笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 報酬格差 | トップページ | 習慣(前) »

2019年3月 8日 (金)

何のために

 

 そろそろ価値観の軸を変えるべきでしょうね。

 

 セブンイレブンのフランチャイズ店が提起した「24時間営業中止」は、大手企業が相手のせいか、メディアの報道も何だか腰が引けたところがあります。契約書にきちんと「24時間営業」が明記されており、それを遵守する義務があるという意見が代表的なようですが、違法な条項や不当な契約を破棄する権利もあるはずなんですけどね。

 

 ちょっとネットを調べただけでも、細々とした法的論議がいろいろアップされていますが、そんなこたぁどうだっていいんだよ!(ここは田原総一郎をイメージしてください) つまりですね、経営や仕事の目的を、カネから解放できないのかなぁとボクは思うわけです。

 

 もちろんビジネスは慈善事業と違うので、儲からなければ関係者全員が不幸になります。ここのところに、改善すべきタネが潜んでいることがお分かりでしょうか。儲からなければ、確かに関係者全員が不幸になります。けれども、儲かったからといってみんなが幸せになれるわけではありません。儲けるためには前述の24時間経営も必要だろうし、商品のPB化を進めて利益率を上げる、あるいはバイトの給料を抑えるなんてことも考えられます。つまり「儲ける」を過度に推し進めてくと、みんなが不幸になる可能性が極めて高くなるのです。納入業者に対しても、完璧な時間厳守や過酷な値下げなどを要求すれば、どんどん不幸が連鎖していくではありませんか。

 

 これを解決するために、経営の軸を「儲ける」から「みんなが幸せになる」に変えたほうがいい。カネがなくても幸せになれる、なんてことは現実的にあり得ないけど、そのために不幸になることはないじゃないですか。これなんですな、ワタクシが言いたいのは。利益至上主義ではなく、幸福第一主義。このように目的と価値観をガラリとひっくり返せば、すべての発想が変わってきます。

 

 24時間営業は、確かに消費者に便利で、深夜の孤独を慰める明かりとして幸せだって感じさせる時がありますが、そのために誰かが不幸になってはいかんでしょ。とてもじゃないけど24時間やっていられないなら、さっさと営業時間を短縮すればいい。終夜営業できる店は遠慮せずやっていただいて「いい気分」を広めればいいのです。経営論やマーケティング論の奴隷になってはいけませんよ。

 

 とにかく、自分だけでなく、みんなが幸せに近づけるように考えていこうよ。そのように考えたら、無理して24時間を続けることの是非が分かるではありませんか。ところが、大企業の奥の院に隔離、じゃなかった鎮座されているおエライ皆さんは、数字やグラフしか見ないことがしばしばです。だからこそ、ボクは以前に提唱しましたが、年に1回くらいは職制を完全にひっくり返すべきじゃないかな。つまり、社長や取締役が店頭などの現場に出て接客や商談をする。客としては不気味な光景ですけど、それによって経営幹部は関係者が幸せかどうかをチェックできるじゃないですか。

 

 はぁーあ、こんなことは10年も前から言っているのに、誰も実行しません。さすがに温厚で粘り強いボクも絶望しているのであります。だから音楽に興味を持つようになったのかな。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

 

 

 

 

« 報酬格差 | トップページ | 習慣(前) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ビジネス・キャリアアップ」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何のために:

« 報酬格差 | トップページ | 習慣(前) »

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ