笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 脱力選挙 | トップページ | 前歯 »

2016年7月12日 (火)

男と女

 

 暑くなるのに比例して服が薄くなるせいか、女性はどんどん美しくなっていきます。特に若い女性は、うなじあたりに浮かんだ汗の滴すら魅力的な輝きを放つんですよね。ボクだけの感想ではなく、アーウィン・ショーの『夏服を着た女たち』でも似たようなことが書かれています。

 

 でも、これは残念ながら年齢が大きく関係しています。人間も動物ですから、「繁殖期」にとりわけ魅力的になるのは当然です。まさにそのことを「番茶も出花」というわけですね。

 

 そんな若い女性にとっては、同年代の男の子も似たように見えるに違いありません。それで種が無事に存続していくという仕掛けなのですが、人間社会は自然界に比べて相当に異常なので、ヘンテコなことが起きてきます。本来なら繁殖真っ盛りの時期に大学受験があるので自分の本能を抑えて勉強しなきゃいけない。なぜだか発情期がなくなって、年がら年中することができるので、痴漢やら変態やらストーカーみたいな歪んだことも起きてしまう。そんな迷惑を社会にまき散らさないように、自分の猛々しい動物性をきちんと律していくことが、あるべき人間の態度ということになるわけです。

 

 遠回りをしましたが、ファッションはそれを如実に反映しています。というのも、女性の服は体形を強調するようにデザインされており、特に上着の丈なんか、お尻が出るくらいの短さになっていますよね。パーティドレスの中には、息を呑むほど胸や肌を露出したデザインもあるくらいです。

 その一方で、男性のスーツの着丈は尻を隠すのが常識です。女性は自分の魅力を振りまくようにファッションをまとうのに対して、男は自分の獣性をコントロールできる理性と知性=優しさを表現しているとも理解できます。その背景には、選ぶ性と選ばれる性という違いがあるのではないでしょうか。

 

 この選ぶと選ばれるという違いは、現代ではフィジカルな差異に基づくものではなく、経済力が理由になっていると思うのです。

 

 その証拠に、最近は男のスーツの着丈がどんどん短くなって、中には尻が見えるくらいのデザインもあるんですよね。これは女性が活発に社会進出して、男なみというか、それをしのぐような経済力を持ち始めてきたことが影響しているように思います。歌舞伎町のホストとどこが違うんだよという何とか事務所のタレントや韓流なんかが象徴的で、女性に選ばれることを望む男性が増えてきたのではないかとボクは解釈しています。

 

 まぁね、こんなことはすべて仮説で根拠なんぞありゃしませんが、夏になるとそんなことを考えたりするわけです。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« 脱力選挙 | トップページ | 前歯 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事