笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« そろそろかなぁ | トップページ | K君のこと(中) »

2019年6月 5日 (水)

K君のこと(前)

 

  本日は朝から取材が入っているので詳しく書けませんが、K君のことが気になるようになりました。記憶が曖昧なのですが、最後に会ってからもう20年以上は経つんじゃないかな。

 K君と初めて出会ったのは中学の頃です。中坊のくせに、当時最新のロックやコンテンポラリーなカントリー&ウェスタン(というのかな)を聴いている奴でした。何しろ、レッドツェッペリン、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング、それにCCRですからね。あの頃の名古屋では相当に早熟だったんじゃないかな。ボクは20歳前後になって、ようやく彼らがどんな音楽をやっていたかを知ったくらいです。エリッククラプトンが高名なギタリストであることを知ったのは20代の終わり頃だもんね。

 親が国家公務員で転勤が多く、そのたびに学校に馴染むのに苦労してきたというところが、いま思えば共通していたような気がします。お互いに根無し草ってことです。「また、どこかに行かなきゃいけないかも」というのが彼の口癖で、実際に中学の頃に本当に引っ越すことになったのです。とはいっても同じ市内だったので、途切れぎみでも交流は続きました。ボクよりずっとハンサムな奴で、しかもサッカー部ですから、女の子たちがよく噂をしていたなぁ。

 けれども本人は、理由はさっぱり分かりませんが、どこか投げやりな性格で、女の子にも興味はなかったようです。こだわるということがまるでなく、始めたことをいつ放り出すか分からないという不安を感じさせる奴でした。この性格は後々まで続いたようなので、「三つ子の魂百まで」というのは科学的な事実かもしれません。

 社会に出てからもしばらくは付き合ってきたのですが、次第に疎遠になって10年くらいした頃に、JR恵比寿駅のホームで彼を見つけたのです。そりゃもうびっくりしました。こんな偶然があるんですよね。運命的な邂逅なら女性のほうが良かったのに、よりによってこいつかよ。

 それでも久しぶりで嬉しくはあったのですが、そもそも駅にいるくらいですから、お互いにヒマではなく、慌ただしい挨拶だけで終わってしまいました。確か白金に住んでいると聞いたような気がしますが、今はどうなんだろう。コンサートなどの照明の仕事をしていると聞いたんだけどな。

 そんな交流の思い出がタイムラインを無視して甦ってきました。彼の結婚式にも出席したので、決して疎遠でもなかったのですが、どうにも親友としての深さはなかったような気がします。これもまた、前述したようにお互いが根無し草、アウトサイダーという意識を持っていたからかもしれません。おっと、もう出かけなきゃいけないので、続きは明日ということで。

ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓

笠木恵司のブログ

« そろそろかなぁ | トップページ | K君のこと(中) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事