笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« スコットランドで | トップページ | 人類共通の倫理 »

2015年12月 3日 (木)

『トリック』

 

 ボクは人気ドラマといわれる『下町ロケット』(TBS系)をほとんど視聴していません。あくまでも個人的な感想に基づくので、ファンには予めお詫びしておきますが、2つの理由があるんですよね。

 

 生意気で身の程知らずと誹られるのを覚悟の上で言えば、あのドラマの作り方自体はステレオタイプといえるのではないでしょうか。それがいけないというわけではなく、タイムリーなテーマと説得力のあるディテールが揃えば、大変に共感を得やすいドラマになるということです。

 ただ、作劇上での新規性はあまりないので、マニアックな批評家などからの称賛は浴びにくく、それゆえに一般受けするという構造になっているような気がします。

 

 ある映画関係者と話した時に教えられたのですが、ヒットする映画は2030字程度で要約できるそうです。たとえばシルベスター・スタローンの出世作『ロッキー』は、「無名のボクサーがチャンピオン相手に死闘を尽くす話」といった感じです。

 だからこそ分かりやすくて感情移入も容易になってくるのですが、構造そのものは単純ですから、先が読めてしまうというデメリットも避けられません。

 

 これがボクが視聴しない第一の理由ですが、そうしたデメリットを素晴らしいメリットに逆転させるのが、前述した「タイムリーなテーマ」と「説得力のあるディテール」なのです。

 日本の会社の99%以上は中小&零細企業ですから、冷酷無情な組織力で無理を押し通す大企業との対立図式自体は、多くの人にとって他人事ではありません。というわけで「タイムリーなテーマ」ということに関しては文句ないですよね。

 

 では、「説得力のあるディテール」とは何でしょうか。みんながリアリティを感じられるエピソードにほかならないとしても、実はそれを演じる役者にすべてがかかっているのです。

 簡単にいえば、中小企業の社長や社員に見えるような役者が、それらしく演じなければ、どんなエピソードもリアリティを失ってしまい、ヘタすりゃコントやコメディになってしまいます。

 

 その意味で、ファンには重ねてお詫びしますが、ボクが視聴しない第2の理由として、あのドラマの主役に阿部寛という俳優は似合わないと感じてしまうのです。

 なぜなら、どんなに真面目な顔をしても、テレビドラマ『トリック』のニヤニヤ笑いを思い出すからです。彼の責任でもキャスティングミスでもなく、おそらくボクの中のイメージが強すぎると思うのですが、仲間由紀恵も同様に『トリック』のイメージがこびりついており、どんな深刻なドラマで悲劇のヒロインや稀代の悪女を演じても、つい「ひゃひゃひゃっ」と顔を崩すお茶目な表情を垣間見てしまうんだよなぁ。

 

 えーと、こんな感想を持っているのはきっと少数派であり、皆さんの賛同を得られないとは思いますが、そんなわけでボクは『下町ロケット』は見ていないのです。

 かくのごとく、ドラマがヒットして記憶に残れば残るほど役者さんは仕事がやりにくくなるわけで、成功体験が逆に足を引っ張りかねないという大変に難しい仕事だと感じた次第です。あ、普通のビジネスだって同じことがいえるかもしれませんよね。

 

 なお、明日は早朝から東北方面に出張なので、このブログはお休みとさせていただき、12月7日月曜日に更新する予定です。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

« スコットランドで | トップページ | 人類共通の倫理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ