笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 文章作法 | トップページ | ヨイショ »

2019年4月 4日 (木)

国家権力

 

 カルロス・ゴーン氏が背任・横領していたかどうかなんてボクにはとうてい分かりませんが、やはり国家権力は怖いなぁと感じざるを得ません。

 

 太い眉と眼光の鋭い歌舞伎顔の外国人を3か月以上も代用監獄に収監し、ようやく保釈されたかと思ったら4度目の逮捕ですもんね。狙ったら絶対に逃さねぇぞという気迫に満ちているではありませんか。そんな勢いで厚生労働省の女性官僚を逮捕・起訴。結局は無罪という大恥をかいているので、先のことは分かりませんが、人間をギリギリまで追い詰めることだけは得意のようです。

 

 ボクの親父も逮捕されて投獄された経験があると聞きました。敗戦直後に木曽の山奥からヒノキを名古屋に搬入して大儲けしていた頃に、仲間が刑事と共謀して冤罪をでっちあげたらしい。幸いに検察官がそれを見抜いてすぐに不起訴=無罪放免になりましたが、おかげで親父は死ぬまで警察官を信用せず、検事のほうが人間として上等であると評価していました。

 

 これまではボクもそんなものかなと思ってきたのですが、前述した女性官僚の事件では証拠を捏造したばかりか、不祥事も少なくないんですよね。おかげで歴代の検事総長5人がお約束の勲章を貰い損ねています。

 

 勲章なんてどうだっていいのですが、長く温存されてきた組織や制度は絶対的に腐敗します。敗戦直後の新社会のもとでは、親父の言うように検察官も正義を貫いていたかもしれませんが、それから何十年も経てば、出世争いや醜い足の引っ張り合いが起きても不思議ではありません。

 

 そんな腐敗した連中が強大な国家権力を振り回すから、不祥事が頻発するわけでね。その網にかかったら、これほど怖いことはないわけです。そうした国家権力の一方的な発動を抑制するためには、どんなことも可視化することと、被疑者の権利を徹底的に守るしかありません。にもかかわらず、この国はそうしたことが苦手というか、まるで意欲的ではないのです。

 

 ドツボに落ちてから痛感しても遅いので、今から是正すべきなんだけど、皆さん改元のようにはホットになれないみたい。他人事と済ませて生きられるなら結構ですが、自分もいつ何時と考えるのが人間の想像力あるいは知恵ってものだと思うんだどけどなぁ。

 

 

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

« 文章作法 | トップページ | ヨイショ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ