笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 何かがおかしい | トップページ | 批評から提案へ »

2012年8月 8日 (水)

紙の本の未来

電子書籍がいよいよ本格化しそうな気配を見せています。何しろボクが書いた本の電子化承諾依頼がやってきたほどですから、これからはキンドルやiPadなどの「板」、じゃなかったタブレット端末で本を読むことが普通になっていくのでしょう。

紙を大量消費する本づくりより自然に優しいのはもちろん、印刷というプロセス自体をカットできることで、制作費も大幅に削減できますから、出版という産業構造自体もこれから大きく変わっていくはずです。それがボクのようなモノカキにどんな影響を与えるのかはまだ予想できないまでも、すでに新聞も含めた紙メディアへの広告量はかなり減少したといわれます。

このことから、広告料依存型の豪華大判デカ厚雑誌はすでに旧世代のビジネスモデルと見做されており、廃刊が続いた時期もありました。

 それより以前から、紙の本に対する意識も変わってきたようです。あるアルバイトの女性が、ぶ厚い文庫本をバキリと割った半分を会社に持参して読んでいたのを見て、びっくりしたことがあります。紙の本を神格化してきたボクの世代には考えられないことです。

 さらには、その作家もそのような読まれ方を意識しており、文章が次のページにまたがらないようにしていると聞いて、二重に驚ろかされました。

 要するに、出版物は端的に言えば大量生産されたコピー商品なのですから、そこに過剰な付加価値を見いだしてきたボクたちのほうがサイコだったのかもしれません。

 実はボク自身も、書物を壊さないまでも、二度読むような本は希有です。それを抱え込むのは経済的に不合理ですから、10年ほど前に大量の本や雑誌を思いきってブックオフに売ってしまいました。確か段ボール箱で15個くらいだったかな。

 このように説明すると、本や雑誌の電子化はどんどん進んでいくように思えますが、決してそうではないという確固たる実例をボクは知っています。おそらく多くの本は電子書籍として登場するでしょうが、紙の書物も絶対に残るはずです。

 というのも、時計業界では1969年に高精度のクォーツが登場して、ゼンマイと歯車で動く機械式時計が絶滅寸前になりました。初期のクォーツは高価でしたが、量産可能なことからすぐに安価となって世界に普及したからです。

 テクノロジーは後戻りを許さないため、安価で高精度なクォーツがやがて機械式時計を完全駆逐すると見られていたのですが、現実を見ていただければ分かるように決してそうではないんですね。

 世界では1980年代後半から、日本でも1990年代初頭あたりから、機械式時計は劇的に復活しました。アンティーク時計から人気に火がついたなど諸説ありますが、要するに機械式時計は高級品という新たなステイタスを得て市場に返り咲いたのです。

 たとえば航空機がジェットからプロペラに戻ることはなく、エアコンが扇風機に再び取って替わることはなくても(補助としてはあり得ても)、人間の生活や生身に密着した機械やモノは必ずしも逆戻りのない一方通行で進化していくわけではありません。

 このあたりは有料原稿とバッティングするので省略しますが、紙の本だって機械式時計と同じようにならないとは誰にもいえないわけですね。

 ただし、どんな本でも紙で生き残るのかといえば、もちろんそうではありません。情報集約型ガイドブック、ハウツーや実用書、それに一回読めば十分というタイトル頼りの話題本とか底の浅い自己啓発本は、コストと実売の関係から紙で製本したらペイできないはずです。

要するに、電子書籍に比べて高価でも、紙の本として身近に長く置いておきたい魅力を備えた内容でなければ、売れるはずがありません。では、そうした本を、出版業界はこれまでどれだけ作ってきたのかという反省も必要でしょうね。

 ここから先は企画・編集だけでなく、流通などの問題も含めて長くなるので省略します。ただ、「すぐに役立つ知識や情報は、すぐに古びてしまう」という言葉が、重要なヒントになるだろうとボクは考えています。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

« 何かがおかしい | トップページ | 批評から提案へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ