笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 糖分かよっ! | トップページ | 遊び感覚かよっ!(中) »

2018年8月16日 (木)

遊び感覚かよっ!(前)

 

 世の中、何でもありになってきました。

 その理由をごく簡単に説明すれば、やはりインターネットとAIということになります。この2つの技術革新が、これまではシリアルに積み重ねられてきた経験則をフラットで平等なものにするため、時には原因と結果が逆転するようなこともあり得るということです。

 

 えっ、よく分からない? そうですよね、うまく説明するのは大変に難しいのですが、たとえば幼児は様々な知識や経験を獲得しながら大人になるため、これからこうなる、そこからはああなるといった予測がある程度は可能ですよね。ところが、情報化の進展とビッグデータ解析技術などの発達によって、そんな知識や経験則を瞬時に得られるようになってきました。たとえばタクシーのベテランドライバーが10年かけて覚えた都内の最短距離や抜け道も、カーナビを使えば新人だってすぐに同じルートを走れるじゃないですか。

 

 ボクはインターネットが始まった初期の頃は、本格的な「情報民主主義」が到来すると予測していました。かつては王侯貴族、近代なら大学や高学歴のインテリが書物や資料として囲い込むことで階級的な利権としてきた知識が、無料で民衆に解放されるのですから、これこそフランス革命に次ぐ第2の民主革命ではないかと。ついでにいえば、誰もが自由に意見を表明できる公平な場も得たことになるではありませんか。しかしなから、実態はそれどころではなく、前述のように年齢=経験という蓄積も無になってきたわけです。

 

 というわけで、世の中は経験則も含めた知識と情報に関して完全にフラットになりつつあります。おかげで、萌芽→普及→発達→終焉という流行のプロセスも極端に短縮化されるため、見た目には「何でもあり」という状態になってきたとボクは理解しています。

 

 このあたりの解釈や理論化は学者や研究者にお任せしますが、要するに昨日入社してきた新人と、20年も業界で働いてきたベテランとの間に大きな違いはなくなってきたといえるんじゃないかな。

 

 ここのところが、オジサンたちにとってはシンギュラリティよりずっと早い時期から具体的な脅威になってくると思われるのです。20歳そこそこの新人が、AIなどを使えばシニアと同じ経験則を利用できる。だったら、オレの数十年間は何だったんだとなるでしょ。現実のビジネス社会では、AIそのものよりも怖ろしい事態がすでに進行しているとボクは考えています。

 

 だったら、オジサンたちはどうすりゃいいんだと心配になりませんかねぇ。というわけで、このテーマは明日も続けたいと思います。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

« 糖分かよっ! | トップページ | 遊び感覚かよっ!(中) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事