笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 青天の霹靂(前) | トップページ | 『初めての街で』 »

2017年3月17日 (金)

青天の霹靂(後)

 

 やっぱり西田佐知子はいいなぁ。『コーヒールンバ』(1961年、作詞:中沢清二)なんていう難しい楽曲もみごとにこなしており、歌唱力とセンスはハンパではありません。

 しかも、淀みなく完璧に抜けきっていく鼻声が、低音から高音に至るまで実にまったく色っぽいのであります。けれども、いつものことながらボクは気づくのが遅すぎですよね。せめて70年代なら何とか間に合ったはずですが(何に?)、その頃はフォークソングが大全盛で、演歌っぽい歌はまるで旧体制の象徴みたいに嫌われていましたから。流行ってヤツは、いいものを残すこともあるけど、本当にいいものを押し流してしまうこともあるのです。

 西田佐知子の歌声の魅力は、そこそこの大人になってみないと実感するのは無理でしょうね。

 

 ということで、ボクの西田佐知子イチオシ必殺最終版は来週火曜日のブログで紹介するので、ご期待ください。

 

 さて、昨日の続きであります。

 税務調査があるというので、まずはネットでいろいろ検索してみましたが、例によって玉石混淆の情報が飛び交っているんですよね。たとえば2月~3月は個人の確定申告が集中して忙しいので税務調査はほとんどないとするウェブサイトもありましたが、ボクのところに来訪した国税調査官に訊いたら「部署が違いますから」とあっさり否定されました。確かにね、個人と法人部門は違って当然ではありませんか。そんなもんですよ、ネット情報なんて。

 

 唯一、役立ったのは、食事やオヤツなどの食べ物を振る舞うのは賄賂のようになるので固辞されるけど、お茶やコーヒーなどの飲み物はOKって話です。まるで病院の検診前の注意事項みたいですが、調査される現場では使える知識じゃないですか。

 

 でね、詳しい結果はパーソナルな情報なのでこんなブログで公開する気はさらさらありませんが、結論から言えば、ヘンな隠し事さえなければ何も心配ないということです。たとえば売上げを誤魔化したり次年度に飛ばしたり、利益をどこかに隠すといったやましいことさえしていなければ、むしろ好意的にアドバイスさえしてくれます。

 その内容も、かつてお願いしていた税理士よりはるかに有益でした。「これはこうしてください」「あれはこうしたほうがいいです」と、長期に渡って持ち越してきた奇妙な数字も的確な処理方法を教えてくれるなど、「はぁ、そういうことですか、ありがとうございます」と何度言ったことか。

 

 それだけに、後ろ暗いことをやっていたら、絶対にバレるでしょう。国税庁の肩を持つ気はさらさらありませんが、調査官は当然のことながら税金のプロフェッショナルであり、実に優秀なんですよね。

 

 そんなわけで、最終的に追徴課税はまったくのゼロ。逆に、次年度からの決算申告に関する変更点や注意点などを「無料」で教えていただいたので、むしろこちらが儲かったくらいです。私的にはバンザイですけど、公的には少しくらい税金を国庫に納めたかったなぁ。というのはあくまで冗談なので念のため。

 

 それに比べて、というのも何ですが、国税庁と同じく国民からカネを徴収する部門にもかかわらず、年金を扱う社会保険庁の杜撰さはひどかったですよね。おかげで日本年金機構と名前だけは変えましたが、情報漏洩事件などの不祥事は続いており、内実がそれほど改革されたとは思えません。ある識者が「いっそ年金も国税庁にまかせたほうがいいんじゃないか」と指摘したことがありますが、今回の税務調査の経験で、ボクもその意見に強く同感します。

 

 とにかく、初めてのことなので「青天の霹靂」であったことは事実ですが、結果的にボクを長く悩ましてきた決算の怪しい数字がクリアになりました。やっぱ世の中、正直が一番なんだよなぁと、再び静寂に戻った空を見て思った次第なのであります。

 

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« 青天の霹靂(前) | トップページ | 『初めての街で』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ