笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« たまには…… | トップページ | 理想にこだわる理由 »

2015年7月 3日 (金)

理想論

 

 取材がボクの商売の基本的なタネになるので、様々な会社に行くのですが、組織というのは実にみごとなピラミッド構造になっていると感心させられることがあります。

 

 実を言えば、ボク自身はそうした組織が性に合わなくて、というか追い出されたように31歳で独立しました。でも、だからといって、そうした組織を嫌っているわけではなく、むしろ尊敬すらしております。

 だってね、アウトサイダーだからこそ分かるのですが、小規模な組織と大組織では、やはり底力が決定的に違うんですよね。単純に考えても、「100人に1人いるかいないかの秀才」が従業員3000人の会社なら、計算上は30人くらい存在することになります。「1000人に1人くらいの天才」でも3人くらいとなるじゃないですか。

 

 けれども、2〜30人くらいの零細企業ならゼロですぜ。人間には好き嫌いや志向があるので、そんな単純な結果にはならないものの、やはり量は質につながることは誰も否定できないでしょう。

 

 それに、シンクロナイズドスイミングと同じく、1人ひとりが特別に非凡な才能を持っていなくても、「一糸乱れることない」フォーメーションで演技をすれば、素晴らしい感動を与えるじゃないですか。

 

 おそらく、ですけど、そのあたりに戦後日本の強さがあったとすれば、今はどうなのでしょうかねぇ。アメリカナイズされた分だけ強みに欠けているとすれば残念ですが、逆に1人ひとりの人権が尊重されているなら是としなきゃいけませんよね。

 組織が大きくなればなるほど、そのあたりの塩梅が難しくなってくるはずですが、ボクは組織を強くするのは理想にほかならないと信じております。その理想のメッキがボロボロと剥がれたことで、誰も信用しなくなったことに大いなる問題があるんじゃないかな。それについては月曜日に続きを書く予定にしております。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

 

 

 

« たまには…… | トップページ | 理想にこだわる理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事