笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 十片の悔いあり | トップページ | 銀座の焼き餅 »

2019年2月 8日 (金)

社会的資産

 

 子供の虐待が話題になっています。それ以上に大きな批判を浴びているのが、児童相談所や警察などの不作為です。子供からの訴えや伝聞などで明らかな兆候があるにもかかわらず、それを無視して親もとに返したおかげで、殺されてしまいましたからね。

 

 こうした子供の虐待は日本だけのことではなく、おそらく世界中で起きているはずです。しかしながら、ボクの知る限りですけど、アメリカはかなり厳しく対処しているように思います。近隣からの通知があれば、どんな言い訳があろうが直ちに警察などが子供を保護。ショッピングモールなどで子供を1人にしておいたら、すぐに遺棄あるいは放棄と判断されかねません。それが仮に誤解や手違いであったとしても、第三者などが客観的に証明しない限り、子供を取り戻すことは困難。里親や養子縁組でも、職場や知人などへのヒアリングを含めた身元調査が行われます。

 

 もちろん、そうした制度を巧妙にすり抜ける奴がいるのも世界共通ですが、アメリカと日本の大きな違いは、いや今こそ日本が学ぶべきことは、子供に対する考え方ではないでしょうか。

 

 ボクたちは「子供は親の持ち物」みたいな感覚が強いため、行政や警察権力も介入を遠慮してしまう。子供を保護することが、私権に対する干渉になりかねないからです。近隣の人たちが子供の泣き叫ぶ声を聞いても、「よその子のことだからねぇ」と放置する。それもこれも、子供は親に従属する存在だと見なしているからです。

 

 では、アメリカはどうかといえば、子供を「社会的資産」と認識しているんじゃないかな。だからこそ、他人の子供でも悲鳴などを聞いたら大騒ぎとなって近隣が通報するわけです。医療機関も、子供の怪我を診察する際には、必ず虐待の有無を確認します。

 

 そうなった理由は、アメリカの歴史とキリスト教に濃厚に関係しているはずです。要するに子供が生まれて成長しなければ、入植地の開拓を続けることができず、コミュニティの存続すら困難になってしまう。そしてキリスト教も、よく知りませんが、人間は「等しく神の子」ですから、子供も同じく親だけのものではないと規定しているのではないでしょうか。

 

 日本が子供を親の従属物としているのは、そのほうが行政にとって都合がいいからです。だってさ、子供の養育費や手間も面倒も、教育の失敗も成功も、すべてをお得意の「自己責任」に帰すことができるじゃないですか。少子化というのは、それに対する親候補たちの反逆または不服従による結果ではないかとボクは考えています。そうした観点から論じた意見や批評は、寡聞ながら知りません。

 

 どのように分析しても今さら遅いといえますが、だったら子供が少ないからこそ大切にすべきなのに、決してそうはなっていません。保育園の待機児童問題はどうなったのでしょうか。ボクは外国人でも宇宙人でもありませんが、つくづくヘンな国だよなと、たまに呆れてしまうのであります。

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

« 十片の悔いあり | トップページ | 銀座の焼き餅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

教育・子育て」カテゴリの記事