笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 『エロティカ・セブン』 | トップページ | そんなに急いでどこへ(後) »

2017年3月 7日 (火)

そんなに急いでどこへ(前)

 

 このところ締め切りに加えて午前中の打ち合わせが続いているので、ブログに十分な時間が取れません。かといって時間があれば上手な文章が書けるかといえばそうでもないので、浅学非才を嘆くほかないんですけどね。

 

 ただ、最近になって強く感じるのは、物事がやたらとスピードアップしてきたということです。ボクが高齢化したのかなぁ。

 たとえばドラマや映像なんかのカメラの切り返しが、ものすごく早くなったと感じます。これはアメリカのミュージカルドラマ『glee/グリー』を見ていて気づいたのですが、特にダンスシーンでは1秒に満たない猛スピードでカメラの視点がどんどん変わっていきます。たまに目眩を起こしそうになるくらいです。

 

 昔のミュージカルの映像は、カメラの台数が少なかったせいか、もっとスローで、踊りをじっくりと見せてくれました。こちらも安心してコーヒーを飲んだり、予定表にチラリと眼を落としたりできたのですが、『glee/グリー』では画面の転換が早いので、まったく眼を離せないのです。ウソだと思うなら、YouTubeでぜひ確認してみてください。もっともドラマ部分はいささか稚拙なので、歌さえ始まらなければ、トイレに行って大だって余裕で取り組むことができます。

 

 映像だけでなく、文章にしてもツイッターやラインが普及したせいか、短文が全盛になってきました。広告コピーに優れた文章が多いように、長ければいいってものでもありませんが、意志を短く伝えようとすると、言葉足らずになって感情的な誤解を呼ぶことがしばしばあります。これが「炎上」の根本的な原因ではないでしょうか。

 

 ただし、長い文章を書こうとすれば、思考体力のようなものが要求されます。文章は一度に概括できるものではなく、シリアルに流れていくので、構成力も重要になってくるからです。

 

 そんなわけで、短い文章に慣れると、長い文章を書けなくなるだけでなく、読むことも耐えられなくなります。ボクのブログなんかも、最後まで読む人は決して多くはないはずです。だから、炎上しそうな危ないことは最後のほうで書くようにしていますけどね。

 

 映像にしても、テンポの早い切り返しに慣れると、ワンカットの長回しで見せるシーンを退屈に感じるようになります。パッパッパッと画面が変わっていかないと、飽きてしまうのです。

 

 でもさぁ、これってすべて2次元世界のバーチャルであって、現実の生活速度は大きく変わってはいません。確かに技術革新はスピードアップしていますけど、ボクたちの肉体の代謝速度も昔に比べて早くなってきたとはいえないでしょう。もしそうだったら老化も加速しているってことになるではありませんか。

 

 では、このブログでいったい何が言いたいのか。

 こういう展開をするためには、前提条件を読者と共有しておかなきゃいけません。だからね、文章も長くならざるを得ないってことです。以下の結論も、最初にそれを書いたら、それだけで終わりですもんね。

 

 皆さん、そんなに急いでどこへ行くの?

 

 年に一度くらいは、このことを自問自答しないと、何のために生きているのかも見失ってしまうような気がするのです。

 えっ? ボクは何のために生きているかって? それについては明日続けることにしましょう。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« 『エロティカ・セブン』 | トップページ | そんなに急いでどこへ(後) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ