笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 奴隷制 | トップページ | 昔の話 »

2014年6月10日 (火)

疑問を持てない人

 

 ボクたちは子供の頃から学校で問題を解いてきました。けれども、社会に出ると痛感するのが、問題を見つけるほうが難しいということです。

 

 問題があれば、知恵を絞って、あるいは人に相談するなりして、何とか解答に近いものをヒネリ出すことはできます。でも、問題がなければ、どんな解答も得られません。学校の先生から問題を出されて、期待された解答を出すことに慣れてきた優等生の中には、問題を見つけることが苦手な人がいます。いわゆる「東大まで」とか「就活まで」と言われる人は、ほとんどがこのタイプではないでしょうか。

 

 社会に出れば、もはや問題を出してくれる先生はいません。だから自分自身で問題を見つけなきゃいけない。問題を見つけて、これを解決することで製品やサービスが改善されて便利になったりするので、会社の業績や永続性や給料にもかかわってきます。

 学校では問題を解く能力が採点されましたが、社会では問題を見つける能力のほうが重要なのです。問題の解決策の中にも問題は潜んでいますから、やはり問題発見能力のほうが優位であるとボクは考えます。

 

 でも、問題を他人から貰うことに慣れてきた人は、それがまったくできないのです。問題がないから解答できない、よって自分の実力も発揮できないと考える優等生もいるでしょうね。

 

 ボクはずっと問題を見つける人と見つけられない人の違いはどこにあるのかと考えてきました。でね、何となく分かってきたのです。

 問題を見つけられない人は、解答したくない、つまり物事を変えたくない人なのです。物事を変えたくなければ「見て見ぬふり」となって、疑問が持てなくなります。そうした思考習慣を変えることが、実は最も厄介なことなのです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« 奴隷制 | トップページ | 昔の話 »

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事

哲学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ