笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« コンテンツ | トップページ | 規制緩和 »

2014年12月25日 (木)

忘れていいの?

 

 焼き肉を食べる時には、必ず産地を確かめるようにしています。スーパーで牛肉を買う場合は、いささか高くても国産を選び、その理由から時々はオーストラリアまたはニュージーランド産で妥協することもあります。ビーフカレーに加工されてしまうと、そうした産地確認がほとんど不可能なので、外食でカレーを注文したことはありません。

 

 このあたりで理由はご理解いただけると思いますが、狂牛病=BSE=牛海綿状脳症を心配しているからです。2000年の初め頃に、牛がヨタヨタ立とうとして結局は崩れるように倒れてしまった映像が大きなインパクトを与えました。解剖してみると脳の中がスポンジ状になっていたことから海綿状脳症と命名されたのですが、人間でもクロイツフェルト・ヤコブ病として同様の症状が発生。たとえば眠りたいのにどうしても眠ることができず、やがて精神に異常をきたして死に至るという記述を読んだことがあります。

 

 ボクはこの頃にたまたまイギリスに滞在しており、駅前の有名なステーキ・チェーン店が夕方の食事時にもかかわらずガラガラの閑古鳥という事態を目撃しました。その後、原因は異常プリオンと判明。通常ではない形で組成されたタンパク質ということですが、このため細菌やウィルスと違って煮ても焼いても駆除することができません。前述のクロイツフェルト・ヤコブ病を発症するまでの正確なプロセスはまだ解明されていないようですけど、厚生労働省のウェブサイトでは「かつて、BSEに感染した牛の脳や脊(せき)髄などを原料としたえさが、他の牛に与えられたことが原因で、英国などを中心に、牛へのBSEの感染が広がり……」と紹介されています。

 

 ちなみに、このウェプサイトでは「日本や海外で、牛の脳や脊髄などの組織を家畜のえさに混ぜないといった規制が行われた結果、世界中でBSEの発生は激減しました。日本では、平成15年(2003年)以降に出生した牛からは、BSEは確認されていない」とあるので、心配しすぎと笑う人もいるでしょう。

 

 しかしながら、草食動物の牛に肉骨粉を食べさせて育成したアメリカ牛を輸入禁止にした時期は結構長く、再開された途端にルール無視の牛肉が発見されてまた禁輸という悪印象はボクの中から消えていません。円安のおかげで牛丼の価格がハネ上がったと報道されましたが、そんなわけでボクは安い頃でも牛丼はほとんど食べなかったのです。

 

 繰り返しますが、原因は異常なタンパク質なのですから、防疫的に撲滅することは不可能です。それどころか、牛肉のエッセンスはコンソメスープなど様々に加工されているので、いくら意識しようが、食べないでいられることはできないと覚悟はしています。

 

 だから、他人様に牛肉を食べるなと指示しているわけではないので誤解のないように。何を食べるのも基本的には自己責任ですから、国がレバー刺しまで規制するのはいかがなものかと疑問に感じるくらいです。ただし、HIVにしてもワーッと騒ぐだけ騒いでいつの間にか沈静化しましたが、罹患者が増加している希有な先進国というデータもありますからね。

 日本人は昔からこんなにも都合よく物事をコロコロ忘れる国民性だったのでしょうか。いずれにしても再度問いかけます、それって忘れていいの?

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

 

 

 

« コンテンツ | トップページ | 規制緩和 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

社会・世相」カテゴリの記事