笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 市場原理 | トップページ | コーヒー »

2013年8月28日 (水)

衝動買い

 

 いつの間にか早起きになったので、6時前からTBSのニュース番組を視聴していますが、近頃は「老害」が目立つように感じるのはボクだけでしょうか。若いアナウンサーに思いつきの言葉を無理矢理に挟み込むので、みんなが絶句するなど、迷惑しているように見えるのです。

 彼の名前を冠した番組だから存在感を示したいというのであれば、もっと勉強してから言うべきでしょう。そこらの無知なオヤジと変わりない興味本位の感想を、なんで朝っぱらのテレビから聞かなきゃいけないのかなぁ。ディレクターやプロデューサーは彼より若いはずなので、きっと制止できないのでしょうが、それまでの名誉を惜しむのであれば、そろそろ引退したほうがいいんじゃないでしょうか。実際に彼が夏休みの時のほうが抵抗なく視聴できましたからね。

 

 それはさておき、デジタルカメラを衝動買いしてしまいました。ペンタックスQ7。初めて見てから2日目に購入したので、ボクにとっては異例の早さであります。今使っているMacBook Airなんて軽く2年がかりでしたから。

 本革のカバー(とはいっても中国製)も含めて6万円ちょっとで決して安くはありません。でも、羽田・福岡の往復正規航空料金くらいかな。って、それが比較になるのかよと自分でボケ&ツッコミをするくらいの勇気を必要としたのです。

 

 しかしながら、公明正大な理由もちゃんとあります。これまで使ってきたキヤノンのデジタル一眼レフが大きくて重すぎるのです。カバンに入れて持ち運ぶと、時間が経つにつれて鉄の鋳物の塊であることを強く実感するようになります。そう考えていたところに、ミラーレスのカメラが新作としていろいろと登場しました。反射ミラーがない分だけ軽くなっていますが、つまりはコンパクトカメラと同じで、ファインダーを通して被写体を直接に視認することはできません。少しばかり軽くても、そんなことなら一眼レフにこだわりたい。けれども、やっぱ重くて大きいというジレンマに悩んでいました。

 

 そこに颯爽と登場したのが、ペンタックスQ7だったのです。小さくて軽いのはミラーレス一眼なので当然ですが、ボクがファインダー主義を捨てたのは、その秀逸なデザインにありました。要するに、ライカ的な「昔の一眼レフ」をそのまま小さくした感じなのです。それゆえにレトロで、根拠はありませんが、女性なら80%以上が「まぁ可愛い!」と言うんじゃないかな。

 機能はもちろん本格的ですけど、外観も昔の本格的なカメラに見える。それなのに実際は小さくて軽いデジタル一眼。これがボクに衝動買いさせた大きな理由です。

 

 他のコンパクトカメラもデザインに優れたものがないわけではありませんでしたが、やはり機能に縛られており、その中でジタバタと工夫している印象でした。アバンギャルドを感じさせるデザインにしても、あくまでも未来形として、コンパクトカメラという枠を逆に自ら強調する結果になっていました。

 

 ところが、ペンタックスQ7は「昔の一眼レフ」の復刻ですから、発想の立ち位置そのものが異なります。それだけにデザイン的な斬新さはまったくありません。そんなのはむしろ不要であって、そのほうがレトロかつ新鮮に感じるから面白い。異論もあるでしょうから、ヒマがあったら量販店などでご確認ください。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« 市場原理 | トップページ | コーヒー »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ