笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 給料 | トップページ | たまには…… »

2015年7月 1日 (水)

歌声も老化する

 

 肉体の老化が止めることのできない変化であるなら、声帯も例外であるはずがないと考えて、1人の歌手の歌声をデビューの頃から追いかけたことがあります。

 

 昔ならレコードやCDを購入する必要がありましたが、今はYouTubeがあるのでホントに便利です。特に同じ楽曲を好んで歌い続けてきたという人は、それを聴き比べるだけで変化が一発で分かります。

 

 やはり、というべきか、昔は透明感が高く、低音域でも艶と張りを感じた声が、年を経るうちにハスキーというべきか、かすれていくことを確認しました。覚醒剤で再逮捕された韓国人歌手は最初からかすれ声でしたけどね。

 ボクが追いかけた歌手の場合は酒好きで知られていたので、アルコールの影響で声の老化も促進された気配があります(これで誰のことかほとんどバレちゃいますけど)

 

 もちろん容貌と同じく、ほとんど老化を感じさせない声の歌手もいます。やはり肌なんかと同じで、日頃の手入れが違うんだろうなぁと思わざるを得ません。それでも20年間を比べてみれば、やはり年齢を感じさせることは事実でしょう。

 

 けれども、ファンや業界関係者はそれに気づいてないフリをしているように見えます。「往年の歌声」は今も変わらないというのが常套句で、時には「あの頃を想い出させる」というフレーズもあるようですが、それは記憶のウソに過ぎません。歌う方も聴く方も年を取れば、老化していて当然ではありませんか。昔と同じ声だと思い込みたい気持ちはボクも十分に理解できますが、素直に聴き比べたら明らかに違うのですから仕方ありません。

 

 ただし、歌い方は違ってきますよ。ぐっと上手になる人も、クセのあるテクニックを覚える人もいますが、おしなべて感情の込め方がナチュラルになり、技巧の気配を感じさせなくなるようです。ごく簡単に言うなら、若い頃の歌い方が棒読みに近いものだったと分かるわけですね。

 

 そうした意味でも、デビュー当時から低音で迫力ある女声だった山口百恵を比較してみたかったのですが、ご存じのように21歳という若さで引退して、ボクの知る限りでは2度と公衆の面前で歌ったことはないはずです。あの年齢であのレベルだったのですから、歌い続けていればどれほど変化したのか想像もつきません。

 

 だからどうのってことではありませんが、人間というのはライブコンサートでも、昔の歌声を幻影ならぬ「幻声」として、リアルな歌声に重ねて聴いてしまうんだなぁとしみじみ思うわけです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 給料 | トップページ | たまには…… »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事