笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« やっぱ人間性ですぜ | トップページ | 『待つわ』 »

2015年7月16日 (木)

2018年問題

 

 今さら何を、と笑われそうですが、2018年問題は結構深刻です。衆知のように横ばいだった18歳人口がこの年から再び減少に転じるため、大学経営に深刻な影響を及ぼすと見られているからです。

 

 日本の18歳人口のピークは1992年で、それ以降は激減といっていいほどの状況となりました。それでも大学や学部の増設が続いたのは進学率の劇的な上昇があったからです。それ以前は30%台でしたが、あっという間に40%を超えて、今では50%も超えています。

 

 けれども、今度の減少はそうしたハナレ技を使うことはできません。OECDの平均では大学進学率は62%らしいので、それに比べてまだ伸びる余地があるといわれますが、経済的にはどうでしょうか。たとえば近年増えているシングルマザーの貧困率はかなり高いといわれます。ボクも経験したので分かりますが、親の経済状況は子供の勉学意欲に大きな影響を及ぼすので、実際問題として18歳になる以前に学力不足となる可能性も高いと思うのです。

 

 毎年のように民主党あたりから返済不要の「給付型奨学金の創設」なんてアドバルーンが上げられてきましたが、実現する気配は一向にないじゃないですか。戦車やミサイルより教育のほうが大切なことは誰だって分かるのに、集団自衛権が認められたら、もっと軍事費が増えることは間違いないですよね。

 

 それはそれとして、ボクは少子化自体に大きな問題を感じます。結婚率なんかも調べる必要があるでしょうが、男女が出会って結婚して「でも子供は無理だよね」という状態は決して幸福とはいえないでしょう。自分たちの豊かな生活を優先していると考えられなくもありませんが、たとえば女性が働いていれば、結婚はともかく出産がキャリアのブレーキになると誰だって思いますよね。さもなきゃ「マタハラ」なんて言葉があるはずがない。

 

 もちろん社員の出産や育児をきちんと支援する会社があることも知っていますが、そうではない会社のほうが圧倒的に多いですもんね。病気も含めて、会社や仕事というステージからちょっとでも降りたら「負け組」という雰囲気が強すぎるんだよなぁ。

 

 これでは子供もおちおち産んでいられないという社会がずっと続いてきたのですから、少子化になっても当然ですが、いかなる政治家もそれを改善することはできませんでした。にもかかわらず、男女共同参画社会って言われてもねぇ。しかも基本法が制定されたのは1999年ですからびっくりしました。この国は女性にもっと働け、とは言っても、子づくりしてくださいとは言っていないのです。

 

 それで2018年問題、困ったね、なんてふざけんじゃねぇよと。むしろ因果応報じゃねぇか、とすら思うのであります。

 それもこれも今回の安保関連法案の強行採決でやっと原因が分かりました。議院内閣制、即ち間接民主制の暴走であります。ボクたちが選んだはずの国会議員の皆さんが、ボクたちのためになることをまるでやっていない。

 

 だったらさぁ、第2次世界大戦前夜のドイツと同じことになってしまわないように、早いところ直接民主制に移行しようではありませんか。いちいち投票ではカネがかかるって? スマホでネットを使えばいいじゃんか。そうでもしなきゃ国会議員たちの暴走は止められないでしょう。けっ、これでも民主主義社会かよと苦い気分の朝なのであります。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

« やっぱ人間性ですぜ | トップページ | 『待つわ』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事