笠木恵司の主な著書

  • キャリア・チャレンジ2009-2010
  • 資格試験合格後の本
  • 学費免除・奨学金で行く大学・大学院進学・休学・留学ガイド
  • 価値ある資格厳選200
  • インターネットでMBA・修士号を取る
  • 腕時計雑学ノート
  • 「国際標準」ビジネス資格完全ガイドブック
  • 日本で学べるアメリカ大学遠隔学習プログラム
  • テレビ局完全就職マニュアル
  • 資格の達人
  • MBA入学ガイドブック
  • 学んで! 遊んで! 役に立つ! インターネットキャンパス
  • 日本で学べるアメリカ大学通信教育ガイド

お気に召したら、ポチっと↓

  • 笠木恵司のブログ

福助くん その6

  • D_p1000397_s
    福助くん、9歳の秋です。 ちょっと長めの散歩をして、世田谷公園へ。 紅葉と福助をご覧くださいまし。

福助くん その5

  • 赤いサルビア♪
    2010年秋の福助くん。とある週末に埼玉県所沢市にある航空公園に行ってきました!

福助くん その4

  • 1 毎年恒例の・・・
    今さらですが、今年の花見の福助くん。ご近所の目黒川に行ってきました。

福助くん その3

  • 1 田舎に行ってきました!
    飼い主の田舎に行ってきた福助。うららかな春を迎えた大自然のなかで、いつもと違った表情に。

福助くん その2

  • 定位置
    平日は会社にいる福助。こんな感じの毎日です。

福助くん その1

  • 5djustice3f5d5575e032a1
    笠木の飼い犬。甘えん坊でちゃっかり屋の8歳。雄。

« 人事部を独立させる理由 | トップページ | 杓子定規 »

2019年7月30日 (火)

原宿の靴屋で

 


 しばらく立ち寄らないうちに、原宿がかなり変貌しました。特に明治通りから表参道側に1本入った、キャットストリートと呼ばれるファッション街が洒落ております。若者に人気のブランドがこぞって集まっているんじゃないかな。


 その中の靴屋で、念願の真っ黒なスニーカーを購入しました。どういうわけかオールブラックのスニーカーは希少でありまして、あってもカカトのところが白かったり、サイドに白い線があったりする。購入したスニーカーもスタイルにいささか不満はあるのですが、とにかくすべてが黒かったので、取りあえず合格としたわけです。それにしても、価格は1万円ほど。スニーカーといっても、しょせんは運動靴ですぜ。もちろん今では4〜5万円するスニーカーも珍しくないことくらいは知っていますが、ボクの価値観とはまったく相いれません。


 それはともかくとして、その靴屋の地下にメンズの売場があるのですが、エスカレータもエレベータもない。店員さんが「すいません」と謝ったので、間違いありません。運動靴は元気な若者のためにあるんだから、と考える人が建物を設計したのかな。しかしながら、ボクはシニアで、さらに杖をついております。にもかかわらず、スニーカーを購入したのですから、そんな感覚で売り場や運動靴をデザインするのはもはや間違いじゃないかなぁ。


 たとえば病院ですけど、看護師さんや医師のために、すぐに着脱できる軽快でカッコいいスニーカーはできないものでしょうか。患者さんにしても、グダグダのスリッパまがいなんて、それを履くだけで心底から情けなくなります。工場なんかもそうですよ。大昔から連綿と続く菜っ葉服に、安っぽい白の運動靴を合わせていて満足なのでしょうか。小学校の体育じゃないんだからさ。


 世界的なアスリートに履かせる靴に競って血道を上げるのも結構ですが、重度の身障者が議員として国会に参加する時代ですよ。たとえば介護者や被介護者のための素敵なスニーカーを作ろうという発想はないのかなぁ。はい、そんなことはまったく考えておりませんという明白な証拠が、バリアフルな地下の売場ってことになるわけです。ちなみに、バリアフルとはバリアフリーの真逆を指すボクの造語です。


 世の中は健康で元気な若者だけではありません。リタイヤしたジーサンたちも含めて、ブランドの靴屋さんは大きなマーケットをみすみす見逃しているとボクは思うんだけど、いかがでしょうか。


 靴のセールスマンが裸足の国に行って「こりゃ駄目だ」と尻尾を巻いて帰るのと同じでね。優秀な人は「靴を売り放題のビッグマーケットじゃんか」とワクワクするはずです。そうしたブルーオーシャンは、探せばいくらでもあると思うぞ。


 


ランキングに参加しています。お気に召したら、ポチッと↓


笠木恵司のブログ

 


 


 


 

« 人事部を独立させる理由 | トップページ | 杓子定規 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事