れで追いかけているなんていわれましたが、悪いことまで真似しなくてもいいのにね。考えてみれば、アメリカは消費文化とセットで格差を輸出してきたのかもしれません。おっと、取材に出かけなきゃいけないので、このあたりで。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

« エージェント | トップページ | ジェスチャー入力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ