笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 『明日は月の上で』(後) | トップページ | 美談 »

2018年9月19日 (水)

白シャツは要注意?

 

 ワイシャツはホワイトシャツが語源なのですが、ボク自身は近年まで白いシャツは冠婚葬祭用の1~2枚しか持っていませんでした。フリーランスという、反社会勢力では決してないにしても、不安定な身分と職能を識別してもらうシグナルとして、色つきやストライプなどの柄つきシャツを愛用してきたわけです。ある種の矜持もあったのかな。それに、白はどうしても汚れが目立つので、ライフサイクルも必然的に短くなるじゃないですか。

 

 しかしながら、夏がどんどん暑くなり、開襟のクールビズが浸透するに従って、ホワイトシャツの魅力が次第に分かるようになってきました。何より清潔で、しかも若々しく見えるじゃないですか。着用してみると「おおおっ」と驚くほど白が輝くことに感動いたしました。

 

 年を取れば取るほど人間はあちこちが老化してむさ苦しくなっていきます。不精髭にしても、若いうちは精悍とか無頼に見えることもありますが、オッサンともなれば薄汚れた印象のほうが強くなります。そこで、蒸し暑い夏場に、さっぱり、すっきり感を皆様にアピールするには、やはりホワイトシャツだよなと決定して2~3年たつでしょうか。

 

 もちろんフトコロ具合の関係で数枚程度ですけど、ボクの個人史にとっては革命的な変化なのであります。ただし、ホワイトシャツに馴染んでみると、問題点がないわけではないことに気づくようになりました。

 

 特に下着がね、布地が薄手の場合は目立つのであります。参考までに地下鉄の車内などで観察してみると、U字の首まわりが明瞭に浮かび上がっている人だけでなく、驚くことに絵柄のついたTシャツを平気で下着にしている若者もいるんですよね。それがモロに透けて見える。皆さん、この問題をあまり気にしていないのかなぁ。

 

 日本の家屋では、襖や障子戸1枚を閉めれば別室と認識され、何かが聞こえても聞こえないことにするのが常識であり礼儀だったようです。それと同じで、ホワイトシャツの下に着るアンダーウェアも、仮に透けても見えないことにする不文律でもあるのでしょうか。

 

 そんなはず、ないですよね。本人は意識しないだけで、見えるものは見えます。というわけで、ホワイトシャツを着ようとする時には、下着が気になるようになってきたのです。冬場のネクタイ姿ならそれほど問題はありません。狭い丸首にしておけば、襟のところに縫い目などが隠れてしまいますからね。

 

 やはり問題は夏場の開襟なのであります。最も簡単な解決法は下着をつけないことです。しかし、そうすると汗でシャツがピタリと肌に張り付いて、より悲惨なことになってしまいます。

 

 では、ボクはどうしているか。首まわりに縫い目のないシームレスの半袖で、しかも肌色を愛用しています。シャツに合わせて下着も清潔な白にしたいところですが、透けることを考慮すれば、人間の肌の色に近いほうが目立たないとされています。そりゃそうですよね。

 

 ただね、こんなに気を使ったところで、ボク自身に興味のない人は、カエルのイラスト入りTシャツを着ていても気づかないでしょう。オシャレとは、かくも虚しいものであるよなと、痛感させられる次第であります。

 

 なお、本日夜から北陸方面に出張なので、20日はお休みをいただき、21日にブログを再開いたします。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« 『明日は月の上で』(後) | トップページ | 美談 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ