笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« あったらいいな | トップページ | 『白雪姫』 »

2012年10月19日 (金)

あったらいいな(続)

 昨日のアイデアを発展させると、つまりはカーナビを超えた本格的な「ドライブ・コンピュータ」ということになります。1980年代前半に「ナイトライダー」というアメリカのテレビ番組が放映されており、スーパーカーに言葉を話す人工知能が搭載されていました。「敵が追いかけてきました。その角を右に曲がってやり過ごしてください」などと人間に指示を出すわけで、あんなクルマがあったらいいなと思ったものです。

 今ではスマホに声で呼びかけるだけでネット検索してくれる時代ですから、必ずしも不可能とはいえないでしょう。そりゃ調べれば首都高速の混雑状況くらい分かります。ラジオだって放送しています。けれども、情報があまりにも多いと人間には手に負えなくなるわけで、これをうまく整理して、必要なことだけを音声で教えてくれる、とかね。

 ここらで分かってこなきゃいけないのは、人間相手のメカやソフトであるのなら、もはや理科系の技術だけでは十分ではなく、何度も指摘してきたように、人間に精通した文科系も開発に最初から参加しなければいけないということです。製品化する時には美術系、音楽系の人材だって必要じゃないですか。

 にもかかわらず、それらの専門領域が分断、あるいは孤立していることが、ボクは今日の最も大きな問題であり課題だろうと思うのです。

 たとえば最新の機械式時計では、伝統的な職人技の世界に、機械工学と物理学の博士号を持つ科学者が参加しています。そのおかげで300 年以上も基本構造が変わらなかった調速脱進機構で、ヒゲゼンマイのないテンプが開発されているのです。時計好きなら理解できるでしょうが、これは革命的といっても過言ではありません。

 その逆に、理工系分野に文科系が積極的に参加することで、新たなブレイクスルーや、より人間に近い機械が開発できるのではないかとボクは思うのです。

 いま使っているワープロソフトにしても、どう考えても理科系の発想だなと感じるところが結構あるわけですよ。文章を書いて生活している人間から見ると、こうすりゃいいのに、ああすればもっと便利なのに、と不満はいろいろあります。しかし、こういう人間がワープロソフトの開発段階で参加しているのでしょうか。

 仕事のプロセスとしては面倒くさい話ですけど、それをスルーして既存の体制で何とか新製品や新技術となるから、後追いが多くなるのではありませんか。

 これからの日本が再び浮上するための課題は、やはり世界をアッといわせることだとボクは考えています。iPS細胞もそうですけど、そんなことを知財管理も含めて、たった1人だけで完全に実用化できるわけがありません。画期的な発見や発明をコアとして、それにどういう分野の知性や創造性を持つ人材を絡めて、どのようなビジネスにしていくかというチーム・ビルディングが、MBAにおける経営学の新しいテーマではないでしょうか。

 そうした最新の代表的なビジネスモデルが、ノーベル賞の山中教授チームだとボクは思うわけですね。コトは個人的な新発見・新発明のレベルではなく、明らかに組織論の段階であり、だからこそカネがかかるということをもうちょっと理解すべきでしょう。にもかかわらず洗濯機を贈呈しようと呼びかけた田中真紀子センセの冗談というか思いつきは、茶番というより醜悪というほかありません。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

 

人気ブログランキングへ

« あったらいいな | トップページ | 『白雪姫』 »

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事