笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« You are the one that I want | トップページ | 奇妙な二人 »

2013年4月 8日 (月)

諦めが早すぎる

 

 もう10年以上も前から、某ブランドのあるタイプの靴を愛用してきました。色も黒と決めていることから、購入する時も二足一緒で、一方は日常履き、もう一方は取材用としてきたのです。

 

 このうち取材用の靴がいささか疲労してきました。4月下旬には例によってスイスの時計展示会に出張するので、これを補充しようとデパートに出かけたわけですよ。ブランドもタイプも色も決まっていますから、普通は素早く終了するショッピングなのですが、残念ながら指定のサイズが在庫切れ。「メーカーにも在庫がなく、新規入荷はゴールデンウィーク明けになるそうです」と説明されたので、「それでは間に合わないので結構です」とボクは売り場を後にしました。

 

 さて、この店員の応対を皆さんはどう思いますか。「普通」と考える人が大半でしょうね。ボクもしつこく引き留められるのは好きではないので、これはこれで正解のように見えなくもありません。

 

 けれども、ですよ(このフレーズ最近多いですね)。特定のブランドの特定の色の特定のサイズが在庫にない、だから仕方がないというのであるなら、売り場に人間の店員が必要でしょうか。たとえば巨大な靴の自動販売機を置いておいても結果は同じで、しかも人間を雇うより圧倒的にローコストじゃないですか。インターネットに「本日の在庫状況」を詳細にアップしておいてもいいですよね(これってマジにいいアイデアだと思いますけど)

 

 ボクも事前に電話で問い合わせておけば良かったと後悔しましたが、いずれにしても、せっかく客が売り場にやってきたわけですよ。にもかかわらず「在庫切れ」を理由に追い返すような結果になるのは残念だと感じないのでしょうか。ちょっと諦めが早すぎねぇかとボクは思うのです。

 

 想定される優等生の反論は「ないものはないのだから売れないですよね」とか何とかでしょう。けれども、それで追い返されたボクはどうすればいいのか。別のデパートに探しに行けばいいだけですが、それはそれで面倒ですよね。かくして、そのデパートを手ぶらで後にすることは不快感しか残らないのです。昔の共産圏のデパートじゃないんだから、もうちょっと親身になって客のケアを考えろよってね。

 

 しかし、何度も繰り返すようですが、指定の商品がたまたま在庫にないわけです。であるなら、ボクがそのブランドのそのタイプの黒い靴になぜこだわるのかを訊ねてみるなり自分で考えてみれば、それと似たような靴がオプションとして浮上しませんかねぇ。たとえばそれを勧めてみることが、人間の店員にしかできないコンサルティングなわけですよ。

 

 しつこい勧誘は論外にしても、店員として給料を貰っているなら、そのような販売努力をするべきです。それこそが「あなたがそこにいる理由」なのに、あまりにも諦めが早すぎる。これって、そのデパートの靴売り場に限ったことではないようにも思います。

 

 後日談ですけど、新宿の某デパートの靴売り場でもやはり在庫は切れていましたが、その後の対応はまるで違うものでした。やればできることを、現実にやっている人たちは案外少ないということにも気づいたほうがいいようですね。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« You are the one that I want | トップページ | 奇妙な二人 »

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事