笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« バーゲン | トップページ | そうは見えない »

2018年5月 2日 (水)

エイジング

 

 10歳の子供も80歳のお爺さんも、誰でも初めて歳を取るんだなぁと実感するようになりました。まだボクはそんな年齢ではありませんが、来たるべき明日はみんなが未経験なんですよね。

 

 そんなことを思ったのは、パソコンに向かっていた時に赤いマーカーが机の上から床に落ちた時でした。椅子に座ったまま、中腰になってマーカーに手を伸ばそうとしたら、グキッというか、ググッというべきか、奇妙な感覚が腰の真ん中あたりに走り、やがて痛みがやってきました。

 

 ああ、これが巷間言われるところの「ギックリ腰」かなとは思ったのですが、別に重い米俵を持ち上げようとしたわけではなく、ただ床のほうに向けて手を伸ばしただけなんですよね。これまでそんな動作は1000回以上してきたはずなのに、どういうわけか今回はグキッでございまして、現在は椅子から立ち上がるにも「エンヤコラ」と自分に掛け声をかけております。

 

 ああ、何と悲しいことでございましょうか。まだまだそんな歳じゃねぇよと信じられない気分ですが、当方はまだ中高年の初心者なので気づけなかったのですが、秘かに、しかし着実に老いは忍び寄ってきていたわけです。

 

 ネットをちょっと調べれば、老化現象なんていくらでも出てきますが、それを知識として分かることと、自分自身で経験することには相当な隔たりがあります。一言でいえば、衝撃であり、打ちのめされるといってもいい。身体のボルトや関節部分が実は赤茶色に錆付いていることを歓迎する人なんていませんからね。

 

 ただ、おかげさまで、自分よりシニアな皆さんの心境というか、哀しみが分かるようになってきました。ああ、だからレナード・コーエンは“Dance me to the end of love”を書いたのかと。人間のことが若い人よりは分かるようになることが、歳を取ることの楽しみだとポジティブに考えられないこともないんですけどね(どっちだ?)。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« バーゲン | トップページ | そうは見えない »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事