笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 固定電話 | トップページ | 水に落ちた犬は…… »

2013年10月23日 (水)

人材の流動化

 

 政府の教育再生実行会議が大学の入試制度改革を検討しているそうです。ちょっと前には相当に先走った報道で「面接で東大合格?」などとテレビや夕刊専門誌が騒いでいましたが、そんなことがあるはずないですよね。

 本日の日本経済新聞によれば、これまでの大学入試センター試験に代わる新しいテストと、高校生の学習到達度を確かめる基礎学力テストという2つの試験の名称を「達成度テスト」と統一して検討を進めていくとしています。

 

 現行の試験制度が万全であるはずはなく、1~2回のペーパーテストで大学入学に際しての学力や能力を判断するというのも問題はあるでしょう。実際に、たまたま志望大学の入試時にひどい風邪をひいて断念。後で仕方なく受験した2次志望の大学入試でトップの成績を取ったため、入学段階から学費を一円も払うことなく、総代として卒業した人がいます。

 

 そんなこともあるので、入試の制度改革は、政府や行政の各種施策と同じく「やらないよりはやったほうがいい」ことですが、それ以前に「人間の能力を試験で判断できる」という誤謬並びに思い上がりを解消することが必要ではないかとボクは考えています。

 

 就活の面接なども典型的ですが、どんな試験にしようが、それが制度として確定した瞬間からテクニックが問われるものになるのです。つまり、その試験のための解答技術を身に付けないと高得点が取れない=他者と差がつかなくなるわけです。仮に同じ学力・能力の人間が2人いるとして、1人は何も準備せず、別の1人は予備校などで解答テクニックを訓練したとすれば、結果は明らかじゃないですか。片方は貧困家庭で、もう片方が経済的に潤沢とすれば、結果はさらに分かりやすいですよね。

 そもそも試験というのは、高度化すればするほど、その準備が結果に影響してくるので、本人の地アタマが分かりにくくなるという矛盾を抱えていることに何故みんな気づかないのか不思議でなりません。

 

 加えて入学時点では好成績でも大学の勉強はまるでダメという学生や、成績優秀で学部を卒業して大学院に入学したものの、研究ではまるきり創造性を発揮できない凡庸な院生だっているはずです。

 

 これらをまとめると、次の2点に集約されるといっても過言ではないでしょう。

 

1) どんな試験や面接でも人間の学力や能力を十全に判断することはできない

2) 人間は時間を経て成長または停滞・退化する可塑的な生き物である

 

 特に2)の理由があるからこそ、教育が成立していることを忘れてはいけません。というわけで、どんな試験も人間の部分的な評価でしかなく、しかも、その評価すら1~2年も経ったら変化する可能性が高いということです。

 

 だったら入学試験なんてやらないほうがいい。その通りですが、たとえば東京大学に入りたいという子供たちを全員入学させるわけにはいきません。そこで、この2つのポイントを満たす制度にすればいいのです。

 つまり、入学試験で選抜はするけど、勉強できない・しない学生はどんどん留年・退学させる。その代わりに様々な方法で優秀と評価された学生はどんどん入学させる。このように学生の流動化を促進するだけで、何もかもが変わってくると思いますけどね。入学した大学はFランクでも、卒業したのは東大・京大なんてことがあってもいいじゃないですか。

 

 会社の人材採用なんかも同じで、就活の面接で本当の能力なんて分かるはずがありません。だったら、入社段階からの特権的な正社員制度を廃止して、降格・解雇そして抜擢を頻繁にやったほうがいい。就活を綿密に慎重に時間をかけて結局は学生も人事担当者も疲弊するより、そのほうが簡単かつ効率的であり、採用段階のミスも自然にリカバーしていくことができます。

 

 大学も企業も、このように人材の流動化を促進することが、日本を再び活性化する大戦略になるのではないかとボクは愚考しますけどね。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

« 固定電話 | トップページ | 水に落ちた犬は…… »

教育・学校」カテゴリの記事