笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 隠す人 | トップページ | 寡黙な人 »

2015年11月 9日 (月)

食べる人

 実にくだらない話ですが、食事時のテーブルに複数の総菜が並んでいる場合に、あなたはどのような順番で食べていきますか。

 まずは味噌汁をひと口すすって、それから焼き魚に箸をつけ、ご飯をちょっといただいてから、煮物を味わったり、ポテトサラダを食べたりするのが普通なんでしょうね。以前に、ご飯を食べながら味噌汁も飲むという複合的なことができない子供が増えたというような報道があったように記憶しますが、実はボクもそうした子供たちとあまり変わりません。

 若い頃は別でしたが、1人暮らしが長くなるにつれて、複数の総菜がある時はひと皿ずつやっつけていくようになったのです。たとえばタコの刺身があったら、それを全部食べてから次の皿に行くわけです。メインとなる総菜でご飯を食べきってから、最後に汁物をいただいて喉を潤すというのが習慣のようになってきました。

 いわばディナーのコーススタイルといえばいえなくもありませんが、最初にサラダやスープというわけでもないので、順番はボクのオリジナルです。

 こんなことに厳密なルールがあるわけではなく、個人の勝手というものですが、前述の「複合派」の人と一緒に居酒屋なんかに行くと、沢山の料理を一度に頼んでテーブルを皿で一杯にすることが珍しくありません。
 そのほうが「賑やかでいいじゃないか」という理屈は分かりますが、短時間に全部は食べ切れないですよね。中には暖かい料理や冷たい料理もあるので、時の経過で風味などが変わってくることもあります。

 そう考えると、ボクのようにひと皿ずつ片付けていくのも合理的じゃないかなぁ。特に回転しない寿司屋では、できた順にさっさと食べていくのが基本であって、握り寿司がいくつも卓に残っているというのは、あまり見映えがよろしくないですよね。

 ボクが思うに、テーブルにいろいろ料理が並んでないと満足できない人は、自宅での食事もそうだったのではないでしょうか。作り置きとか残り物の総菜があるからこそ、それを並べることができるので、それなりに豊かなご家庭で育ったのではないかと想像できるのです。

 それと旅館の夕食の影響ですよね。ボクはむしろサービスの手抜きだと判断していますが、普通は沢山の料理がいっぺんに出てきます。それがまぁ日本的なホスピタリティといえばそうかも知れませんが、早い時間にはすべて酒のつまみのようになり、夜中に猛烈に腹が減ったという経験はないでしょうか。

 最初の見た目は豪華で素晴らしいとしても、食べ終わった後は数多くの皿や椀が残り、宴の後の光景は相当に悲惨ですよね。

 おそらく食事に対する文化的な背景もあるはずなので、このテーマに結論はありません。ただねぇ、口はひとつということから考えると、手間はかかるけど順番にしたほうが合理性は高いような気がするんですけどね。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

« 隠す人 | トップページ | 寡黙な人 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事