笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« どいもこいつも | トップページ | 上着脱ぎを解禁 »

2018年4月20日 (金)

不信

 

 自分が信じられない、という感覚を分かっていただけるでしょうか。乖離性人格などの精神的障害ではなく、たとえば外出の際に、施錠したドアを何度もガチャガチャとやる人がいるじゃないですか。それだけならまだしも、しばらくしてから「オレってばカギかけたかなぁ」と確認に戻ったりね。

 

 こういう時は、やるべきことは100%ちゃんとやっています。そんなのやったに決まってるだろ、と自信を持っている時ほど危ないんですな。そんなわけで、自分をどうにも全面的に信用できないのです。だから、校正でも同じ事項を何度も再確認することがあります。

 

 若い頃は、人間なんて信用できない、誰だって思い違い勘違い、注意不足によるケアレスミスをすると思っていました。ボクたちが見ている現実とされているモノだって、人それぞれに見方は違うはずですから、世界観なんて一致しなくてあたりまえ。言葉にしても、ボクの理解と他人の理解が同じでは必ずしもないんですよね。ということで突きつめていくと、人間同士が確実に共有できるモノなんて、時間しかないんじゃないか、と。

 

 こうした認識が、近頃は他者に対する客観だけでなく、自分に向いてくるようになり、お前のやることなんか実は信用できないんだぜ、みたいな意識が強くなってきたんですよね。記憶にしても、自分の思い込みに過ぎないかもしれない。

 

 そこで、取材原稿のルールを私生活にも適用して、心配なことには根拠を用意することにしました。とはいっても難しいことではなく、たとえば海外出張では持ち物リストを作って最終的にチェックするわけです。さらに戸締り確認リストを作ったこともあります。それに全部チェックマークが入っていれば大丈夫。その中には「スーツケースのカギは閉めたか」という項目もあります。以前に航空機に乗ってからスーツケースを施錠したかどうかが急に不安になり、到着するまで悩まされたことがあるからです。もちろんちゃんとカギはかかっていたので杞憂に過ぎなかったのですが、そんな気持ちにまたならないように、出がけの戸締まりリストに付け加えたのです。

 

 自分を信じられる人は、そんなボクをアホかと思うでしょうね。はい、ボクも若い頃は自分のやることやったことを何の根拠もなしに信じることができました。おかげでいろいろと見落としたりミスをしたことがあるので、そんな「怖いものなし」の状態が、いかに怖いかがよーく分かるんですよね。

 

 ボクのようなライターもしくは編集者に必要な資質は、「病的でない程度の神経質さ」とかつて聞いたことがあります。それには取りあえず該当するのかなぁ。ただし「病的でない程度」という表現は、グレーゾーンがあまりにも広すぎますよね。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

 

« どいもこいつも | トップページ | 上着脱ぎを解禁 »

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ