笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 少子化対策 | トップページ | 仮説の流儀 »

2014年9月18日 (木)

罪なき者よ

 

 ボク自身も最初にその言葉を想起しましたが、まさか週刊文春の連載で使われるとは思いませんでした。このところ朝日新聞へのバッシングが続いており、中でも同誌と週刊新潮が圧倒的な急先鋒といえるのですが、そんなメディアに「罪なき者、石を投げよ」というタイトルの文章が登場したので驚かされたのです。

 

 しかも著者は、朝日新聞が連載原稿を拒否して大騒ぎとなり、非難を受けてから一転して掲載に至った池上彰氏です。個人的には「分かりやすさ」を過剰に求める世論を盛り上げてきた人だと認識しており、あまり好意を感じたことはありませんでした。分からないことがあれば自分で調べて自ら考える習慣を持つのが基本じゃないか、なんてね。けれども、本日発売の週刊文春9月25日号の連載『池上彰のそこからですか!?』第180回を読んで、そうした見方がコロリと変わりました。

 

 冒頭で紹介した文章は新約聖書(ヨハネによる福音書)にありますが、この当時は姦通の罪を犯した女性は石を投げつけて殺すことになっていました。その時にイエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい」と説いたとされています。このエピソードを前提として、池上氏は「朝日新聞は、私の連載原稿を掲載しない(朝日に言わせると、「掲載見合わせ」)という判断をしました。これに対する各マスコミの非難は大変なものでした。非難は当然とはいえ、その論に加わっていた新聞社は、みんな『石を投げる』ことができるのでしょうか」と述べているのです。この意見は「新聞社」だけに向けられたものではなく、週刊誌や一般雑誌、テレビやラジオ、そしてジャーナリストやライターも等しく含まれていると考えるべきですよね。

 

 朝日新聞批判を続けてきた週刊文春は、この9月25日号でもグラビアで「沈みゆく朝日」として歴代の謝罪会見の写真を掲載していたほか、「追及キャンペーン第5弾」として、「捏造、隠蔽、泥棒まで! 朝日の自壊」として攻撃記事が特集されていました。そんな中でも、池上氏は「朝日は批判されても当然ですが、批判にも節度が必要なのです」と書いているのです。いくら自分の連載とはいえ、この中立・客観的な姿勢には感心せざるを得ません。これこそが「クリティカル・シンキング=批判的思考」と呼ぶべきものではないでしょうか。

 

 ここまで引用してみて、彼の文章には無駄なところがまるでないことにも気づかされました。要約しようとすればするほど改悪になってしまう。そんな文章は誰にでも書けるわけではありません。

 

 朝日新聞が謝罪した慰安婦強制連行や東電・吉田調書などの誤報や間違いを弁護するつもりはまったくありませんが、今のような時代に、ニュートラルあるいは中庸を貫こうとするのは大変です。物事を威勢良く、それこそ分かりやすく簡単に表現しようとするなら、どちらかに傾いて批判あるいは迎合すればいい。けれども、そうした大合唱が建設的な結果をもたらしたケースってあまりないですよね。

 馴染みのない表現かもしれませんが、池上彰氏のように「真っ当」なスタンスに立脚した意見が望ましい明日につながるのではないかと思うのです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 少子化対策 | トップページ | 仮説の流儀 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事