笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 人材の流動化 | トップページ | それがどうした »

2013年10月24日 (木)

水に落ちた犬は……

 

 いやぁ「水に落ちた犬は叩け」とばかりに、週刊新潮、週刊文春ともに某テレビ司会者へのバッシングが凄いですね。確かに調子に乗ったコメントが少なくなかった御仁ですから、我が物顔の振る舞いなどが目に余ると感じた業界人も多かったのでしょうか。

 

 視聴者であるボク個人としても決して好きな人とは言えませんでしたが、ここまでやられると、むしろ同情を禁じ得ません。本人も「掌を返された」という気分じゃないかなぁ。もっと無神経でタフな人であるような気もしますけどね。

 

 たとえば相撲で派手なガッツポーズをやらないのは、「惻隠の情」という敗者への配慮なわけです。たまたま練習の成果で勝ったけれども、ヘタすりゃ負けていたかもしれないという自分に対する謙虚さであり、それは相手への「想像力」でもあります。勝負の非情さに対する共感があれば、敵だってむしろ同じ志を持つ者であり、戦士という意味で仲間ではないかってね。

 

 そんなことはおかまいなしに、昨日まで安全地帯に隠れて傍観していた人たちが、転んで倒れた人にわらわらと押しかけてきてぶん殴ったり蹴り上げたりしているようにボクには見えるんですけど。その時の大義名分が「正義」だとしたら、ちょっと怖いですよね。それ以前に、隣の大国のマナー違反や無礼を嘲笑できるのかなとも思います。

 

 上記の理由から、本日は実に不愉快極まりないので今回はこの程度で。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 人材の流動化 | トップページ | それがどうした »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

社会・世相」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ