笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 無料のサウナ | トップページ | ソーシャルビジネス »

2012年7月20日 (金)

秋入社

 ホテルなどを運営する星野リゾートでは、内定学生の入社時期を春と秋から選べる制度を導入するそうです(日本経済新聞7月19日朝刊)。来年度の採用予定者は約180 人というのですから、小さな会社の気紛れではありません。もちろん秋(9月)に入社した場合は、それまで給与は出ませんが、キャリアに影響することもないとしています。

 この会社は沖縄の竹富島で地域文化を活かした素晴らしいリゾートを経営しており、いつか行ってみたいと思っていたのですが、いいじゃないですか、この制度。ボクはかねてから大学の出口と会社の入口がスキマなく完全密着していることに大きな疑問を感じていたので、異論なく大賛成です。

 入社時期を一斉に秋にするのでなく、春も選べることが特に評価できます。金銭的に厳しい学生もいるので、そんな人は春から働いて給与を得られるわけです。いくらか余裕があるなら、約半年を自由に過ごして、それから会社に来なさいというのですから、実に素敵な制度ではありませんか。

 その半年の間に内定者は気が変わって入社を辞退するかもしれません。会社側はそんなリスクは承知の上でしょう。それでも、無理に早期から囲い込みをして、よく言われるように3年で3割が辞めてしまうよりはるかにいいと判断しているはずです。

 観光会社から内定を得た上で9月まで入社が猶予されるのですから、その間に何をしようが観光業の視点からものを見るようになります。その経験が入社後に生きてくるわけですね。

 こういうことは、むしろ社会的な影響力を持つ大企業が率先してやるべきでしょう。半年ばかり新人の入社が遅れると、業務に甚大な影響が出るという会社のほうがおかしいじゃないですか。にもかかわらず、大学卒業の1年も前から採用面接を行い、翌年の3月卒業直後に4月から入社。こうした慣例が果たして合理的なのでしょうか。

 以前に、このブログで「給料日はなぜ25日か」と紹介しましたが、それとまったく同じで、この国はあまりにも慣例を厳守し過ぎです。思考停止といってもいいんじゃないかな。「いじめ自殺」で教育委員会の形骸化が指摘されていますが、であるなら教育委員会なんて制度は即刻やめればいい。ことなかれ主義の名誉職に税金を費やす余裕がいったいどこにあるのでしょうか。

 このように書くと、有識者なんて呼ばれる人は必ず屁理屈を付けてきます。教育の自由や独立を持ち出す人もいるでしょう。しかし、生徒が1人亡くなったにもかかわらず、あの程度の対応しかできない組織を維持・存続していく理由にはならないはずです。

 やはり「どこ見てんだお前ら」ということなんですよね。会社であるなら社員の能力や意欲を存分に発揮できる制度が必要であり、それによって顧客創造を行っていくのが本筋ではありませんか。昨日のブログで、会社にシャワー室を作れなんてことを書きましたが、それが社員の元気回復や意欲喚起になるなら有効な設備投資であり、決して冗談事ではないのです。

 改革だのイノベーションだのと口先だけはご立派でも、変える、あるいは変わることに脅えている人が少なくないことが、この国の経済を停滞させている根本的な原因ではないでしょうか。

おっと、来週は大阪出張なので、月曜・火曜とブログはお休みいたします。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

« 無料のサウナ | トップページ | ソーシャルビジネス »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事

就活」カテゴリの記事