笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 心のリミッター | トップページ | ここに居ていいのか »

2018年6月11日 (月)

ありがとう

 

 普段は履き古したジーパンとシャツ姿で、尻の右側のポケットにカギとハンカチを入れております。冬から春はそれで何の問題もないのですが、初夏から盛夏にかけては危険が伴うんですよね。

 

 モノカキをナリワイにしているものですから、つい大げさな前フリをかましてしまいましたが、大切なカギを落とすことがあるのです。事務所のあるマンションは数年前からオートロックになっており、カギがなければエントランスからアウトです。事務所のカギも二重になっているので、なくしたら実に面倒なことになってしまう。

 

 でね、暑い時は尻のポケットからハンカチを出して額の汗なんかを拭くじゃないですか。この時にカギもハンカチに引きずられて、ポケットから抜け出て落ちることがままあるわけです。田園のあぜ道ではないので、カチャンと音がして気づくのですが、ボクはイヤホンを両耳に突っ込んで音楽を聴いていることがしばしばなので、その警告音が聞こえないわけですな。

 

 そんな危機的状況が、昨年の地下鉄構内であったのです。ボク自身はお気楽にアンドレア・モティスなんかを楽しんでいたのですが、誰かが背中をつつくんですよね。失礼な奴だなぁと、イヤホンを耳から抜き取りながら振り返ると、素晴らしく可愛い外国人の女の子がいるではありませんか。広尾にインターナショナルスクールがあるので不思議なことではないのですが、やはりボクの魅力は外国人にしか分からないのだと勘違いしかけた瞬間に、差し出された手の上にカギがあったのです。ありゃりゃりゃ、もうちょっとで大変なことになるところでした。もちろん Thank you very much! ですけど、ハイティーンの娘さんらしく友達と一緒に談笑しながら、到着した電車に乗り込んでいきました。

 

 これに懲りて、カギはジーパンの前ポケットに入れるようにしたのですが、どうにも気持ちが悪い。カギが足の付け根あたりに当たって、何だか落ち着かないのです。それで意識しないうちに、もとの尻ポケットに戻るようになってしまいました、

 

 バカだね、ホント。経験に学べない奴だと誹られるのを覚悟で告白すると、ケンタッキーに行く途中で、いやアメリカでなくてチキンのほうですけど、夏日だったので汗を軽く拭き終えたハンカチを尻のポケットに入れながら、念のために内側をまさぐると、ないんですよ、大切なカギが。こっちかなと反対側の尻ポケットを探ってもない、前側の両方のポケットにもない、シャツのポケットにももちろんない、ないないない、と焦りまくりです。

 

 えー、そんな時に、やはりボクの肩をちょいちょいとつつく人がいたんですね。妙齢の美しいご婦人でありまして、悪戯っぽい微笑みを浮かべながら、つまんだカギをブラブラさせていたのです。頭を下げながら慌てて差し出したボクの手の上に、そのカギをヒョイと落としてくれました。そりゃもう、感謝感激、「ありがとうございます」でございますよ。

 

 けれども、本当にしまったと心底から後悔したのは、横断歩道を渡った彼女の後ろ姿が小さくなってからです。「御礼にアイスコーヒーなんかいかがですか」とでも誘えば良かった。暑かったので「そこのHUBで冷たいビールを奢らせてください」のほうがいいかな。お前は和歌山のドンファンかって感じですが、今となってはカギよりもそっちのほうが惜しい。今度は金のカギを落とそうかなって、あくまでも冗談です。いろいろ大変な事件は起きますが、大多数の皆さんは親切なんですよね。ありがとうございました。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« 心のリミッター | トップページ | ここに居ていいのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ