笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 石が流れて木の葉が沈む | トップページ | オレンジジュース »

2019年4月23日 (火)

心の中の野獣

 


 あははは、もうそんな元気はありませんってば。でもね、たまに義憤というのかなぁ、ふつふつとたぎるものを感じる時はあります。大昔は上司や同僚とぶつかることが結構あったんですよね。


 もちろん人間が社会的な動物であり、秩序を大切にしていることは十分に認識しているので、日頃は温厚に暮らしてきましたが、理不尽や不合理に直面すると、ムラムラと怒りがわいてくるわけです。とりわけ不正義、そして狡猾なやり口を見ると、心が爆発しそうになります。


 どうやらこれはオヤジの遺伝かもしれません。


 まだ子供のような年齢の時に、彼は鍛冶屋の職人として奉公に出されました。身長が低く、引っ込み思案だったことから、何かにつけてイジメられていたらしい。仕事を覚えるまでじっと我慢するつもりだったのですが、やがて給料日になると、悪い先輩たちがタカリにやってきました。田舎の父母にも送金しなきゃいけない大切なお金なので、しっかりと胸の中に抱きしめてしゃがみ込んでいたのですが、連中は嘲笑しながら何度も蹴りつけてくる。


 そのうちに、どうしてこんなにも我慢しなきゃいけないんだという怒りからオヤジは突然にブチ切れて、履いていたゲタを手に取ると、そいつらを片っ端から殴りつけていったそうです。「自分が喧嘩に強いなんて思ったこともないが、それからは一目置かれるようになった」とはオヤジの述懐です。ただし、その勢いが余り過ぎて、ボクの父親になった後も会社で喧嘩しては転職を繰り返していました。


 そんなオヤジを見てきたので、ボクの中にも棲息しているはずの野獣をきちんと制圧・管理してきたと信じているのですが、たまにね、ごくたまに、そいつの悲しげな咆哮を聞くことがあるのです。


ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


人気ブログランキングへ

 


 


 


 


 


 


 


 

« 石が流れて木の葉が沈む | トップページ | オレンジジュース »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

*禁・無断転載

  • このブログ内に掲載されているすべての文章、画像の無断転載、転用を禁止します。他のウェブサイトなどへの転載を希望する場合は、必ず著者へご一報ください。
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Amazonウィジェット

無料ブログはココログ