笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 成長産業って? | トップページ | 『こんな風に過ぎて行くのなら』 »

2013年7月29日 (月)

禁煙中

 

 正直に告白します。嗚呼、煙草がすいたい。あの紫煙を肺の中に無理矢理にすいこみ、でもって両方の鼻の穴からぽわーんと出してやりたい。ヤニというかニコチンというべきか、苦くて臭くて何ともいえない煙をもういっぺん身体のすべてで感じてみたいのです。

 

 前から1日にハイライト2箱はちょっと行き過ぎとは思っていました。単純計算で820 ×30 日だから1か月で24600円。1年ならば30万円近くを文字通りに煙と灰にしてきたわけです。しかしながら、原稿を作る時には何となく必要で欠かせない、頼りになる鎮静剤みたいなものでした。その意味では年間30 万円は必要経費とすら言えるのではないでしょうか。

 

 けれども、アメリカもヨーロッパも急速に禁煙が進行。航空機内はもちろん、ホテルの部屋もほとんどが禁煙で、どうしてもすいたいなら外に出てやれという冷酷な社会環境になってしまいました。日本にしても大学のキャンパスは禁煙が常識的になってきたので、喫煙を継続する教職員の皆さんは苦難を強いられていると思います。

 

 カネがなければ一食を抜いてでも煙草のほうを選んできたヘビースモーカーのボクにとっては、健康はともかくとして、大変に不便な習慣になってきたのです。スイスでは夜中にパソコンに取り組みながら、煙草をすう時にはいちいちホテルの外。しかも雪が舞い散る厳冬ですからね。そんな喫煙なら、御利益も乏しくなるってものではありませんか。

 

 自宅の書斎に閉じこもっても営業が成立する作家なら別ですが、取材を前提とするライターにとって、こうした社会環境の変化は影響が大きく、不便かつ非効率の度合いが大きくなってきたのです。

 

 それで昨年の11月に思い切ってやめたのですが、最もトクをしたと感じるのは、健康よりも外出時のチェックでした。煙草の火の始末をいつまでも気にする必要がないというのは、スモーカー以外には理解できない感覚ではないでしょうか。

 

 でもねぇ、28歳の時に半年ばかり禁煙したので分かってしまうのですが、久しぶりの煙草は身体がぐぐっと沈み込むような感覚になるんですよね。それまでは風船のごとくふわふわしたものが、次第に確固とした落ち着いた気分になっていく。あの感覚をね、もういっぺん経験したいのでありますよ。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« 成長産業って? | トップページ | 『こんな風に過ぎて行くのなら』 »

心と体」カテゴリの記事