笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« リクルート(前) | トップページ | 言ってはいけない »

2013年2月13日 (水)

リクルート(後)


「日比谷線の売店は軒並み完全に売り切れだって。千代田線も残り少ないらしいよ」

 

 読売新聞社発行の『週刊読売住宅案内』が創刊された午前中の会話です。この露骨な誌名で分かるように、昨日に紹介したリクルートの『週刊住宅情報』にぶつけた明白な競合誌です。正確な発行年を忘れたのでネットで調べてみましたが、何も出てきませんでした。そりゃそうです、インターネットはもちろんパソコンが普及する以前の大昔の話ですもんね。でも、リクルートのほうはちゃんと残っているので、関係者としてはちょっと悔しいなぁ。

 

 ただし、ボクのへたくそな手書きによる「創刊企画書」はちゃんと残っており、その表紙に1982 121日と記されています。それから1か月で週刊誌を発行できるわけがないので、その翌年というのが正しいようです。

 

 この頃の『週刊住宅情報』は数百ページという信じられないボリュームがあり、広告料を単純計算しても週1回で売上げは数億円にはなったはずです。あまりにも本が厚くなるので、特別に開発した薄紙を使用していたと聞きました。記事が裏写りしない究極の薄さだったそうです。

 このような不動産物件の「週刊」情報誌なんてほかにありませんでしたから、同社の完全な独占市場であり、巨大なドル箱になっていたわけです。そんな市場に大手新聞社が名乗りを挙げて本格的に追随してきたのですから、かなり震撼したようです。その証拠として、冒頭の会話となるわけですね。

 スキャンダルを掲載した週刊誌じゃあるまいし、いくら創刊といっても不動産情報誌が売り切れるほど人気や話題になるはずがありません。つまりはキオスクから新雑誌をなきものにしようと買い占めたのではないか、と。まぁ30年くらい前の話ですから、本当のところは分かりません。

 

 しかし、それから4年ほどであっけなく休刊となって勝負はつきました。休刊というのはタイトルだけ残すことで、復活なんてほとんどあり得ないので実質的な廃刊です。その敗因はほぼ特定できますが、ここでは説明しません。ボク自身も疲れ果てて、会社員を続ける気がなくなっていました。だから、敗戦処理を終えたら自由気ままなフリーランスになるはずだったのですが、ちょっとしたきっかけから会社を設立することになったのです。

 

 とはいえ、会社を作ったからといってすぐに仕事がやってくるはずがありません。しばらく開店休業を続けるうちに、新聞で小さな募集記事を見つけました。企業の入社案内などを制作している会社が編集プロダクションを探していたのです。そこで知り合った担当の女性が偶然にも『週刊住宅情報』の元編集者であり、時期も重なることが分かりました。

 

「廃刊決定を知ってから、仏壇を模した場所に本を供えてね。みんなで万歳三唱したわよ、うふふふふ」

 

 それくらいボクの参加した雑誌は憎まれていたようです。しかし、あくまでもライバルですからこんなのは当然であって、むしろ同情なんかされなくてホントに良かった。ただ、彼女もリクルートを退職する積極的な理由はなかったようです。ボクと同じく、一区切りついたという感覚でしょうか。今は知りませんが、当時の同社には勤続年数の長い社員が数少なく、若いうちに独立するなり、新しい居場所を見つけることが社風となっていました。このあたりは大前研一氏の語るコンサルティング会社のマッキンゼーと何となく似ていますよね。

 

 実際に、彼女はすぐにその会社も退職。独立してしまいました。このように独立心が旺盛な社員が多く、その後の仕事でも同社出身の社長が率いる会社と出会うことが少なくありませんでした。ボクは中にいたことがないので分かりませんが、おそらくは入社選考の段階からそうした人材マネジメントを行っていたのでしょう。中には面接で生意気にも「5年以内に独立します」と宣言して採用された若者がいますが(普通の会社なら間違いなく不採用でしょう)、今では上場企業の社長ですもんね。

 

 こうした人事の考え方は、終身雇用・年功序列を基本とする日本型経営の対極にあります。人材を一生に渡って「抱え込む」ことで個を維持するのではなく、限りない「分裂と増殖」によって全体の生存を維持・継続していく。分子生物学者の福岡伸一氏が言うところの「動的平衡」を、リクルートは意識しないでやろうとしたのではないか。ところが保守的な日本社会は敏感にそれを察知して、後年のホリエモンのごとく、江副氏を狙い撃ちしたのではないか、なんてね。

 

 ちょっと推理がエスカレートしてしまいましたが、21世紀にもなってデフレだの新卒の就職難やら安定志向なんてことを聞くと、ついついあの頃のリクルートを考えてしまうのです。

 

 もう少し詳しく同社の出身者をご紹介しようかと思っていたのですが、活躍中の方も少なくないので、それによってご迷惑をかけることもあり得るとハタと気づきました。昨日の予告とは羊頭狗肉になってしまい、まことに申し訳ないのですが、この項はこのあたりで。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

« リクルート(前) | トップページ | 言ってはいけない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ