笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 顔の話 | トップページ | 思うて詮なきこと »

2013年11月 7日 (木)

世界の中心で……

 

 そこそこの美男で、それにふさわしい美女と付き合っていたはずの知人がなぜだか別れていたので、驚いて理由を訊いたことがあります。

 

「いかに綺麗で美しいとしても、世界の中心は自分だと思い込んでいる女と一緒にいたくないよ。こっちだって世界の中心にいるんだから」

 

 世界の中心は思いのほか混雑しているみたいですね。

 

 これは随分前の話ですけど、似たようなケースは今でも結構あるんじゃないかなぁ。ボクはとっくの昔に自分を考えることはやめましたが、あまりにも個性を重視したり尊重するような教育や家庭環境にいると、自我肥大の自尊心症候群が昂進して、次第に世界の中心方面へ移動することになるのではないでしょうか。

 

 そんな人が失恋や就活失敗など自分を否定されるような事態に直面すると、機能不全ならまだしも、壊れたロボットじゃありませんが、異常反応を起こすようになります。いえね、別に調べたわけではありませんが、たびたび世間を騒がせるストーカー事件や無差別通り魔事件も、そうした異常反応の一種ではないかと思うのです。

 

 教育は学力だけでなく、個性の発達や自主性を促すことも本筋ですが、逆に一般的な宗教ではそもそも世界を神様が作った、あるいは仏が魂を救済するというように、超越的な絶対者を想定しています。

 つまり、世界の中心にはすでに神様や仏様がドデンと鎮座していらっしゃるわけですから、人間ごとき卑小な存在がアナタ、そんな場所にいられるはずがありません。世界の中心にはいかなる人間もいないのであります。

 

 そうした超越的存在を仮定あるいは認めた上での人間復興あるいは個性尊重と言いましょうか、はたまた自由・自立賛歌というべきか、そのような思想が普及しない限り、今後も大勘違いの唯我独尊的な大暴走が続くような気がするのです。

 

 もちろんキリスト教圏でも異常犯罪はあるので、というより無差別殺傷やリベンジポルノなんかは先輩ですから、宗教心さえあれば被害や事件が減るという結論には決してなりません。しかしながら、ちょっとは脆弱な自尊心にストレス耐性のようなものが身に付く気がするんですけどね。

 

 ただ、日本の宗教環境は円満な歴史をたどってきたとはいえません。キリスト教や神道との確執があったほか、心理的に最も大きな悪影響を与えたのがオウム事件ですよね。現在進行形の課題や問題もないわけではないので、セクトに分裂した学生運動の頃のノンポリのように、大多数が危うきには近寄らずになっていることが最も哀しいことではないでしょうか。

 

 だから、このブログでは、伝統仏教の側からもっと世間に意見を発信するべきだと催促してきました。中には積極的に社会参加する若い僧侶もいるようですけど、ボクは公教育が宗教を再認識することがキモではないかと思っています。けれども、宗教を果たしてうまく中立的に()教えられるのかどうか。

  ここから先はとてもボクの手に負える話ではないので、さっさと撤退することにいたします。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

 

 

« 顔の話 | トップページ | 思うて詮なきこと »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事