笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 言葉の上滑り | トップページ | 人格教育 »

2014年12月 4日 (木)

チューニング

 

 まだ一般の人にはほとんど知られていませんが、大学業界では「チューニング」が大きな話題になりつつあるようです。本日はそれも含めた記事の締め切りなので、このブログはそそくさと終わらせていただきますが、この「チューニング」が「調整」という意味であるなら、大学以外の業界でも必要なことではないでしょうか。

 

 というのも、第一に、現代の仕事は高度に専門分化されており、たった1人の人間がすべてを完成させることはできないからです。これはプロセスとしての垂直的な分業ですが、それが世界レベルで空間的にも拡大しているというのが現代の先端産業でしょう。

 たとえば、基本的な設計図は日本で作り、デバイスは台湾に任せて、細かなパーツは中国の工場で製作。それらをタイとかベトナムで組み合わせて最終製品にするということがすでに行われているわけですね。こうした各段階での微細なズレは、最終工程で大きなズレに増幅されて組み上げに影響してくるので、おそらく初期段階のチューニングが大切な要素になってくると思います。

 

 文系の仕事にしても、言語の問題があるので工業製品ほど空間的な広がりはありませんが、高度に分業されているとボクは思います。ところが、チューニングの基本となる設計図およびスペックが工業製品ほど厳密に規定されていないのです。もちろん企画書はありますが、職種や仕事によって密度が随分違うんですよね。広告代理店のマーケティングの仕事をした時にはA4で随分な枚数の企画書を作りましたが、テレビ局では新番組の企画書なんてせいぜい2~3枚程度が常識のようです。

 

 そうした企画書が制作の各段階に回されて、それぞれがコンセプトを踏まえた形で発展させていくというスタイルが、ボクの知っている文系の仕事です。だからこそ各段階のクリエイティビティが活用でき、チームとしての経験が豊富であればそれこそ「あ・うん」の呼吸で進行できますが、その反面で、初めてか数回程度の仕事では解釈の違いなどによる「ズレ」も必然的にあり得るわけですね。

 

 そうした「ズレ」を生まないようにするチューニングが、これから重要になっていくだろうと感じます。それをきちんと事前にやっておかないと、やり直しという形で無駄な仕事=徒労が累積されることになり、コストアップや納期遅れの原因につながってくるからです。

 

 あっ、もう時間がないので、この話題はこんなところにしますが、産業別の「チューニング・スペシャリスト」みたいな専門職もあり得るじゃないかと思うわけですね。すでに行政の仕事を民間企業が引き継ぐ時の専門家が生まれているので、このあたりは来週にでも詳しく解説するつもりです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

« 言葉の上滑り | トップページ | 人格教育 »

教育・学校」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事