笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 手巻きが好き | トップページ | 静かにしろよ! »

2018年4月17日 (火)

みんなと同じ?

 

 みんなが歩いている方向に行こうとするなら、伝統的あるいは既成の序列が大きく影響します。たとえば東大や京大といった入試偏差値が上位の大卒者が先頭集団となり、無名の私立大学卒はずっと後ろのほうになります。これはボクの意見では決してなく、社会もしくは大企業などの紛れもない新卒者評価であり、かくて入社を待つ列の途中でガシャンと入口の扉が閉じられることもあるわけです。

 

 大学進学率はとっくに50%を超えているので、高卒ましてや中卒ともなれば、実際問題として従事できる職種も限定されるかもしれません。憲法第22条で「職業選択の自由」がうたわれていても、会社も雇用者を「自由」に選ぶことができるので、現実は必ずしもそうはなっていないですよね。しかも、それについてちょっとでも文句を言おうものなら、列の前のほうから「オレたちは必死で勉強したんだから当然じゃないか」という大合唱が聞こえてくるはずです。幼少時から私立や学習塾などに投資してきたのだから、という理屈もありますよね。まったくその通りで、学校の成績には家庭の経済格差が抜きがたく関係しており、勉強したくてもできない、あるいは意欲が殺がれてしまう環境で育つ子供が少なからずいます。ところが、そうした事情は自己責任や自助努力の不足として隅に追いやられてしまうことが少なくありません。借金にはなるけど、公的奨学金だってあるじゃないかと。

 

 こうした社会の事情や通念にいくら抗議したところで、そんなもん受け入れられはずがありません。かくて貧困や格差は親から子へと世代間を継承していく。アメリカなんて完全にそうですから、すでに日本もそうした気配を強めつつあります。政治の支配層が社会的な先頭集団である限りは、その列の順序を入れ替えるような大改革をやるはずがないじゃないですか。

 

 なのに、ですよ。どうして、なぜ、みんなと同じ方向を見て、同じ列の中にいようとするのかなぁ。前述したように、既成の価値観と常識で作られた列の中にいる限りは、後ろから先頭に上がっていくのは困難じゃないですか。

 

 もしも自分がトップ集団にいるならそれで満足できるでしょうが、下位の集団の中にいて、その順位にもしも不満や不平があるなら、そんな列からさっさと飛び出せばいいのにと、ボクは思うんですよね。

 

 もちろん列の中にいるほうが安心であり安泰のような気はします。そこから外に出るのはとてもリスキーです。だから「ここでいいや」と思うなら仕方ありません。でもさ、どうにも自分の能力が活かされていない、とか、これからもこの順位が続くのかよと絶望しかけているなら、できるだけ早くそんな列を出てしまおうよ。物理的または社会的には無理にしても、精神性や知性、つまり発想や創造性をそんな列の中に頑なに留めておくことはないじゃないですか。

 

 人と同じことをしていたら、人と同じにしかなれません。人と違おうとするなら、人と違うことをやらなきゃ。みんなが毎日のラッシュアワーを我慢して通勤しているなら、2時間くらい早めに会社に行くとかね。そういうことを、果たして学校で教えているのかなぁ。ボクには延々と続く人間たちの長い長い列が見えて仕方がないのです。でもさ、いったいどこに行こうというのでしょうか。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« 手巻きが好き | トップページ | 静かにしろよ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ