笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 最小限の努力で最大の効果? | トップページ | 法曹養成制度検討会議 »

2013年5月30日 (木)

人間性

 

 いわゆる「グローバル人材」を英語が上手な人と考えている人はまさかいませんよね。たとえば日本人を「日本語を話せる人」と定義するようなもので、決して必要十分な条件とはいえないわけです。

 かといって、突き詰めていけば、あれもこれもとおよそ不可能な要素が出てきたりして、そんな上等な人材がそんじゃそこらにいるはずがないというオチになってしまいます。

 

 でね、ボクなんかがいろいろな取材を通して見えてきたのは、つまるところ「人間性」なのかなと。これは自分の側から考えると分かりやすいのですが、外国からやってきたビジネスマンがいるとして、彼をどう見るかということです。言っていることや行動から判断すると、どうも自分のことしか考えない個人主義な奴らしい、であるなら適当に協力するだけにしておこうとなりますよね。その反面で、何だか日本人のような浪花節的なところがある奴と分かれば、ちょっと本気で付き合ってやろうかとか。

 

 それと同じようなことを外国人も日本人に対して考えるわけです。そうなると、語学の習熟度なんて実はまったく関係なくて、要するに「こいつはどういう奴なのか」つまり「人間性」が大切な要素になってくるのです。

 

 たとえば先般の大阪市長による慰安婦発言なども、内容の是非以前にそうした「人間性」が見えてきました。以下はアバウトなボクなりのまとめなので正確な引用ではありませんが、自分の発言が予想に反して世論から否定されると「大誤報をやられちゃった」とマスコミの責任にしてしまう。でもって記者から「ならば客観的な根拠のある話をしてください」と要請されると、「そっちには校閲部隊がいるけど、こちらはたった1人だからそんなの無理」ということで「じゃあ、ぶら下がりはもうやめましょうか」と恫喝する。番記者はメシの食い上げとなるじゃないですか。にもかかわらず、翌日には軽くそれを撤回ですからね。

 

 歴史的な事象に関する評価や考え方は人によって違うし、それぞれの意見や思想は尊重されなくてはなりません。しかし、こうした一連の発言からは、どうも彼は良いことは自分のせいで、いけないことはすべて他人のせいにする人だなぁという印象を拭い得ないのです。

 

 ボクたちから遠いところにいるタレントや市長ならまだしも、こういう人と一緒に仕事をしたいと考える人はあんまりいないんじゃないかなぁ。あなたが外国人だとして、この大阪市長が仮に英語が上手だからといってパートナーとして信頼するでしょうか。

 

 そして、この「人間性」は短期間に教育や学習ができるものではなく、ましてやTOEICTOEFLのような数字で判断できる検定試験もありません。けれども、これからは「なぁなぁ」の日本流が通じない連中がライバルになり、あるいは一緒に仕事をしていかねばならない。その時にこうした「人間性」が丸裸にされるわけで、そういう準備と覚悟は大丈夫ですかと問われているわけですね。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

« 最小限の努力で最大の効果? | トップページ | 法曹養成制度検討会議 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事