笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 人気 | トップページ | 人工知能 »

2016年8月22日 (月)

ブリッジ

 

 年初に歯を抜いてから、月に2~3回程度のペースで歯科医院に行っております。これまでに予約した日時をドタキャンしたことは1度もありません。普通の人なら不思議でも何でもないことでしょうが、ボクにとってこんな皆勤賞というか優等生的な通院は人生で初めての事態です。

 

 けれども、これまでバックレたり治療途中に逃げたことがみごとにアダとなり、使い物にならないグラグラ歯が抜かれ、20万円もかけたセラミックの貼り歯が容赦なく捨てられて義歯となり、挙げ句のはては歯垢を取るために「歯茎を一度はがさないといけません」などと予告されております。

 

 痛いのが病的に嫌いなタチで、特に細い金属の線を巻いた針みたいなものを神経の中に突き刺して、グリグリ回してガリガリ引き抜くという治療が、と書くだけで腕のあたりにむずむず鳥肌が立ってしまうのですが、いくら麻酔をかけようが苦手なんですよね。だから、そんな事態を迎えそうになると、突然に仕事が忙しくなるという言い訳で逃げてきたわけです。

 

 すべては自己責任であって、ちゃんと歯と歯茎をケアしてこなかった自分に対する報いですから、きっちりと心を入れ替えたのですが、ちょっと手遅れだったかな。保険外の治療も必要になってきたからです。

 

 まだ納得できるほど調べてはいないのですが、義歯を入れてブリッジでつなげるという治療が、どうやら保険の適用外になるらしい。歯の欠損が規定された範囲内に収まっていないため、自費負担は避けられないそうです。

 そんな保険外治療の選択肢の1つとなるインプラントは外科手術になるので、ボクにとっては問答無用で論外。入れ歯という方法もありますが、以前に作った部分入れ歯を放置していることから分かるように、フィット感が問題なんですよね。歯科技工士の技術にもよるのでしょうが、あまりいい思い出になっていません。

 

 となると、やはりブリッジしかないわけです。それで値段をアバウトでもいいからと歯科医に訊いてみると、ななななななななななななーーーーーんと、40万円!!

 ヘタすりゃ中古の軽自動車が買える値段だもんなぁ。歯の治療ごときにそんなカネを支払うなら、ブリオーニかトムフォードに行って服を買うか、青山のベルルッティで靴を誂えたいじゃないですか。

 

 これからボクはどれだけ生きるかということにもかかわってきますよね。たとえば10年後に死んだとすると、年間で4万のコストをかけたことになります。月あたりで3333円。これは果たして高いのか安いのか。20年生きたとすれば、その半額の年間2万円で月に1700円くらい。これなら「勝った!」といえるのかな。もしも5年で寿命を迎えたなら、年間8万円で月あたり約7000円ですもんね。うわぁお、こりゃあもったいない、となりますよね。

 

 とにかく、保険外治療の価格があまりにも衝撃的で、我を忘れそうな月曜日という感じなのです。

 いえね、別にカネがまったくないわけではなく、さりとて腐りそうなほど札束を持っているわけでもありません。要するに歯科医院の治療にそれだけのカネをかける価値がありやなしや、ということなのです。QOLにかかわってくることは事実ですけど、躊躇してしまうのはボクだけなのかなぁ。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« 人気 | トップページ | 人工知能 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事